YFC♪横須賀フォークソング倶楽部

トップページ > 夢の途中 > 久里浜ブルース

久里浜ブルース  2006.4.30

作詞・作曲・編曲/トモ・カラカネ・リョウ  歌/スリーヒフティース

<試聴.mp3>
  KEY=Bm(2カポ)

  Am   C   D     F
1 流れ流れて港町〜 ここは久里浜すずらん通り
  Am      C       E     E
  ちょいと横丁の、のれんをくぐり グラス片手にひじをつく〜
  Am    C        D      F
  渋いマスターカウンターの前で たばこくわえて待っていた
  Am    E7   Am  E7
  こんな夜中にオヤジが一人〜

          すずらん通り ←すずらん通り

  Am   C   D     F
2 流れ流れて港町〜 ここは久里浜たそがれ横丁
  Am     C       E     E
  飲んで飲まれて惚れられ惚れて 朝が来るのも忘れてる〜
  Am    C      D      F
  渋いマスターあきれた顔で たばこくわえて苦笑い
  Am    E7   Am   E7
  こんな朝までオヤジが一人〜

          たそがれ横丁→  たそがれ横丁

  Am   C   D      F
3 流れ流れて港町〜 ここは久里浜、尻こすり坂
  Am   C      E   E
  赤い提灯、夜空にゆれて 俺の胸を締め付ける
  Am    C       D     F
  渋いマスターにっこり笑顔で 時の経つのも忘れそう〜
  Am    E7   Am   E7
  こんな夜中にオヤジが一人〜

          尻こすり坂  ←尻こすり坂

  以上、久里浜三大飲み屋街?ミッドナイト。おっと、オミットナイトだ!
  いけない夜の灯りが、また一つ、俺達の胸を締め付ける。


(C)2006 トモ・カラカネ・リョウ.

 (注)題名、歌詞、メロディ−、コード進行は演奏するたびに異なる場合があります。(???)

<聴いてくれた方に音源解説>
聴けばお分かりのように、酔っ払って演ってます。
2006年8月4日久里浜の飲み屋で、飲めや歌えやの納涼ライブの中の一曲です。
この歌はこの店で飲みながらつくったご当地ソングです。
歌と演奏は50代のオヤジ3人、スリーフィフティースです。(安易な命名だ)

<関係者の感想>
歌ってたリョウさん ・・・ やっぱり飲まなきゃ歌えない。(相当酔ってた)
リズムギターのTOMOさん ・・・ ヨッパライの相手は疲れる。(大分酔ってた)
リードギターのカラカネ ・・・ こりゃあ飲んでなきゃ聴けない。(かなり酔ってた)
リズムタンバリンやってくれたKAZUさん ・・・ 聴いてる方もヤケッパチだ。(随分酔ってた)
聴いてた人たち ・・・ 曲が終わってホットした。(酔いが覚めた)

<言い訳>
いつも倶楽部でこんなド演歌ブルースやってるわけじゃないです。
もちろん皆でちゃんとした(?)フォークを楽しんでます。




このページの先頭へ


トップページ > 夢の途中 > 久里浜ブルース