2014.2.9

ご挨拶

 昨日、今日と、日本列島は太平洋側を中心に大雪や暴風に見舞われ、東京都心では20年振り20cmを超える積雪を記録。停電や交通網の乱れ、そして都知事選、大学受験生はじめ多くの人々に多大な影響が出たようですが、みなさんのところは大丈夫でしたか? こちらも寒さは厳しいものの(それでも水道管の凍結は今のところ一度も起こらず)、冷たいみぞれがパラパラ、大きな牡丹雪がポタポタ、と少し降るくらいで、この冬は雪の少ない年だったように思います。

 しもやけは相変わらず、両手を真っ赤にしていますが、近年意識的に食しているショウガが功を奏しているのか、血行を促す手首の運動が効いているのか、炎症の度合いが少し抑えられているような気もします(これからも続けてみます)。

 第22回冬期ソチ五輪もいよいよ開幕しました。日本選手団も次々に現地入りし、次第に五輪ムードも高まってきました。選手みんなが、今まで積み上げてきた練習の成果を遺憾なく発揮し、最高の演技、競技をしてほしいですね。そして、大きな感動をたくさんもらえたらと、とても楽しみです。

 立春も過ぎ、暦の上ではもう春ですが、まだまだ寒さは続きます。どうか風邪などひかないように、くれぐれも気をつけてくださいね。


フォトエッセー 冬の花

ume  庭先にある小梅の花が咲き始めた。可愛い花はたくさんあるけれど、梅の花の形はほんとうに可愛らしいといつも思う。梅を鑑賞する楽しみの1つに香りがあるとも聞くが、残念ながら、この梅の木はあまり香らない。花後にいつも小梅がカップ1杯ほど採れるので、昆布と醤油に漬けて、カリカリ食べるのが恒例だ。


suisen  芳しい香りをあたりに漂わせて咲く日本水仙。近年、花付きがよくなかったので、昨春の花後に一念発起、球根をほとんど掘り上げ、秋に植え替えた。その甲斐あって、今年はほとんどすべてに蕾をつけ、とてもきれいに咲いてくれた。水仙の中で日本水仙の開花が一番早く、その後、ラッパ水仙やミニ水仙(?)などが続く。初めて植えたものもあり、開花がとても楽しみだ。