ともだしんごのプロフィール

株式会社ハイリーズ・代表取締役

ハイリーズドラマー
作曲家
作詞家
打楽器をエレキ化する職人

講演時の履歴紹介動画↓


共演アーティスト:
山口美央子・山下久美子・泉谷しげる・加藤登紀子・小比類巻かほる・鈴木雅之・REAL FISH・ヒカシュー・ポータブルロック・平沢進・田村直美
メニュー・フィルムス・ソフトバレイ・濱田理恵・鈴木さえ子・小川美潮・ピカソ・ヒートウェイヴ・東京ビビンバクラブ・Lira・杏子・藤井尚之
オラトリオ【ヤマトタケル】・石川セリ・嘉門達夫・忌野清志郎・ミッキーカーチス・鈴木慶一・ハッピーエンド・植木等・他、多数。


プロドラマー時代
18歳の時、演奏してお金をもらい始める。大学時代は、中山英二氏、宮野弘紀氏、高橋知己氏、今村祐司氏、矢口博康氏、渡辺等氏、布川俊樹氏、福原まり等を始め、多くのジャズミュージシャンとステージを共にし、10バンド近くに在籍。凡ゆるジャンルをこなすオールラウンドプレイヤーとして活躍する。
カレッジジャズフェスティバルでは、ベストドラマー賞を受賞する。
SHI-SHONENのデビューを皮切りに、本格的な商業音楽の世界に顔を出し始め、以降、20年間にわたり、上記のアーティストを氷山の一角として、数え切れない仕事をこなす。 30歳を超えた辺りから、商業音楽界のアーティスト・バックサポート人生に、年齢的なギャップを感じ始め、家族扶養を視野にカラオケの打ち手職人の道を開く。
何故か3社のレギュラーになってしまい、寝る間がない位、仕事が殺到。ビクターの管理楽曲の企画会議に提出するデモ曲を打った事がご縁で、ビクターのディレクターに就任する結果を得る。

ビクターのディレクター時代
1997年10月。ビクターエンタテインメントに入社。
最初は、アルバイトで管理楽曲のディレクションをするだけのつもりが、企画終了間近に、新曲チームのディレクターとして残って欲しいと言われ、残留。
社員昇格時に、ドラマーとしての副業を断る条件を受け、ディレクター人生にシフトする。
過去の業績とビクターのネームバリューのお陰様にて、平成11年の1月に、高尾の一戸建てを購入する。
13年間で約2万曲に携わり、音楽の中のリズムアンサンプルとしてのドラムサウンドが、生ドラムの良い音とドラマーが信じている音とは全く違う常識でサウンドコーディネイトされている事を痛感する。

2009年3月末。ビクターエンタテインメントを退社。
打楽器エレキ化の発明家としての人生
自宅を購入した当時は、未だ オラトリオ【ヤマトタケル】の仕事をやっている時期であり、電子ドラムで、自分の生ドラムセットの音を発音したいと思い、自宅一階でセットを組み、録音の為、各楽器一発ずつを叩いてみた。叩き始めてから、僅か3分〜5分の事だった。
即刻、お隣様から苦情が来た為、生ドラムを自宅では叩けない住宅事情の現実を痛感する。
その後は、ROLANDのTD-10という電子ドラムを自宅に組み、ドラム練習を楽しむ時期が続くが、電子ドラムを録音して聴いた時の自分の演奏と、自分の叩いた感覚に、絶対差異があるという違和感が否めない。
ビクターのディレクターとして、MIDI職人としてもプロで仕事していた事もあり、MIDIという構造の機能的限界を熟知していた為、生ドラムの感覚で、自宅で演奏できる小音量のドラムセットの開発が、土日の道楽へと発展して行き、エレキギターの収音構造からヒントを得て、打楽器をエレキ化する発明と開発に没頭し始める。
友人の協力もあり、特許申請のスポンサーとして、オメガプロジェクトが資金提供してくれた為、PCT出願を以て、打楽器の収音法の特許取得に乗り出す。

2000年9月7日。ドラムをエレキ化する特許をPCT出願する。
2002年5月30日。日本国特許第3434509号取得
2004年6月11日。中華民国発明第205449号取得
2006年3月21日。アメリカ特許7015391号取得
2006年4月26日。中華人民共和国特許第262657号取得


オメガプロジェクトの要請で、サンプル機作成の為、シンバルの代理店に問い合わせた所、偶然、プロドラマー時代のTAMAの担当だった島野氏と再会。島野氏が台湾のKHSの日本支社として、この発明を製品化したいと申し出て、流れが一気に台湾に権利移譲する。
台湾との共同開発で、一気に世界デビューかと思われたが、台湾人の開発者とのコミュニケーションに失敗し、開発中止の事態に陥る。
権利が友田個人に返還され、サンプル機も自宅に送られ、この発明を個人として世に出さなければならない試練を受ける。

2007年5月30日。MIRROR COOL PROJECT設立。 打楽器専用エレキマイクの自家製造を開始。
2008年7月。ブランド【 Highleads 】を設立する。
2009年1月。パールドラムとHighleadsのコラボレーションで、Highleadsマイク搭載商品が販売開始される。
2009年4月。パール楽器製造株式会社との取引契約を締結し、パール製品に対する取付&加工の許諾を得る。
2009年4月。MOTU日本総代理店と提携。ハイリーズドラムセットの販売土壌を確立する。
2009年6月。Web Shop【MIRROR COOL SHOP】開店。
2010年2月。株式会社ハイリーズを設立する。
2010年3月。MOTU新代理店になった株式会社ハイ・リゾリューションと提携。
2010年5月。小出シンバルと提携し、エレキシンバル、エレキハイハットを製品化する。
2010年6月。ネギドラムと提携し、Altoシリーズを製品化する。
2013年7月。CANOPUSと販売契約を締結する。
2014年11月。玉川大学にて、ハイリーズから始まる音楽拡命というテーマで2時間の講演をする。
2015年11月。玉川大学にて、ハイリーズで変わる音楽の可能性というテーマで再度、2時間の講演をする。

2017年1月。全ての製品をNewCubeMicに進化させ、劇的な進化を遂げる。


この発明を啓蒙する為の活動は、 Highleads体験報告《出展・出演・報告欄》をご覧下さい。