トップページへ   音楽ミニ講座(目次)へ



ミニ講座(0)

1.   メジャースケールとマイナースケールの音のならび

 

 ・ Cメジャースケールの場合

       全      全      半     全      全      全      半

 

 他のスケールの場合も最初の音が違うだけで、{全音-全音-半音-全音-全音-全音-半音}のならびは変わりません。

 

又、同じ調号でマイナースケール表をすこともできます。

 

 ・ Amスケールの場合

       全      半      全     全      半      全      全

 

マイナースケールの場合は、{全音-半音-全音-全音-半音-全音-全音}のならびとなります。

 

 このように、一つの調号の中にはメジャースケールとマイナースケールが共存しています。