2012.1.21

ご挨拶 新企画

 小正月の15日も過ぎ、未だに新年のご挨拶が文面のトップに堂々と書かれていることに、日ごと落ち着かなくなり、とにかく新たな文面に置き換えなくては、でも肝心の What’s New? は。う〜ん、どうしよう、どうしよう、このままでは、また数ヶ月の放置状態になってしまうかも、どうしようか・・・。

 ということで、突然ですが、新たなページを設け、小さな試みを始めることにしました。と言いましても、実は前回の更新時に、このページで試みたことの延長線になりますが、「過去のオリジナル曲」のご紹介です。以前立ち上げていたサイト上で聴いていただいていたことのある曲が中心になると思いますが、当時の再現そのままでは、あまりに味気なく面白くありませんので、できれば、少しだけ新鮮さを加味して、プラスαの形で時々ご紹介できればいいなぁと思っています。

 願わくは、この企画が少しでも長く続かんことを。。。


それではさっそく

【新企画】(かなり大げさです!)

「過去のオリジナル曲」のご紹介 第2弾 大航海 〜 新大陸を求めて(メドレー)

 よろしければ是非、聴いてみてくださいね!



フォトエッセー 蝋梅の花

2012_robai1 2012_robai2

 例年よりも3週間程遅れて、蝋梅(ろうばい)の木が満開になった。青空に透明な黄色がまぶしいほどに映えて、ほんとうに美しい。今までで一番美しいようだ。木の場所が適しているのか、年々びっくりするほど大きくなっていき、相当見応えのある木に生長したのもその理由の1つだが、それだけでなく、今年は自然界に異常現象が起きているのだ。例年、満開になると、それを待ち構えていたかのようにヒヨドリがピーピーとやかましく鳴きながら、何羽もバサバサとやってきて、憎らしいほど凄まじい勢いで、花びらを無惨に食いちぎっては、庭のあちこちに汚らしくフンをまき散らしていくのだが、今年は嬉しいことに(?)その姿を一度も見ないのだ。サザンカの花が咲き始めると、番のメジロがチッチッと小さくさえずりながら、木の枝から枝へ可愛らしく飛び回る姿も見られるようになるのだが、それもこの冬はまだ一度も見ない(いつも楽しみにしているので、これはとても残念!)。一体どうしたというのだろう。ちょっと心配になる・・・が、蝋梅がこんなに平穏な状態で長く美しく楽しめるのなら、やっぱりこの方がいいなぁ、と何とも勝手なことを思ったりしている。