2012.7.7

ご挨拶 梅雨まっただ中

 いつもながら、すっかりすっかりご無沙汰してしまいました。みなさん、お変わりありませんか。こちらは梅雨後半に入り、連日、凄まじい雨です。梅雨が明ければ、いよいよ本格的な夏の到来! 初めて実施される計画停電にかなり緊張していますが、これからの2ヶ月、上手に乗り切らなければと思っています。お互いに、夏バテに注意してがんばりましょう!


フォトエッセー 千鳥草と白百合の花

今年初めて庭先に咲いた千鳥草(ブルー)

chidori  とても繊細な花なので、花壇に咲いている状態では全然目立たず、あまり見栄えがしないのだが、切り花にして小さな花瓶に飾ってみると、途端に生き生きと蘇って見えるのは不思議だ。これは花々を真横から眺めた姿だが、スゥーと長く伸びた尾のようなガク(?多分)、空高く悠然と羽ばたいているような美しい花びら・・・何とも凛々しい鳥の姿だ(ピントがズレていて、輪郭がぼけているのがとても残念!)。そっと眺めているだけで、心が楽しく踊りだす。この小さな空間に、千鳥草がひとつの美を生み出したのだ。


今年も満開を迎えた鉄砲百合の花

2012_yuri  クラクラする程、甘く強い芳香をあたり一面に漂わせ、こんなに美しい姿を見せてくれるというのに、この凄まじく厳めしい名前は一体どういうことだろう。可哀想なことに、百合の開花の時期はいつも梅雨の最中と重なるので、毎年心配することになるのだが、 今年も美しさを満喫できたのはつかの間、滝のような激しい豪雨に打たれてしまい、もうほとんどの花が散ってしまった。・・・確かに、過酷な環境を生き抜く強さを、名前から与えられているかも知れないとは思う。身にまとう透明な水滴に光が乱反射して、花々はより一層輝いた。