ここでは、TOCaMやエレクトーンについての紹介をしていきます。


TOCaMって?

TOCaMとはTOSCANARIUM(トスカナリウム)の略です。
実はこれオリジナルの言葉なのです。
TOSCANA+RIUM(イタリア語+英語)で構成されていて
TOSCANAはイタリア語で「トスカーナ地方」を示す固有代名詞なのですが
この地方が田舎的景観で有名であることから、
今では「トスカーナ=のどかな田舎」という意味が強く根付いています。
そして語尾のRIUMですがこれだけでは意味はありません。
しかし、PLANETARIUM(プラネタリウム)の様に語尾を付けると、
RIUMは前の単語の世界を作りあげることと言ったニュアンスを持ちます。
そこで、私たちは、TOSCANARIUM=「田舎の音楽空間」という意味として受け取り
、名付けました。私たちは施設の少ない東広島市を中心に活動しています。
この環境の中で頑張っている姿を名前にしてみたというわけです。
説明がかなり難しいのですが、これがTOCaMです。



そもそもエレクトーンって?

皆さんエレクトーンと言われてまずは「何?」ってなりますよね。
エレクトーンはYAMAHAが発売している電子オルガンのことです。
上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤、またエクスプレッション(表現)ペダルを備えており、
数百種類の音色からそれぞれの鍵盤に音色を割り当てられるようになっています。
両手両足を使うので、一人で何でも演奏することが出来ます。
演奏をプログラムできるのでとてもリアルな演奏が可能となってます。



形はこのような形をしています。
演奏が聞いてみたい人は、youtubeニコニコ動画などで検索してみてください。
たくさんあります。



TOCaMの活動内容

・場所 大学構内にあるクラブ棟トイレ側の2階奥 地図

・機材 EL-90・4台 EL-87・1台 EL-17・1台 電子ピアノ・1台

・コンサート 年に3〜5回行っています。
(6月学外展 11月文化祭 12月ジョイントコンサート等)
他大学との合同コンサート(ジョイントコンサート)に積極的に参加しています

・活動日 一応、月曜日・水曜日・金曜日となっていますが、基本自由です。

・メンバー メンバーについては別ページを見てください。初心者も多い部ですので
興味のある方は見学に来てくださっても結構ですし、
TOPページからのメールでの連絡でもOKです。
他大学の人も大歓迎なので、興味をもたれた方は是非。