Welcome to my homepage


Vashti Bunyan/Just Another Diamond Day/2006 DICRISTINA STEP04



このレコードは1年半に及ぶ巡礼の旅をドキュメントしたようなものだ―ヴァシュティとロバートとベス(馬)とブルー(犬)とおんぼろのグリーンのワゴン車はロンドンを発ち、ヘブリディーズ諸島(スコットランド西方の諸島)へ向かった。旅の途中、彼らは冬のため立ち止まり、一人の友人が少しの間滞在させるためにヴァシュティをロンドンに呼び戻した。彼女は私に電話をかけてきた:私が彼女のことを覚えていたかって?もちろん覚えていた。

私はその3年前に、彼女による詩の朗読と繊細で美しい歌を聞いていた。即座にうっとりするようなね。私は彼女にレコードを1枚作ろうと話を持ちかけていたんだが失敗に終わっていた。彼女は北へ向かう前に、すでに別の話でレコード制作に携わっていたんだ。彼女は全く報われなかったんだけど。ヴァシュティの歌は都会育ちのリスナーには非現実的に聞こえるかもしれないが、心と頭をオープンにして聞くべきだと思う。私はこれほど人生とスピリットを完璧に反映した音楽を奏でる人間がいるなんて知らなかったね。
ジョー・ボイド(1970)



ホームへ