●立木音楽堂 演奏会情報ページ● ▼演奏会予定のページに戻る
トップページアクセスマップカフェお問い合わせサイトマップ

  
●平津合奏組合(仮)設立記念公演
〜トリオコンサート〜
 

●2015年10月12日(月曜祝日)
 開場時間:午後3時30分
 開演時間:午後4時00分
●【滋賀公演】
 主催:平津合奏組合(仮)
 後援:株式会社しがぎん経済文化センター
 協賛:株式会社ヤマハミュージックジャパン・音楽家集団“婆娑羅…カオスモス”


●チケット(税込)
・一般前売 3000円(当日3500円)・学生1000円
※ワンドリンク付き

〈チケットプレイガイド〉
・カンフェティ(平日10時?18時)
 0120-240-540
 http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=30532&

・立木音楽堂
 077-546-4000

・JEUGIA草津A・SQUARE店
 077-561-6570

・ロマン楽器 草津本店
 077-561-3808

・しがぎん経済文化センター KEIBUN友の会
 http://www.keibun.co.jp/culture/event/

・カオスモス事務局(メールのみ)
 basara_chaosmos@nifty.com


●出演者
若林かをり(フルート)・中根庸介(オーボエ)・若林千春(ピアノ)


◇演奏者プロフィール
〇フルート:若林かをり Kaori Wakabayashi
滋賀県石山高校音楽科を経て東京藝術大学音楽学部卒業。藝大室内楽定期に出演。
ムラマツフルートセンター講師を務めた後、渡仏。
ストラスブール音楽院(フランス)specialization課程(フルート科・室内楽科)、
ルガーノ音楽院(スイス)修士課程(現代音楽演奏表現科)を修了。
(財)ロームミュージックファンデーション(2009〜2012)、平和堂財団海外留学助成(2013〜2014)各奨学生。
フルートを、竹林秀憲・佐久間由美子・金昌国・M.Caroli・S.Francois、
ピッコロをS.Poncet、室内楽を山本正治・P.M/Vigneau・A.Angster、
即興演奏をJ-M.Foltz・J-D.Hejeの各氏に師事。
朝日現代音楽賞・現代音楽コンクール"競楽X"第二位。ルーマニア国際音楽コンクールファイナリスト、
NHK-FM「名曲リサイタル」出演(2009)。台湾ラジオKBSにて演奏が放送される(2014)。
日本フルートコンペンション、現代音楽セミナー&フェスティバル"秋吉台の夏"、武生国際音楽祭に参加し演奏を行う。
ensemble cross-art、Ensemble Accroche Noteとの共演など、ヨーロッパやアメリカでも演奏活動を行う。
2015年、朝日新聞文化財団の助成により、全曲現代作品によるリサイタル『若林かをり フルーティッシモ〜フルートソロの可能性〜』を企画。
(vol.1=5/23、vol.2=10/31)また6月にはストラスブールにてリサイタルを開催予定。
http://fluteusagi-kawori.cocolog-nifty.com

〇オーボエ:中根庸介 Yosuke Nakane
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
東京藝術大学在学中2年間、ドイツ、トロッシンゲン音楽大学に留学。平成17年度文化庁芸術家在外研究員。
リューベック音楽大学卒業。別府アルゲリッチ音楽祭、リゾナーレ音楽祭など、国内の主要な音楽祭に参加したほか、
独奏者、室内楽奏者としての活動や、国内外のオーケストラに客演するなど、幅広い活動を行ってきた。
また、オーボエの基礎奏法やリード製作とその周辺技術の研究を行い、ボーザウ、リューベックのサマーコースに
アドバイザーとして招かれたほか、国内のマスタークラスにて、通訳、アドバイザーとして招かれるなど、
後進の指導にも当たってきた。
東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師(芸大フィルハーモニア・オーボエ奏者)を経て、
現在、滋賀大学教育学部准教授、滋賀県立石山高等学校音楽科、大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース非常勤講師。

〇ピアノ:若林千春 Chiharu Wakabayashi
東京藝術大学作曲科卒業、同大学院作曲課程修了。
日本音楽コンクール作曲部門(オーケストラ作品)第一位・安田賞を受賞。第1回東京文化会館舞台芸術作品募集最優秀賞。
現代音楽セミナー&フェスティバル"秋吉台の夏2006〜2013"招聘講師。現在までに10回の作品展を開催。
2013年春の「若林千春 個展 VIII」のもようは、二週にわたり、NHK-FMで特集される。
2013年秋には京都芸術センターとの共催により、尾形光琳没後300年&伊藤若沖生誕300記念プレ公演の作品を発表。
ピアニストとしては、在学中よりクラウディオ・アバド、シャルル・デュトワ、東京混声合唱団など、著名演奏家と一応共演。
"秋吉台の夏"でのブーレーズ演奏(2005)、NHK-FM「名曲リサイタル」での演奏(2009など) それなりの反響を呼んだ。
二回ほどのリサイタルをなんとか開催。2014年秋には自作自演による新たなCD「玉響(たまゆら)/the pianissimo」をリリース。
もう思い残すことは無いなぁ、などと思いつつも、ごく一部の根強いファンからの一定の評価があるのを幸いに、
年に数回ほどピアニストとして活躍。「なにもないことのすべて="うつ"」をテーマに音楽活動を展開中。
http://homepage3.nifty.com/wakabayashichiharu/


◇演奏曲
・W.F.バッハ: 2本のフルートのための6つのソナタより      
 第4番 ヘ長調 (Fl. Ob.)
・S.シャリーノ: 牧神 (A-fl. Pf)
・P.ハース: 組曲 op.17 (Ob. Pf)
***休憩***
・C.Ph.E.バッハ: 5つのソナタ a 3 より 第三番 イ短調 (Fl. Ob.Pf)
・S.シャリーノ: 歓喜の歌 (Fl solo)
・. M. ダマーズ : フルート・オーボエ・ピアノのためのトリオ


●リーフレット  
 

▼演奏会予定のページに戻る