谷中琵琶Style

琵琶という楽器について
筑前琵琶
筑前琵琶(ちくぜんびわ)
薩摩琵琶
薩摩琵琶(さつまびわ)

日本の琵琶の起源は西アジアに求めることができ、シルクロードを経由して7、8世紀頃伝えられました。お隣、中国の琵琶(ピパ)やアラブのウード、ヨーロッパのリュートなどとは親類関係にあります。この類似する楽器はそれぞれの民族のもつ文化価値や音楽理念を反映しているため、楽器の構造や奏法に多かれ少なかれ違いがみられます。

例えば中国の琵琶は、柱(ギターでいうフレット)がたくさんついていて、左手の早い動きによる派手な音楽表現が特徴ですが、日本の琵琶は、柱の間を押さえその張力の加減で微妙な余韻の変化を目指します。このいわば地味な音楽表現が日本人独特の美的感覚にかなっているのです。

そして日本の中でも、今日まで五種類の琵琶が併存してきました。
まず最も古いものが雅楽で使われる楽琵琶で、管弦合奏の一員として演奏されるものです。そして盲僧琵琶は一種の宗教的音楽で、経文を唱える際の伴奏楽器として使われました。12世紀頃さかんになったのは平家琵琶で琵琶法師が平家物語を弾き語りする音楽です。

そして今日最もよく演奏されるのが薩摩琵琶と筑前琵琶です。
薩摩琵琶は18世紀頃、薩摩藩の武士が士気を鼓舞する目的ではじめた楽器で、勇壮で激しい奏法が特徴です。撥(ばち)は大変大きく、楽器の表面を打ちつけるなどする打楽器的な表現を可能にしています。
筑前琵琶は明治の中頃、薩摩琵琶や三味線音楽の要素をとり入れて作られました。その主な特徴は旋律が豊かで女性的な表現にあり、楽器の表面も軟らかな桐材でできています。



Menu
CD発売について ニュース&トピックス 次回の演奏会・イベント
谷中琵琶Styleについて琵琶という楽器についてこれまでの演奏会
YouTube動画お仕事依頼について各自プロフィール
ブログお問い合わせ 



Copyright since 2008 Yanaka Biwa Style. All rights reserved.