<子どものSOSソングライター> 
			
			
悠々ホルン
			
			

 

千葉県出身。ミュージシャン。
家庭環境をキッカケに、小学生の時から精神的な孤立、不登校や自傷行為、自殺未遂に及ぶ。その中で音楽を唯一の支えに生きてきた。
次第に自らも音楽を作るようになり、実体験をもとにした楽曲をネット上に公開したところ、彼が背負っていたものと同じ様な心の傷を持った全国の10代の女の子を中心に応援・相談メッセージがメールや手紙にて届くようになり、その数は延べ4500通に達する。
 (届いた手紙の一部)
その内容は家庭や学校での悩み人間関係、いじめ、トラウマ 、虐待、不登校、ひきこもり、自傷行為、LGBT、援助交際、依存、病気、自殺願望、居場所の無い不安定な心で必死に生きている心の叫び。
これまで受けた相談の人数は5年程の間で550人(実数)を超え、その数は現在も増え続けている。
※2015年より相談は手紙からのみ受け付けている(その返事はブログに書いています)
子ども達のSOSを音楽や動画で代弁し、悩める多くの子達の支えとなり、またその親御さん達に向けて子どもの本音を伝え親子関係の修復・悲劇を未然に防ぐキッカケを届ける為に活動を行っている。
(代表曲:「おかえり」「私を嫌いなママ〜リストカットの理由〜」「生きてていいんだよ」「15歳-不登校-」など)
 
2017年9月5日更新
 

 

 

 

子どもの隠れた本音を理解してもらう為の動画コンテンツ子供科大人の教科書の制作。
市民団体サークル・ダルメシアン岡田氏・垣内氏と共に招待を受け、虐待防止について首相公邸にて安倍昭恵首相夫人と会合。   
かつしか区民大学の講師として単位認定講座や、福岡県糸田町立糸田中学校や佐賀県の通信制高校神村学園武雄校舎を訪問するなど、各方面より講演依頼が届いている。
厚生労働省主催 子どもの虐待防止推進全国フォーラムに登壇。 
法務省主催 社会を明るくする運動中央行事「立ち直りフォーラム」に、法務副大臣や谷村新司さんらが登壇される中でトリで登壇。
全国の刑務所や少年院、鑑別所等で放送される法務省教育教材音声番組やNHKへの出演等、その活動の幅を広げている。
 (子供科大人の教科書サイト内にて、相談とは別に体験談をお寄せ頂いていますこちらをご覧下さい)

 

YouTube(悠々ホルン チャンネル)
 
YouTube(子供科大人の教科書チャンネル) 
 
 
 

 

 

<過去行った講演・イベント 一部>
2014年2月9日 不登校生・保護者向け講演「次の一歩を踏み出す為に」
2014年12月13日 かつしか区民大学単位認定講座「15歳のSOS〜お子さんから手紙を預かっています〜」
2015年1月20日 いじめ・虐待防止フォーラムにて講演 子どものSOSについて
2015年3月22日 こども"ど真ん中"プロジェクト主催シンポジウム 講演
2015年6月21日 トーク&ライブ「声にならないSOS〜少女が残した検索履歴〜」ゲスト:NPO法人OVA代表Jiro ITO氏 後援:足立区教育委員会
2015年7月1日 法務省主催「立ち直りフォーラム」ゲストライブ出演
2015年8月1日  「親子のはなし」ふじたカウンセリング×悠々ホルン (大阪)
2015年11月22日 「大人がこどもにすべきこと〜こどものSOSについて理解し考える〜」(長野)
2016年2月26日 福岡県糸田町立糸田中学校にて講演 (福岡)
2016年2月28日 「居場所が無い。生きる意味を見つけたい。さぁどうする。私はこうした。」 一般社団法人LinkAge×悠々ホルン (大阪)
2016年3月13日 「子どものシグナル見えますか?」〜広木克行さん(神戸大学名誉教授)×悠々ホルンさん(子どものSOSソングライター)〜
2016年3月20日 傾聴ボランティア養成講座 心の健康づくり講演会 子どものSOSソングライター悠々ホルン『トーク&ライブ』(秋田)
2016年4月24日 子どもフェア〜子どもは子どもでいいんだ!〜 特別出演 トーク&ライブ(千葉)
2016年5月28日 悠々ホルン 講演会・ライブ(埼玉)
2016年6月16日 悠々ホルンのトーク&ライブ「声にならないSOS」(千葉)
2016年10月15日 子ども"ど真ん中"フォーラム(東京)
2016年10月26日 佐賀県神村学園武雄校舎にて講演授業(佐賀)
2016年11月19日 厚生労働省主催 「子どもの虐待推進全国フォーラム in ふくい」(福井)
2016年11月23日 こどものころの心を思い出そう(長野)
2017年2月18日 KHJ千葉なの花会主催 悠々ホルン講演会「ずっと言いたかったこと〜代弁者から聴く我が子の本音〜」(千葉)
2017年3月5日 全国若者・ひきこもり協同実践者交流会 in 東京 後夜祭ライブ
2017年4月22日 ひきこもり相談支援士 川崎支部開設二周年記念講演 「ひきこもりと家族」 (神奈川)
2017年7月22日 トーク&ライブ「何でひきこもったの? それから・・・どうして、ひきこもらなかったの?」(東京)
2017年9月2日 悠々ホルンのライブ&トーク「学校へ行けない僕と、両親と先生たち」(埼玉)
2017年9月30日 千葉県千葉市立こてはし台中学校にて講演「親子間で起こる誤解の話・子どものSOSに気付く話」(千葉)
2017年10月7日 一般社団法人ぐるーん主催 社会的養護・里親制度についてのフォーラム『聞いてみよう、子どもたちの声 考えよう、私にできること』(岡山)
etc...

 

 

<新聞への掲載>
2014年12月26日発行 東都よみうり新聞に掲載  「【悩む10代を追いつめないで】悠々ホルンさんが「15歳のSOS」を歌う「先輩として言いたい。死なないで」
2015年4月9日発行 朝日新聞に掲載  「子のSOS歌い続ける 千葉のミュージシャン、経験から曲 いじめ・虐待…代弁に共感」
2015年5月10日発行 朝日中高生新聞に掲載  「子どものSOSを歌に 悠々ホルンさん「生きてていいんだよ」 味方がいると伝えたい」
2015年6月5日発行 足立よみうり新聞にイベント出演情報掲載
2015年6月12日発行 読売新聞(東京版)にイベント出演情報掲載
2015年7月3日発行 足立よみうり新聞に掲載  「子どものSOSソングライター悠々ホルンさん 大切なものを失わないで 若者の悩みや苦しい本音を代弁」
2015年7月28日発行 読売新聞(大阪版)にイベント出演情報掲載
2015年8月5日発行 足立朝日新聞に掲載  「子どものSOSソングライター 悠々ホルンさんがトーク&ライブ」
2016年3月10日発行 西日本新聞(筑豊版) 「「自分の居場所必ずある」シンガーソングライター悠々ホルンさん 糸田中でミニコンサート」
2016年3月10日発行 朝日新聞(西部(九州・山口・沖縄)版) 「子どものSOS 歌って伝える 福岡・糸田の中学生に「居場所ありますか」」 
2016年3月16日発行 朝日新聞(筑豊版) 「子どものSOS 歌で動画で代弁 千葉のミュージシャン 実体験をもとに曲 糸田中で講演「居場所」「幸せ」語る」
2016年3月21日発行 米代新報に掲載 「子供の「SOS」に気付いて 鹿角市27年の自殺者は6人に」
2016年3月21日発行 北鹿新聞に掲載 「聞く側は一歩先見て 傾聴ボランティア鹿角市で養成講座」
2016年4月1日発行 不登校新聞に掲載 「子どものSOS、伝え続けて 悠々ホルンさんに聞く」
2016年6月16日発行 毎日新聞(千葉版)に掲載 「悠々ホルンさん いじめ、不登校、虐待・・・ 子供の「SOS」歌うライブ」
2017年4月12日発行 不登校新聞にイベント出演情報掲載
2017年4月21日発行 朝日新聞(全国版:朝刊) 「死にたい?心が疲れたんだよね 自らの体験、歌詞に込め」 「心が疲れたんだよね、君は悪くないよ」
2017年9月4日発行 熊谷経済新聞に掲載「熊谷・片倉シルク記念館で悠々ホルンさんライブ&トーク 子どものSOS伝える
2017年9月8日発行 埼玉新聞に掲載「不登校の子を守って」

 

 

<OTHER>

2015年7月1日 産経ニュース

2015年7月1日 スポニチアネックス

2015年11月12日 ラジオ日本 ROCK RUSH RADIO

2016年2月4日7日 鎌倉FM

2016年3月13日 mixiニュース 「いじめ・虐待…10代のSOS、歌で伝える 実体験から」

             LINEアカウントメディア

             auニュース

             gooニュース

             DOCOMO dmenu ニュース

             グノシー

             ニッカン芸能!

2016年7月25日(再放送:8月1日) NHK Eテレ ハートネットTV

2016年8月23日 NHKラジオ第一 先読み!夕方ニュース (夏休み明けの自殺防止について)

2016年11月9日(再放送:11月16日) NHK Eテレ ハートネットTV アンコール放送

2017年4月21日 朝日新聞公式ニュースサイト朝日新聞デジタルにて「10代のキミに送るメッセージ」「生きてていいんだよ」配信

2017年4月21日 Yahoo!ニュース 「心が疲れたんだよね、君は悪くないよ」

2017年8月 中国国営のテレビ局CGTN  アジアのニュース番組「Assignment Asia」 -Saving suicide land-

2017年8月30日(再放送:9月6日) NHK Eテレ ハートネットTV アンコール放送

2017年9月1日 AFP通信(フランス)よりお受けした取材記事「仏:Japon: quand rentree scolaire rime avec pic de suicide des enfants」「英:Japan on suicide watch as children go back to school」様々な言語に翻訳され世界中のニュースサイトにて配信

2017年9月4日 Yahoo!ニュース「熊谷・片倉シルク記念館で悠々ホルンさんライブ&トーク 子どものSOS伝える

etc...

 

法務省 第65回社会を明るくする運動 立ち直りフォーラム 

      法務省だより「あかれんが」vol.51

厚生労働省 子どもの虐待防止推進全国フォーラム in ふくい プログラム、報告書 

 

 

 

(2017年4月21日発行 朝日新聞 全国版 朝刊)

 

(2016年6月16日発行 毎日新聞 千葉版の朝刊)

 

(2016年3月21日発行 北鹿新聞)

 

(2016年3月21日発行 米代新報)

 

(2016年3日10日発行 西日本新聞(筑豊版))

 

(2016年3月16日発行 朝日新聞(筑豊版の朝刊)掲載 3月10日発行 朝日新聞(西部版 九州、山口、沖縄の夕刊)にも同記事が掲載)

 

(2015.8.5発行 足立朝日新聞)
(2015.7.3発行 足立よみうり新聞) 
(2015.5.10発行 朝日中高生新聞)
(2015.4.9発行 朝日新聞)
※記事の無断転載はご遠慮ください。こちらのホームページへのリンクはOKです

(2014.12.26発行 読売新聞姉妹紙 東都よみうり新聞)

 

<このような動画をYouTubeにて無料で配信しています>

↓↓↓

【手描きPV】悠々ホルン「おかえり」 

https://www.youtube.com/watch?v=qwD1Ykfub9U

 

 

「10代のキミに送るメッセージ」今辛い想いに必死に耐えてるキミへ from 子供科大人の教科書・悠々ホルン

https://www.youtube.com/watch?v=jK6kYDJoXLE

 

 

 

2014.10.7 内閣総理大臣夫人 安倍昭恵様との虐待に関する会談。岡田ユキさんと垣内裕志さんと共に首相公邸へ

 

2015.4.14 新聞をご覧頂いて法務省から連絡を頂き、法務省保護局長室にて、片岡保護局長様と面会させて頂きました

 

 

《その他 経歴》 
◆アルバム「I LOVE YOU」を全国リリース 
◆アルバム「Smile again」を全国リリース 
◆アルバム「おかえり〜みんな愛されたい〜」全国リリース  
◆iTunes・レコチョクにて音源配信 
◆雑誌Cureに掲載 
◆雑誌Ajitoに掲載 
◆フリーマガジンAjitoにて、Dir en greyのグッズデザイン等も手がける世界的アーティストVELVET EDENのページに、DADA氏にメイクを施して頂き掲載 
◆弾き語りやオペラを披露した震災後のチャリティーライブで歌った模様がNHKにて放送 
◆FMうらやすの音楽番組のコーナーにて悠々ホルン特集が放送 
◆かわさきFM生放送ゲスト出演 
◆全国から多くの票を獲得し、FARET TUBE2011の企画に選抜されPV撮影が決定(完成後、映画館立川シネマ・ツーにて上映) 
◆カラオケの鉄人にて1stアルバムの曲を中心にカラオケ配信 
◆カラオケの鉄人にて全曲カラオケ配信・カラオケの鉄人杯再生回数バトルエントリー(Bブロック1位で予選通過。決勝5位入賞) 
◆カラオケの鉄人にて「会いたくて」がインディーズ総合ランキング最高15位にランクイン 
◆テレビ朝日musicるtv冬うたバトル全国9位(中間11位) 
◆テレビ朝日musicるtv春うたバトル全国8位(中間7位) 
◆フジテレビドラマ「カエルの王女さま」(出演:天海祐希、石田ゆり子、大島優子、玉山鉄二、小泉孝太郎、岸辺一徳 他)第9話に出演 
◆ディスレクシアをお持ちの砂長美んさんと共に発達障がいイベントの開催(悠々ホルン自身は発達障がい当事者ではありませんので、当事者の方々と向き合うサポーターとして出演) 
◆児童虐待専門家の岡田ユキさんのサポートでカタール国営放送アルジャジーラ・イングリッシュの報道番組にて演奏 
◆法務省主唱 社会を明るくする運動中央行事「立ち直りフォーラム」のラストにライブ 
◆全国の刑務所・少年院・女子少年院・鑑別所等で流れる法務省教育教材音声番組に出演。インタビューと「おかえり」「300人の人生に触れて」を放送 
etc... 
その他情報掲載メディア等 
(フリーペーパーPOPUNITED、Tokyo Departure House、雑誌SHOXX、ラジオ日本、かつしかFM...etc) 

 

 

[戻る]