Welcome to my homepage


The Stranglers/(The Gospel According To)The Meninblack/2001 EMI Records Ltd. TOCP-53279



Meninblackの仕事に取りかかろうとしていた時期、ある恐ろしく暗い影がストラングラーズとその周辺全体を包み始めた。アラン・マクストラヴィッチ(ロードクルー・メンバー)は仲間のクルーたちと共にダラスでのギグの後片付けをしている時に、「ある言葉」をかけられた。彼はコカインの売人だと思い、分けてもらおうとその売人に要求した。しかし問題の「ある言葉」とはエンジェル・ダスト(極めて強力なPCP剤/麻薬:フェンシクリジン)のことだった。彼は喜んでそれをちょうだいした後、担架の上で叫びながら死んでしまった。彼は心臓発作を引き起こしたドラッグの犠牲者となってしまった。ケヴィン・スパロウ(グループのロゴ、最初のプロモ・ポスター、Black and Whiteのカヴァーをデザインしたアーチスト)は、はからずもウィスキーのボトル1本全てを飲んだ上にモガドン(商標:ニトラゼパム;製剤)のカプセルを飲み、クリスマスの日に死んだ。ついにはツアー・マネージャーのチャーリー・パイルが24歳の若さで癌で死んだ。

事件はますます奇怪さを帯びていき、ケヴィン・スパロウが折りかばんの中に入れていた写真、グループの楽譜、グループのバイオグラフィー(彼はその仕事にとりかかっていた)、そしてThe Ravenのマスター・テープ、これら全てが消えてしまった。また、ニュージャージーにあるFMラジオ番組では、放送中にMeninblackのヴォーカル・パートが消えてしまった。それ以前にもあまりに多くの奇妙な予期しない陰謀のような事件が起こっている。ニュー・アルバムのレコーディング中、電話技術師が通常のメンテナンス・チェックのためにスタジオにやって来た。彼はレコーディング機材やスタジオのメイン電源に近づきもしなかったのに、スタジオが爆発した!

(The Gospel According To)The Meninblack、というフルタイトルで名づけられたこのアルバムは丸1年かけて制作されたが、ヨーロッパでも最高級で最高に金のかかるスタジオを使用していた。アルバム制作中のある時期、グループはプロデューサーを次々と変えながら(コカインで体力補強しながら)、時計が一回りするまで働いていた。しかしMeninblackはごく標準的なセールスしか記録せず、5万枚を少し上回るほどでUKチャートでは8位止まりだった。

グループにとってこのことは彼らの自信に対する打撃となったが、ザ・ストラングラーズがMeninblackを自分たちの最高傑作だと考えていただけに、よけいに大きなショックを与えることになってしまった。しかし彼らはこのUFOとエイリアンの訪問者に関する奇妙な物語と、なるほど未来のスタジオ・テクノロジーに関しては、全く正しい方向性を持った巨大なステップを実際に歩んでいた。

JJ(バーネル)は回想している。“The Meninblackはオレたちのやり方を正確に反映しているよ。今聴いてみてもすごくモダンな響きがある。ほとんどテクノ・アルバムのようだ。しかしほんの何年か前はどこでも優れたテクノロジーが使えるわけじゃなかったんだ。シーケンサーの代わりにオレたちはテープ・ループとマルチ・テープ・ループを使ってた。オレたちはテープを巻きつけた鉛筆を持ってスタジオの周りをぐるぐる回るんだ。機械的なドラムビート・サウンドを録るためにね。オレたちはテクノ・サウンドを得るためにドラム・マシンのようなスネア・サウンドを作っていたんだ。

コンセプト・アルバムとしてのMeninblackは、その中心にエイリアンの飛来神話を据えている。また一方で、聖書のあるポイントについても言及し、多くの奇跡は宇宙人のテクノロジーと神が宇宙人の知性を備えていることを示しているに過ぎないことを指摘する。単なる楽曲集としてのアルバムの観点からすれば、私はJJがいうようにMeninblackは当時の何年も先を行っていたことに同意しなければならない。私は当時これを買って、曲よりもそのサウンドに混乱してしまったことを覚えている。実をいえば、Thrown AwayJust Like Nothing On Earthだけがとても出来のいいストラングラーズのシングルだ。それは率直に言って他の圧倒的な宇宙人コンセプトによって見過ごされがちだ。しかしながらこのこと全てが、今手にしているのは実際はストラングラーズのアルバムだという事実を隠してしまうのである。どう考えてもこのことが本当のマイナス点だと考えられるのである。

エイリアンたちは彼らの遺産を更生させるために戻ってきた後、全人類を不快な思いにさせるかのように見える。ここに収録の何曲かは、他よりもその訪問がはるかに明確にされている。Thrown Awayはエイリアン飛来のあった時代を扱った曲だ。この曲に対するJJの見解はこうだ。“これはVon Daniken・ミーツ・Kraftwerk・ミーツ・Giorgio Moroder・ミーツ・ストラングラーズによる旧約聖書の再解釈だ。Thrown Awayの詞は地球に降り立ったばかりの宇宙人によって話されているんだ。そうすることによって新しい宗教が創られる。なぜなら彼はすごく畏れられているから、人々はすぐに彼のことを神のように思ってしまうんだ。でも彼は争いを残して他の星へ飛び立ってしまう。”

以上がMeninblack精神へつながる(The Gospel According To)The Meninblack研究である。ザ・ストラングラーズ及び他の惑星からの訪問者の助けを少し借りてこの書をあなたにお届けする。あなたの任務はこれを楽しむことだけだ・・・

Alaninblack Parker
(The Alien Gimmick)
From The Mother Ship, June 2001



ホームへ