2013.5.18

フォトエッセー バラフェアと千鳥草

red_rose pnk_rose

white_rose red_rose2

 私がよく利用する図書館と同じ敷地内の、いつも手入れが行き届いている庭園では、毎年この時期にバラフェアが行われる。約330品種2500株のバラが園内のさまざまなところに植えられており、普段、なかなかお目にかかれないような珍しいバラも、心ゆくまで楽しむことができる。色彩、形の美しさに加え、香り高いバラもたくさんあり、本当に贅沢な空間だ。四季を通して、さまざまな花を楽しむことのできるこの庭園の素晴らしさと貴重な環境を改めて思う。

chidori_w chidori_b

 花を横から見ると、鳥が羽を広げて飛んでいる姿を彷彿とさせる千鳥草。

 昨年、苗をいただて初めてこの花のことを知り、とても気に入ったので、今回、初めて種から育てた。昨年はひょろひょろと弱々しく、ほんの50㎝ほどの背丈で、庭ではまったく存在感がなかったが、今年はどうしたことかぐんぐんと2mほどの高さにまで育ち、添え棒なしでも全く倒れないほど丈夫な茎で、すっくとそびえ立つまでに生長したことに、心底、驚いた。時折、さわやかな風が吹き、白とブルーの千鳥草がその風にのって柔らかにそよぐ時、それはまるで群れをなした鳥たちが凛として空を翔ける姿そのものだ。