BROWN’S HOTEL

 

 

【公演スケジュール】

 

30会場32公演

1980

     511  栃木会館 ※

     513  立川市民会館

     524  神戸文化ホール

     527  神奈川県民ホール 大ホール

     530  千葉県文化会館

     6 2  広島郵便貯金ホール

     6 3  津山文化センター

     6 4  鳥取市民会館

     6 5  島根県民会館

     6 6  倉敷市民会館

     6 7  大阪厚生年金会館 大ホール

     616  浜松市民会館

     617  中野サンプラザホール

     618  中野サンプラザホール

     619  小田原市民会館

     625  名古屋市民会館

     626  刈谷市民会館

     628  四日市市民会館

     629  大分文化会館

     7 1  鹿児島県文化センター

     7 2  宮崎市民会館

     7 3  北九州・小倉市民会館

     7 4  福岡市民会館

     7 5  熊本市民会館

     710  北海道厚生年金会館

     713  鶴岡市文化会館(追加公演)※

     714  山形県民会館

     717  静岡市民文化会館 大ホール

     718  京都会館第一ホール

     719  松山市民会館(追加公演)

     722  宮城県民会館

     723  中野サンプラザホール

  

                                          ○ 情報はツアープログラムを参考にしています 

                                                        ※ 一部のプログラムには未掲載

                

 

【演奏曲】

 

雨のステイション

天気雨

中央フリーウェイ

白日夢・DAY DREAM

セシルの週末

地中海の感傷

あの日にかえりたい (インスト)

海を見ていた午後 (弾き語り)

卒業写真  (弾き語り)

リクエスト曲  (弾き語り)

5cmの向う岸  (弾き語り)

よそゆき顔で (弾き語り)

ESPER

14番目の月

78

翳りゆく部屋

DESTINY

EC

COBALT HOUR

埠頭を渡る風

DESTINY

 

                                          ○ 情報は東京FM出版「地球音楽ライブラリー・松任谷由実編」、98FC発行の資料より 

 

 

【出演者】

 

Drums: 重田真人
Bass
: 石井治郎
Guitar
: 市川祥治、本田修二
Keyboards
: 武部聡志、新川博 
(公演によってはどちらかのみ)
Chorus: 桐ヶ谷仁(途中から?、平塚文子 (途中から?

 

                                          ○ 情報はツアープログラムを参考にしています 

 

 

【グッズ】

 

プログラム

※ 内容変更あり:ツアー日程差替(訂正シールを貼ったものもある)

トレーナー (紺、白、グレー、赤)

鍵型ブローチ

                                          ○ 情報はプログラムは実物で確認、その他はFC会報「YUMING VOL.1」に掲載

 

 

 

【主なクレジット】 

 

Cast: Masato Shigeta, Jiro Ishii, Shoji Ichikawa, Shuji Honda, Satoshi Takebe, Hiroshi Shinkawa, Jin Kirigaya, Fumiko Hiratsuoka

 

Direction: Shizuka Ijuin

Stage Arrangement: Masahiro Ando

Staging: Dai Murata

Art Direction: Shintaro Saiki

Lighting Planning: Jiro Katsushiba

PA: Keisuke Todate

Costume Design: Sachiko Ito

Stage Manager: Masahito Ohashi, Terunobu Otsuka

 

Supported by Matsushita Electric Industrial Co., Ltd

Cooperated by Kirarasha

Produced by Hands

 

                                          ○ 情報はツアープログラムを参考にしています 

 

 

【チケット料金】

 

神奈川公演: S席 ¥3,000A席 ¥2,500

 

 

 

【メモ】

 

   80年の春夏ツアー。タイトルのBROWN’S HOTELはロンドンにある老舗のホテルで、ツアー中に発売になったアルバム「時のないホテル」のジャケットはここで撮影されました。ツアーは3月より告知されており、その時点ではアルバムタイトルも「BROWN’S HOTEL」にする予定だったようです。

   セット自体はまだそこまで大掛かりではありませんでしたが、ステージの両サイドに回転扉とエレベーターを設置。ユーミンはブラウンズホテル滞在時のティータイムを非常に気に入ったこともあり、弾き語りではステージ上にそのティータイムを再現。なんと観客数名をステージにあげて紅茶やケーキが振舞われました。また「ESPER」ではステージ後方のドームが開くと中からユーミンが金色の全身タイツ姿で登場、このコンサートの為に開発された腰につけるタイプのハーネスにより宙を舞いながら歌いました。ステージの詳細が分かる写真があまり残っていないようですが、アルバム「時のないホテル」の歌詞カードの写真で少しこのコンサートの様子を見ることができます。

   現在のバンドのギター:市川祥治とキーボード・音楽監督:武部聡志がはじめて参加。武部聡志が毎回参加するようになるのは83年のREINCARNATION TOURでその間は新川博がキーボードを務めていました。2010年のネット企画Ymodeコンテンツでの武部、新川両氏の会話によると、必ずしも2人そろって全公演に出演していたわけではないようです。また、80年代のFCのイベントなどではこのコンサートのフィルム上映会を行っており、立川公演の映像が残っていたようですがそこにコーラスの出演はなかったそうです。

   当初の公演予定:5/26茨城県立県民文化センター、5/28横浜、5/29千葉、5/31桐生産業文化会館、6/17小田原、6/24静岡文化会館、7/18東京。茨城・水戸公演、桐生公演、静岡公演は行われず、他の公演は別日程で行われました。