トップページへ   音楽ミニ講座(目次)へ



ミニ講座(2)

1.   CメジャースケールからDメジャースケールに変更してみましょう

 

 ・ Cメジャースケールの音のならび

       全      全      半     全      全      全      半

 

 上の音階をD(レ)から始まるならびにすると

 

           全      半      全     全      全      半     全

 

このようになります。これを、メジャースケールの音のならび{全------半}にするには、ミとファの間を 半→全 へ、ファとソの間を 全→半 へ、シとドの間を 半→全 へ、ドとレの間を 全→半 へ変えなければなりません。これを解決するには、ファとドに♯を付けると

 

          全      全      半     全      全      全      半

 

 このようになり、Cメジャースケールと同じならびになり、レから始まるのでDメジャースケールとなります

 

2.  調号からキーの見分け方

 

 キーを簡単に見分ける方法はいろいろあるみたいですが、自分なりに覚えやすいかなと思った方法をちょっと載せてみます。

 

 

 

 まず、下の表を見てください。

 

 

 調号なしC(Am)、♯1つG(Em)、♭1つF(Dm)を基準に見ると、それぞれ調号が2つづつ増えると1音(半音ではなく)づつ上がったり下がったりしています。なので、C・G・Fの3つを覚えておけば調号の増えた数でキーがわかると思います。

 あと、Fを除いたD・E・G・A・Bは全て♯の調号で表されているのがわかります。このことから♭を使った曲より♯を使った曲のほうが多いことが分るような気がします。