トップページへ   音楽ミニ講座(目次)へ

ミニ講座(4)

1.音程についてその2

 

 前回の音程差の表現は隣の音との差や、そのまた隣の音とのさを表しているだけでしたが、実際にはその間にも音は存在し、それを表現するために下の表のように細かく分けています。

 

 

増音程

短音程

完全音程

長音程

減音程

基準音

 

 

完全1

 

2

半音

1

2

 

 

 

1

 

 

 

2

3

1音半

2

3

 

 

 

2

 

 

 

3

4

2音半

3

 

完全4

 

 

3

4

 

 

 

5

3音半

 

 

完全5

 

6

4

5

6

 

 

 

4音半

 

 

 

6

7

5

6

7

 

 

 

5音半

 

 

 

7

8

6

7

 

完全8

 

 

 

 

2.ダイアトニックコード

 

 ダイアトニックコードとはスケール上の音で構成されているコードのことです。

 

Cメジャースケール上に出来るトライアド(3音)コード