しむ。それがの原点。

とは、めるが居ればこそ。

しくやかにしたい。

皆がしめる調の為に。

ハイリーズが目指す音楽環境

ギタリストの多くが、エレキギターを弾きます。ベーシストの多くがエレキベースを弾きます。
小さい生音で演奏でき、そしてエフェクトをかけ、アンプを通して、音量を調整できます。
で、その音量は何を基準に決まるのでしょうか?
生ドラムが一緒の場合、生ドラムの音量に合わせます。
でも、ライブを観に行くと、歌が聞こえない事はありませんか?

生ドラマーは言います。

《このドラムは、この強さで叩かないと良い音がしないんだ》

その通りです。

でも、歌を聴きたい人達には、ドラムの音量が大きすぎるし、
その為に、音量を上げたギターとベースの音量も大きすぎます。

元々、歌の歌詞を聴きたくて、ライブを見に来たお客さんは、思います。

《ライブって、こんなものなのかしら?》

良い音って、どんな音なのでしょうか?

CDの音って、最終的に、アーティストが決めた《最も良い音》

じゃあ、それを再現すれば、最も良い音のライブになる!
でも再現出来ない。

こんな現実を感じた事はありませんか?

これを解決する為には、2つの方法があります。

一つは、大きな会場で、最高の機材を使って、再現します。
もう一つは、ハイリーズを導入します。

↑実際に、 HighleadsW8をライブハウスに持ち込んだ結果です。

ハイリーズが、打楽器をエレキ化する理由は、
打楽器の音量を下げる為です。

ドラマーが叩きたい良い音を実現させる為に、
ハイリーズは《4つの革命》を推進しております。

1,叩く物を、細く軽いHighleadsスティックにする事
2,ドラムの口径を小さくして、胴の深さを浅くする事
3,NewCubeMicで空気を経由せず、演奏を収音する事
4,音調整部経由でパソコンに送り、全音を管理する事




これに由り得られる効果は、以下になります。

1,生音が小さくなる為、思いっきり演奏できる
2,周りの仲間みたいに、エフェクトをかけられる
3,パソコンで簡単に自分の演奏を録音できる
4,運搬方法や、保管場所、設置場所が楽になる
5,ドラムを演奏、練習できる場所が多くなる


そして最も重要な点

生の演奏ニュアンスがそのままであるという事!

これが、不可能を可能に変えた発明の結果です。

歌もちゃんと聞こえて、全部の楽器がバランス良く聞こえる
ドラムにエフェクトがかかって、気持ち良い音になっている

そんなライブを一戸建ての応接間でやりましょう!
ハイリーズを導入すれば、簡単に実現できます。

あなたが望む音楽環境に合わせて、導入方法を
代表自らが、プロデュースさせて頂きます。



実際に、ホームコンサートを実現させました↓



地球防衛軍のテーマも実演しました。






自宅一発録音で、『Dirty Step』自作曲を動画にしました。↓



自宅で音叉録音とHighleads W8録音の2発ダビングをしました。↓




↓実際にレコーディングされた音を公開させて頂きます。





自宅で、こんな↓レコーディングセッションができます!







Kenny Mosley氏とドラムセッション





玉川大学で2度、講演させて頂きました

2014年と2015年の2年間です。
この時代から、更に品質は進化している現在ですが、
発明の原理と、発明による効果は変わりありません。