トップページへ   音楽ミニ講座(目次)へ



ミニ講座(3)

1.  調号からキーの見分け方その2

 

 今回は、キーを基準に調号の変化を表してみました。下の表を見てください。

 

 


 

 


キーの変化に伴って調号がどのように増えていくか見ると、なんどなく規則性を感じられると思います。

前回のと比べて覚えやすい方で覚えてください。

また、自分で覚え易い方法を考えてみるのもいいかもしれません。

 

2.  音程について

 

 下の譜例をみてください。

    1度     2度     3度     4度     5度     6度    7度     8度

     T      U      V      W       X      Y     Z       [

このように、音程の差を○度という形で表します。

また、1オクターブの範囲内の音程を単音程、1オクターブ以上の音程を複音程といいます。

度の下に表示されているローマ数字もよく使われるので覚えておきましょう。

 

         音程の分類について

 1,4,5,8度は「完全協和音程」といい、3,6度は「不完全協和音程」といいます。

また、2,7度は不協和音程といいます。これには、音の周波数の比率が深く関係しています。