2017.1.11

年始のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。

 一昨日は成人の日。お正月の次の祝日も過ぎてしまい、ご挨拶がすっかり遅くなりました。気分も新たに新年を迎えられたことと思いますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 本当はもっと早い段階でご挨拶をさせていただく予定でしたが、年始にあたり、思いのままに書き連ねていたところ、なかなかまとまらず、再び書き続けるもののまとまらず、更にがんばって書き続けてみるもまとまらず、それではと新たな切り口から書いてみてもまとまらず、そうこうしているうちに書いている内容が時期外れになってきて、新たに書き直していたら、もう何が何だか分からなくなり・・・もうダメだ、いやがんばる、やっぱりダメ、もう少しトライ・・・と繰り返しているうちに、あぁ情けない、こんなに時間が過ぎてしまいまして、いくら何でももうタイムアウトでしょ。と半ば自分に愛想を尽かしながら、意味のない敗北感を味わいつつ、この文章を書いています。年始早々、こんなにたわいない文章を書いてしまいまして、本当にすみません。

 それでもとりあえず元日に関して簡単なご報告をさせていただくと、久しぶりに素晴らしい初日を拝むことができて、とても清々しい気持ちで新たなスタートを切ることができました。

 

 今日はオバマ大統領の最後の演説が多くの人々の温かいまなざしと熱い支持の中で行われ、トランプ氏の大統領就任も間近に迫りました。国内外ともにこれからますます混迷の時代を迎えそうですが、そのような時代だからこそ日本はこれまで以上に融和の精神を率先して示し、武力を超えた国際貢献で多くの信頼と尊敬を集める国になってほしいと心から望んでいます。理不尽な犠牲を強いられている多くの人々にみなが心を寄せ、その根源を深く見つめ共有することができれば、それは決して他人事ではありえず、どんな困難な課題にもきっと解決策は見つかるはずです。経済の発展ももちろん大切な課題だと思いますが、それ以上に人に対する尊厳と優しいまなざしを忘れない国であってほしいと心から思います。そんな人々がひとりでも増えていき、小さな行動として日常生活に反映していけば、国のシステムはもっと違う方向を目指すでしょうし、それは未曾有の大惨事にさえ大きな力を発揮することが出来ると確信しています。

 東日本大震災の被災者の方々の深い傷はまだまだ癒えることはなく、復興もままならない中、昨年も熊本地震はじめ全国各地がさまざまな災難に次々に見舞われ、生きていくことの過酷さに数多く触れた年でした。今年はどうか大きな惨事が起きませんように。私自身もこの一年を無事に、そして大切に過ごすことができればと思っています。そして今年も音楽を通して少しでもみなさんと心の交流を続けることが出来ればうれしいなと思っています。サイト更新もままならず、年始早々に躓いてしまった私ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。どうかみなさんも体に気をつけて、充実したよい一年となりますように。


2017_hatsuhi 2017_sazanka

今年もどうぞよろしくお願いいたします。