トップに戻る

県央から夏


コンサートの趣旨 〜待夢達より
「音楽を楽しむ中で、自分の大切な人を護るために何ができるか考える」場として、さだまさし氏が20年間行ってきたコンサート「夏、長崎から」が2006年8月6日、その歴史の幕を閉じました。その想いをファンの一人として、ミュージシャンとして受け止め、「音楽を通じてできること」を、ここ県央の地から少しでも形にしていきたいとこのコンサートをはじめます。地元ミュージシャンの演奏を聴きながら、あなたの大切な人のことを想いませんか…


「県央から夏2017」来場者数約120名。
熱い音楽と平和を考えるひととき
素敵なコンサートになりました!


         
         
         
         



県央から夏2017のお知らせ

出演バンドが決まりました!

三原の実力派バンド! オンリーハート
地元コーラスグループ! Dream・Dream夢
5回目、地元福富のおやじシンガー Keiji、 良二とその仲間たち
地元東広島の実力派シンガー TOMO、 Shige、 土田悦治Noriko
県央から夏のいいだしっぺ 待夢達バンド

  全9バンドで盛り上げます! お楽しみに
  そして今年はコンサートの後に夏祭りが予定されています!

日時 8月5日(土)12:30開場 13:00スタート(終演予定17:00頃)

場所 道の駅「湖畔の里福富」多目的ホール


聴きどころ 
 さだまさし由来のコンサートとして、今年は原点回帰の意味を込めて、出演者にさだまさしの曲を演奏してもらうことにしています!どんなさだまさしが聴けるか〜お楽しみに〜


県央から夏2016のお知らせ

出演バンドが決まりました!

1年振りの返り咲き! オンリーハート
こちらも1年振り、地元コーラスグループ! ドリームドリーム夢
ソロとしては初出演 Noriko
4回目、地元福富のおやじシンガー Keiji、 Ryojiとその仲間たち
地元東広島の実力派シンガー TOMO、 Shige、 土田悦治
県央から夏のいいだしっぺ 待夢達バンド

  全9バンドで盛り上げます! お楽しみに
  そして今年はコンサートの後に夏祭りが予定されています!

日時 8月6日(土)14:30開場 15:00スタート(終演予定19:00 コンサート終了後夏祭りに突入!)

場所 道の駅「湖畔の里福富」多目的ホール

2016ポスター





「県央から夏2015」来場者数約130名!
熱い音楽と平和を考えるひととき
素敵なコンサートになりました

Ryojiとその仲間たち
   
Keiji
   
Bell-DOVE
   
Sato
   
土田悦治
   
TOMO
   
shige
   
mell
   
待夢達(たいむず)
   
フィナーレ
   

 ステージの外で頑張ってくれた仲間にも感謝、ありがとう!

2015年のお知らせ

出演バンドが決まりました!

初出場、三原の歌姫ついに登場! Sato
2回目、地元東広島新ユニット Bell-DOVE
3回目、地元東広島の親子Band MELL
3回目、地元福富のおやじシンガー Keiji、 Ryojiとその仲間たち
地元東広島の実力派シンガー TOMO、 Shige、 土田悦治
県央から夏のいいだしっぺ 待夢達

  全9バンドで盛り上げます! お楽しみに

日時 8月2日(日)12:30開場 13:00スタート(終演予定16:30頃)

場所 道の駅「湖畔の里福富」多目的ホール

2015チラシ


2014年のお知らせ

出演バンドが決まりました!

初出場、地元東広島新ユニット Bell-DOVE
2回目、地元東広島の親子ユニット MELL
2回目、地元福富のおやじシンガー Keiji、 Ryojiとその仲間たち
地元東広島の実力派シンガー TOMO、 Shige、 土田悦治
地元福富、さわやかコーラスグループ DreamDream夢
県央から夏のいいだしっぺ 待夢達

  全9バンドで盛り上げます! お楽しみに

日時 8月3日(日)12:30開場 13:00スタート(終演予定16:30頃)

場所 道の駅「湖畔の里福富」多目的ホール

今年も道の駅で開催します。詳細は決まり次第順次アップしていきます!

2014チラシ


2013年のお知らせ

出演バンドが決まりました!

初登場、地元東広島の親子ユニット MELL
j初登場、地元福富のおやじシンガー Keiji with etc岡田良二と仲間たち
地元東広島の実力派シンガー TOMO、Shige、土田悦治
地元福富、さわやかコーラスグループ DreamDream夢
三原の実力バンド オンリーハート
県央から夏のいいだしっぺ 待夢達

  全9バンドで盛り上げます! お楽しみに

日時 8月4日(日)12:30開場 13:00スタート(終演予定16:30頃)

場所 道の駅「湖畔の里福富」多目的ホール


今年も道の駅で開催します。詳細は決まり次第順次アップしていきます!



2012年のお知らせ

出演バンドが決定しました!

地元東広島在住で県内を中心に活動するソロシンガー3組!
 
シゲ、TOMO土田悦治

今年も三原からスペシャルゲスト、6年連続出演
 
オンリーハート

地元も地元、福富在住3組
 
DreamDream夢、ダックスフンド、待夢達

  
全8バンドで盛り上げます! お楽しみに

日時 7月29日(日)13:00開場
             13:30スタート
(終演予定16:30頃)
場所 道の駅「湖畔の里福富」多目的ホール


今年も道の駅で開催します。詳細は決まり次第順次アップしていきます!

2012のチラシです!

「県央から夏2011」
ありがとうございました!


来場者数約延べ150名 
8組のミュージシャンが県央の地から平和への想いを発信しました! 


オープニング〜待夢達

5周年記念を迎えた県央から夏。毎年パワーアップしていますが今年は司会者2名で進行をお願いしました。
昨年に引き続きの川口さん(女性)と今年初登場の岡本さん(男性)でスムーズで爽やかな掛け合いの進行をしていただきました。
待夢達は初のトップバッターとして「うたをつなごう」「花火を見にいこう」の2曲を演奏しました。
しげ

2番手は広島ミュージックジャンボリー(HMJ)からしげさんの登場です。
しげさんは今回初出場です。東広島市高屋町在住で、HMJの実行委員として福富会場の担当でもあり、待夢達と一緒に福富会場の準備をいてもらっています。
演奏曲はすべてオリジナル曲で「たそがれ」「わかれ」「夢をもう一度」の3曲。
松山千春を思わせるような甘い歌声と会場を巻き込む絶妙なトークが楽しいステージでした。
TOMO

3番手は、こちらもHMJからの登場で、今回2回目の出場となるTOMOさんです。
TOMOさんも東広島市黒瀬町に在住で、普段は呉フォーク村のメンバーとして、またソロのシンガーソングライターとして広島県内を中心に活動されています。
「祈り」「HANA」「ありがとうの唄」の3曲を演奏していただきました。言葉の一つひとつに思いが込められていて、TOMOさんの歌声とピアノの音色に包まれたメロディーが聴く人の心に素直に入っていく。いつも素敵なステージを届けてくれる大好きなアーティストです。
土田悦治

3番手は、待夢達の兄貴分的な存在であり、よき理解者である土田悦治さんです。
土田さんは県央から夏プロジェクトのメンバーであり、5回連続出場です。
心をテーマにした唄が多く、柔らかな歌声の中に在るメッセージが心に残るステージを届けてくれます。
演奏曲目は「このまちがすきなんよ」「気にしなくていいよ」「オアシス オフ ラヴ」「心の話をしようよ」「幸せになりたくて」の5曲でした。
ダックスフンド

今回初登場のダックスフンド。福富では有名なおじさんコーラスグループです。
去年結成されたにもかかわらず、今年すでにフラワーフェスティバルにも出演されて、今勢いのあるグループです。
「おじさんが真剣に唱歌や童謡を歌う」をコンセプトに「静かな湖畔」「うみ」「夏の思い出」など7曲を演奏。歌うことの楽しさを感じさせてくれるステージでした。
朗読

今回は5周年記念企画として、「平和への想いを伝えるために」をテーマに、詩の朗読を行いました。
司会の川口さんが「折り鶴の旅〜貞子の祈りをのせて」を朗読。
詩に込められた「平和や命へのメッセージ」をしっかり伝えていただきました。
言葉で伝えることの大切さ。5周年の企画として行った朗読もこれからこのコンサートを彩るコーナーとして定着すればいいなと感じた瞬間でした。
ドリーム・ドリーム夢

プロジェクトのメンバーとして企画から参加いただいている地元の女性コーラスグループです。
いつも爽やかなハーモニーと平和へのメッセージを織り込んだステージを届けてくれます。
演奏曲目は「折り鶴」「時の旅人」「まだ君に恋してる」「ありがとう」「やさしさに包まれたなら」の5曲でした。
Richie

ハワイから登場は、世羅町の小学校で英語講師をしているRichieです。
県央から夏も国際色が出てきた感じがします。
初登場ながら、イギリスとオーストラリアの仲間と共に「はなみずき」やAKB48、カーペンターズの曲を披露してくれました。
ギターやウクレレで会場も巻き込んでいく雰囲気作りや乗りの良さ、いや〜勉強になりました。
ONLY HEART

今年5回目の連続出場、三原の大御所で大先輩のONLY HEARTの登場です。
今回はトリをお願いしました。
初のバンド形式で、「少年時代」「よろしく哀愁」「コーヒールンバ」「セーラー服と機関銃」といった懐かしの歌謡曲を中心に楽しくハイレベルな演奏をしてくれました。
やっぱり凄いバンドです。こんな先輩方に囲まれ、その背中を追っていきたいと改めて感じました。
セッション〜フィナーレ

今回のセッションは、総勢50名近くのメンバーとなり、ステージが狭く感じる程、たくさんの人に参加していただいたコンサートだと実感しました。
ドラムには3回から参加してもらっている山本さんに登場いただき、キーボードにはTOMOさん、ギター松田さんベース大友さんという贅沢なバンドで「心の旅」と「うたをうたおう」をみんなで演奏しました。
「うたをうたおう」ではメロディーを歌いはじめるとドリームさんも一緒にメロディーを歌ってくれている、その歌声に何だか込み上げてくる気持ちが涙になりそうになり、本当に感動しました。
たくさんの仲間と一緒につくっていくこのコンサート。
少しでも思いが届けられるよう、来年にむけて出発です!

2011年のお知らせ
出演バンドが決定しました!
広島ミュージックジャンボリーから地元東広島の2バンド出演
 
シゲ、TOMO
今年も三原から参加、5年連続出演
 
オンリーハート
地元、東広島のプロジェクトメンバー
 
Dream☆Dream夢、土田悦治、待夢達
今年初参加となる
 ダックスフンド(地元福富の親父コーラス)
リチャード(ハワイからのELT)

  
全8バンドで盛り上げます! お楽しみに

日時 8月6日(土)13:00開場
             13:30スタート
(終演予定16:30頃)
場所 道の駅「湖畔の里福富」多目的ホール


今年も道の駅で開催します。詳細は決まり次第順次アップしていきます!

「県央から夏2010」
ありがとうございました

来場者数約150名
音楽を通じ、平和を考える空間を県央の地で共有!




会場&オープニング etc

今年も道の駅「湖畔の里福富」多目的ホールにて、「県央から夏」を開催することができました。
県央から夏プロジェクトという実行委員会形式で2年目となり、回数としては4回目。「徐々に定着してきているかな」と思いつつ、「お客さんはどれくらい来ていただけるだろう…」と当日はいつも不安になります。
今回は、7月の大雨災害の義援金の募集を行い、4,344円の寄付をいただきました。後日「日赤広島支社」に振り込みをさせていただきました。平和を考えるコンサートとして、出来ることを行っていたいと思っています。
また、9月から県内9か所をリレー方式で開催する「広島ミュージックジャンボリー」の告知イベントとしても位置づけられ、本部実行委員会から3組のゲストにきていただきました。
司会も地元福富の川口さんにお願いをしました。とってもスムーズな進行をしていただき、一段と地元で手作りするコンサートに近づいたのではないかと自負をしています。
Dream☆Dream夢

トップバッターは県央から夏プロジェクトのメンバーでもある地元のコーラスグループ「Dream☆Dream夢」のみなさんです。
12名のメンバーで、「うみ」「浜辺の歌」「ふるさとの青い空」「歌よありがとう」の4曲を演奏されました。
夏を意識し、平和への想いを込めたステージは、爽やかなハーモニーで会場を包んでいました。
TOMO

2番手はTOMOさん
広島ミュージックジャンボリーの実行委員会としてゲスト出演のトップバッターです。
普段は勤務先がある呉市で、呉フォーク村の村民としてまた、シンガーソングライターとして自主製作のCD作成をされたり、幅広く活躍されています。
演奏曲目はすべてオリジナルで、「自分を信じて」「五月橋」「ありがとうの唄」の3曲を披露。
とっても優しい歌ばかりで、歌声に「惚れてしまうやろ」って感じでした。(私的感想です)
東広島市在住とのことで、市内でコラボしたいアーティスト発見!のステージでした。
K-aqua

3番手であり、From広島ミュージックジャンボリーの2番手のK-aquaさん。
雰囲気的にも、音楽的にも待夢達と同じ匂いのするデュオで、ジャンボリーのテーマソングも作っておられます。
普段の活動は、広島の横川で「なま音クラブ」を中心にライヴ活動をされています。
演奏曲目はすべてオリジナル曲で「伝えたい言葉」「Rainy Day」「未来[あした]」の3曲。「未来[あした]」はジャンボリーのテーマソングです。
同じスタイルのフォークデュオとして、またオリジナルを中心とした曲構成にすごく刺激をいただいたステージでした。
ザ・フォークメローズ

4番手であり、広島ミュージックジャンボリーの代表マッキ―さん(写真中央)の所属するグループです。
大竹を中心に活動されていて、60、70年代のアメリカンフォークのカバーを中心に曲構成され、幅広い活動をされているグループです。
演奏曲目は「悲しみのジェットプレーン」「500マイル」「花はどこへいった」「天使のハンマー」の4曲。
どの曲も平和への願いを直接的ではなく、戦場へ赴く兵士やその家族の心情を通して語られる言葉の深さに、心をつかまれるような想いがしました。
土田悦治

さて、5番手は我らが兄貴の登場です。
プロジェクトのメンバーとしてだけでなく、待夢達にとっては東広島の兄貴分として、いつも支えてもらっています。
今回はすべてオリジナルで「このまちがすきなんよ」「気にしなくていいよ」「君は本当はいい子だから」「夏なんです」「心の話をしよう」「幸せになりたくて」とたっぷり土田ワールドを披露して下さいました。
心をテーマにした歌が多く、プロジェクトのメンバーとしてしっかりこのコンサートに向き合ってくれていることがわかるステージでした。
ONLY HEART

県央から夏連続出演4回目!
福富にもファン層を広げつつあるONLY HEARTさんです。
御調の出会いから早5年。いつも声をかけていただき本当にお世話になっているグループです。
今回はベースの大友さんが出演できなくなり黒飛さん(写真向って右側)と松田さん(同左側)の出演となりました。
曲目は「恋人も濡れる街角」「何も言えなくて…夏」「お嫁においで」「見上げてごらん夜の星を」「かもめがとんだ日」の5曲を演奏。
ボーカルといいギターといい、本当にレベルの高いスパーグループです。
待夢達

並みいる先輩方を差し置いて、今コンサートの「言い出しっぺ」としてトリを務めさせていただいています。
今回は「友達の唄」「上を向いて歩こう」「花火を見にいこう」「笑顔のまんま」の4曲を演奏しました。
少しでも想いを伝えたい…とついつい話にも力が入ってしまいますが、今ある力を出せたステージだったと思います。
セッション&フィナーレ

セッションでは、昨年に引き続き、ドラムに山本さんを迎え、ベースはなんとONLY HEARTの黒飛さん、リードギターはONLY HEARTの松田さんといった強力なラインナップで「島人の宝」「うたをうたおう」をみんなで演奏しました。
最後までたくさんの人が残っていただき、本当に感激しました。
歌が人を結び、人が歌を広げていく。そこに平和を考える一瞬の時間を創りだせるよう、これからも頑張っていきたいと思います。
もちろん、僕たちだけでは決して続けていくことは出来ない。仲間たちと一緒に少しづつ自分たちの歩幅で歩んでいきます。また、来年。
中国新聞(8月1日)に掲載されました!


2010年のお知らせ
出演バンドが決定しました!
広島ミュージックジャンボリーから3バンド出演
 
ザ・フォークメローズ、TOMO、K-aqua
今年も三原から参加、4年連続出演
 
オンリーハート
地元、東広島のプロジェクトメンバー
 
Dream☆Dream夢、土田悦治、待夢達

  
全7バンドで盛り上げます! お楽しみに

日時 7月31日(土)13:00開場
             13:30スタート
(終演予定16:30頃)
場所 道の駅「湖畔の里福富」多目的ホール


今年も道の駅で開催します。詳細は決まり次第順次アップしていきます!



「県央から夏2009」
 ありがとうございました
 

来場者数延べ162名 音楽と心が一つになる瞬間を共有!

 会場&オープニング

今年から、会場を道の駅「湖畔の里福富」の多目的ホールにて開催出来るようになり、装いも一新。実行委員会を構成し、1月から検討を重ねて開催の日を迎えました。たくさんの方に支えられてコンサートが開催できたこと、感謝します。
実行委員長には、福富西公民館の渡辺館長さんにお願いし、開催のあいさつをしていただきました。
司会は昨年に引き続きのりちゃん。元気に大役を務めてくれました。
また、道の駅という地の利もあり、一般のお客さんがのぞいてくれたり、今までにない新たな展開があり、少しずつ成長するコンサートを感じることが出来ました。
 
 ドリーム・ドリーム★夢

今年のトップバッターはドリーム・ドリーム★夢。
昨年からの出演で、実行委員会のメンバーでもあり、一緒にこのコンサートを作っていく仲間です。
昨年は急きょ指揮者が出られなくなるというハプニングがありましたが、今年はベストメンバーで出演。
爽やかな女性コーラスを会場に響きわたらせてくれました。
岡村孝子さんの「夢をあきらめないで」のコーラスはとってもステキで、音楽への夢、平和への夢、あきらめず続けていくことを改めて思うひとときとなりました。

 村上英昭

世羅からのゲスト、村上さん。
待夢達とのつながりは尾道市御調町のみつぎ遊々館の定例ライブです。
農園を経営されていて、定例ライブでは新鮮なベビーリーフを差し入れされていて、ほんとうにおいしかったです。
河島英五を愛され、村上さんの歌われる英五は心に染みてきます。
今回はパーカッションのかたと一緒にオリジナル含め5曲。途中、弦が切れるハプニングをものともせず、演奏してくださいました。


 ONLY HEART

三原の実力派フォークバンドです。
毎年出演いただいて懐かしいフォークからポップスまで幅広い構成でしっかりと音楽を楽しませてくれるバンドです。
今回はパーカッションとの共演で、またいつもと違ったサウンドを奏でていました。(実力がると何でも出来るんですね…)
「22才の別れ」フォークのスタンダードナンバーから始まり、最後の曲は浜田省吾の「路地裏の少年」。この曲は僕たちが高校生の頃よく聞き、ひとりギターを弾いて歌っていたころの曲で懐かしすぎて泪が出そうになりました。

 土田悦治

土田さんも3回目の出演です。
このコンサートの実行委員会にも名前を連ねていただいています。
オリジナルから、洋楽のコピーまで幅広い楽曲を演奏されます。
最後の曲の「しあわせになりたくて」とっても素敵なバラードで、このコンサートの想いを映しているような曲でした。

 待夢達

今回の待夢達のステージは、「笑顔のまんま」「好きさここがマイ福富」「花火を見に行こう」「上を向いて歩こう」を演奏しました。
少しでも自分たちの想いが音楽で表現できるよう、共演者に刺激を受けながら緊張しつつ、楽しんで音楽できました。

 セッション〜ファイナル

恒例のセッションでは、故忌清志郎さんの「デイドリームビリーバー」を演奏しました。ゲストでドラムの山本さんを迎え、出演者全員で演奏し、本当に楽しいセッションになりました。
そして、最後の最後は待夢達のわがままをきいていただき、オリジナルの「うたをうたおう」を全員で、そして会場の皆さんと一緒に歌うことができました。
客席からも聞こえてくる「Let's sing a song ♪」は本当に鳥肌ものでした。もっともっと音楽をみんなと共有し、ひとつになり、心を通わせることで、平和を考えれたら… 来年も頑張ってもっといいコンサートをするぞ!



2009年のお知らせ

出演バンド決定!

出演:村上さん(from世羅)、ONLY HEART(from三原)、
  待夢達、ドリームドリーム★夢、土田悦治日時:平成21年8月1日(土)午後1時30分スタート

場所:東広島市道の駅 湖畔の里福富多目的ホール




※今年は、会場が昨年オープンした道の駅の多目的ホールになりました。
 道の駅も見どころたくさんですので、是非足を運んでください。
 暑い夏、アコースティックな音楽で平和のひと時を爽やかに過ごす。
 ひろしまの新しい夏の過ごし方です!


「県央から夏2008」 
 ありがとうございました!

来場者数62名 
5つのグループと客席が、音楽を通じて「平和」への思いを馳せる そんな空間になりました。
 
チラシ&会場

昨年に引き続き、我らが地元、東広島市福富基幹集落センターのホールで開催しました。
タイトルバックや音響、照明などグレードアップ!
今年は福富西公民館も共催でたくさんフォローしていただきました。
感謝・感謝

オープニング

総合司会はのりちゃん。昨年はカレンダーとして出演。
ゆかた姿で元気に司会をしてくれました。

西公民館の渡辺館長さんに主催者を代表して、開会のあいさつをいただきました。
トップバッター 土田 悦治さん

今回2回目の出演です。
東広島市、特に旧市内を中心に活動。
オリジナルと洋楽のカバーを取り混ぜてのステージでした。
いつもオープニングで歌われる「このまちがすきなんよ」は、まさに東広島市のテーマソング。「うぉ〜うおうおーお このまちが好きなんよ ひがしひろしま」と力強く歌われる姿はアニキそのものです。
洋楽もビートルズの「IN MY LIFE」やジョンレノンの「STAND BY ME」を歌われこのコンサートの趣旨を本当に理解してくださっていると胸が熱くなりました。
MCではネパールへの支援活動の話など話題いっぱいのステージでした。
2番バッター 田中 隆さん

今回初出演。
世羅町で写真屋を経営されながら、音楽活動をされています。
今、県内でもアマチュア音楽シーンを盛り上げている「世羅」。その原動力のおひとりです。
昨年「みつぎ遊々館」の定例ライヴで知り合い、世羅町の二十日恵比寿のお祭りに呼んでいただきました。8月20日に行われる祭りで、400年の伝統があるとか。その節はお世話になりました。
田中さんは、ボーカルなしのギター一本のインストメンタル。今回のステージでは、押尾コータローや岡崎倫典を中心に構成され、とっても聴きごたえのある、しかもギターの美しく爽やかでトリッキーな演奏を披露していただきました。
3番バッター 待夢達

Live reportでご紹介した通りなのですが、今回最後の曲「うたをうたおう」の時にDREAM★DREAM夢のみなさんとコラボが実現しました。
「将来、この歌が成長し、エンディングの時、会場全体で合唱できたらいいな…」その思いが少し形になった瞬間でした。
4番バッター DREAM★DREAM夢のみなさん

今回初出演。
地元、福富町竹仁で活動をされているコーラスグループ。
今回は指揮者が急きょ出演できなくなるというハプニングを乗り越え、爽やかなハーモニーを会場いっぱいに響かせてくれました。
特に最後の「故郷」はアカペラで、ふるさとを思う心を気持ちを込めて歌われている姿は、合唱畑出身の待夢達にとって、原点を思い起こさせてくれるものでした。
MCでは、一人ひとりが一歩前に出て、曲やグループの紹介をされ、通常のフォークコンサートにない、新鮮な風が会場に吹き込んでくれました。
5番バッター ONLY-HEART(松田さんG、黒飛さんVo、大友さんB) 

トリはこのバンドしかない。
みつぎ遊々館定例ライヴで奇数月を担当されているバンドです。
フォークから歌謡曲、なんでもござれの実力派バンドですが、毎回違ったメニューで楽しませてくれます。
日本の夏の歌の代名詞「少年時代」や僕たちが中学時代に大ヒットした「セーラー服と機関銃」といったスタンダードな曲ですごく懐かしい気持ちになりました。
最後の曲は「川の流れのように」美空ひばりさんの名曲!
待夢達もカバーしたことあるんですが、やっぱり名曲ですね。このコンサートの思いにも寄り添っているような曲を選曲していただきました。
エンディング 

出演者全員で「翼をください」を合唱しました。
音楽で何かを伝えること。
こうして、みんなで歌っていると一人ひとりのパワーをもらえる気がしました。
まだまだ歩き始めたばかりのコンサート。
きっと至らない点もたくさんあり、いろんな人に迷惑をかけているかもしれません。
でも、県央の地福富から発信することにこだわり、これからも続けていきたいと思っています。
来年はもっといいコンサートになるようにと願いつつ、終演の時間です。


2008年のお知らせ

県央から夏2008 
日程と出演バンドが決まりました!

日時:平成208月2日()  午後1時開場  午後2時開演 

場所:福富基幹集落センター(福富西公民館)

    東広島市福富町下竹仁501-11  082-435-2301

出演:土田 悦治(from西条のワールドミュージック)
      田中さん(from世羅の魅惑のインスト)
   ドリーム(地元福富のコーラスグループ)
      ONLY HEART(from三原の実力バンド)
      待夢(地元福富出身の本コンサート主催バンド)

主催:「県央から夏」プロジェクト

共催:東広島市福富西公民館



ありがとうございました
 県央から夏〜はじめの一歩〜 平成19年8月4日(土)記念すべき第1回
  出演バンド KCM.Boys カレンダー まいてぃーこそば ロマンと松ちゃん 土田悦治 ONLY HEART 待夢達
  14時から始まって、18時半まで… みなさんのご協力に感謝・感謝です。