2013.6.30

フォトエッセー 紫陽花の季節

ajisai_p gaku_ajisa

 庭に紫陽花の木が6本ある。切り花としていただいた紫陽花を、母が挿し芽として育て続けたもので、うまく根付いてくれたものは、程度の差こそあれ、順調に生長し、美しい花を沢山咲かせてくれるようになった。けれども悲しいかな、どれも同じ種類の紫陽花ばかりなのだ(これは挿し芽を数箇所で行い、適所を探すからだ)。西洋紫陽花(左上写真)が2本、ガク紫陽花(右上写真)が4本。

 どちらもそれぞれに可愛らしく大好きだ。けれどもこれまでに、いろいろな紫陽花の挿し芽を試みているだけに、ようやく花をつけ始めたものがすでに庭にある種類と同じものだと分かると、紫陽花にはほんとうに申し訳ないけれども、がっかりしてしまう。その土地に合う合わないがあるし、手入れも大変だし、私はもうこれ以上はいらないから、もうやめてね・・・と言いつつ、母が友人から可愛らしい紫陽花をいただいてきて、花瓶に飾っているのを眺めていると、私もまたその気になって、性懲りもなく挿し芽を試みることになる。

 梅雨に入り、先日からかなりまとまった雨が降った。それも幸いしたのだろう、今回はうまく根付いてくれたようなのだ! このまま順調に育ってくれれば、数年後には新たに2種類の紫陽花が仲間入りすることになるだろう。今から、その日を心待ちにしている。

 満開を迎えたころ、お隣に切り花をお裾分けしたところ、とても気に入ってくださり、是非、挿し芽にしたいと言われたらしい。株ごと要るかどうかお尋ねすると、とても喜ばれ、植え付ける場所をすぐに用意されたそうで(どちらもかなり大きい株)、剪定後、早々に1種類ずつの2株が貰われていった。これからも新しい場所で、美しい大輪の花をたくさん咲かせてほしい。今まで楽しませてくれて、本当にありがとう!