Welcome to my homepage


Pink Fairies/Kings Of Oblivion/2002 Universal Music 589 552-2



あてにならないロック・ヒストリーの観察者たちは、アナーキックでラウドなコンセプトを主張する音楽の始まりはザ・セックス・ピストルズ、ザ・ダムドらによるパンク・ロック・ムーヴメント誕生によっておよそ1976年あたりに端を発するというに違いない。しかしながら、ロンドンのラドブルック・グローヴを出自に持つあるひとつのバンドと1960年代後半のヒッピー・カウンター・カルチャーが、逆立てた頭髪や皮ジーンズ、そしてアナーキーな記号のゴッドファーザーであったことは強く主張できるだろう。パンクスがどんな姿勢を持っていたにせよ、ピンク・フェアリーズは何年も前からすでにそれを身につけていたし、彼らのラウドな政治的、社会的声明はその音楽的な技量不足を補い、ブリテン都市近郊の音楽的なアナーキスト新世代へ影響を与えていた。ミック・ファレンのヒッピー・アナーキスト集団ザ・ディーヴィアンツから発展し、1971年ポリドール・レコーズと契約したフェアリーズは、そのレーベルに独創的な3枚のアルバムを残した。“Neverneverland”、“What a Bunch of Sweeties”そして“Kings of Oblivion”は全て、当時のアンダーグラウンド・プレスによって画期的事件として称賛を持って迎えられ、今なおこのジャンルの古典として君臨し続けている。

1971年5月、ポリドール・レコーズから“Neverneverland”(最初の100枚プレスはピンク色のヴィニール盤、独自のインナー・スリーヴ、コーティングされた見開きジャケットだった)をリリースしたピンク・フェアリーズ(メンバーはジョン“トゥインク”アルダーがドラムスとヴォーカル、ポール・ルドルフがギターとヴォーカル、ダンカン・サンダーソンがベース、そしてラッセル・ハンターがドラムス)は、仲間のホークウィンドと共に70年代初頭のUKアンダーグラウンド・シーンの人気グループとして確固たる地位を確立した。1971年夏、当に最初のグラストンベリー・フェスティヴァル、the Glastonbury Fayre出演によってグループの人気は増大していった。このイヴェントは6月20日から4日間以上に渡って開かれ、ピンク・フェアリーズは6月23日にステージを務めた。バンドはのちに傑出した2曲を含む3枚組アルバム、“Glastonbury Fayre”(1972年にRevelation REV 1/2/3としてリリースされ、これはイヴェント組織からの負債を補う目的でザ・グレイトフル・デッド、ピート・タウンゼンド、デヴィッド・ボウイ、マーク・ボラン、ゴング、ジ・エドガー・ブロートン・バンドなどから寄贈された楽曲がフィーチャーされていた)をリリースした。その後しばらくするとジョン“トゥインク”アルダーはモロッコへ旅立つためにバンドを去ることを宣言した。ルドルフ、ハンターそしてサンダーソンはバンドを存続させていくことを選択し、1972年2月〜3月にかけてセカンド・アルバムのレコーディングにとりかかった。

“What a Bunch of Sweeties”は1972年7月にPolydor 2383 132としてリリースされた。見開きジャケットでインナーバッグはコマ割り漫画で飾られ、UKアルバム・チャートの48位に達した。チャート上の成功によってバンドはコンサート・サーキットへの需要が高まったが、今度はバンド内の序列に摩擦が増大するようになっていった。ハンターとサンダーソンによる“サイケデリック”物質の消費にポール・ルドルフが不満を持ったことが摩擦を引き起こした。ついには1972年8月に不満は頂点に達し、ルドルフはバンドを脱退した。彼の後加入したのがあの由緒ある血筋のギタリスト、ミック・ウェインだった。彼は以前、デヴィッド・ボウイの最初のメジャーなバック・バンドに発展するJunior’s Eyesでプレイしていた。ウェインは1970年に元ティラノザウルス・レックスのパーカッショニストでピンク・フェアリーズの友人であったスティーヴ・ピリグリン・トゥックのバンド、Shagratに加入するためにボウイのバンドを脱退した。そのバンドは元ディーヴィアンツであり、多作のアンダーグラウンド・プレス・ライター/記者であるミック・ファレンと、ギタリストのラリー・ウォレス、ベース・プレーヤーのティム・テイラー(二人とも元The Entire Siouxsという集団に属していた)をフィーチャーしていた。Shagratのメンバーはみなピンク・フェアリーズと個人的な付き合いがあった。たしかにサンダーソンとハンターはShagratのセッションで72年8月にオリンピック・スタジオで一緒にプレイしている。このことによってポール・ルドルフの穴埋めとしてミック・ウェインにピンク・フェアリーズ加入の誘いがかかった。そしてShagratが行き詰った時にウェインは依頼を承諾したのだった。

1972年9月1日、バンドはプロデューサーにデヴィッド・ヒッチコックを迎え、彼らのセカンド・シングル両面をレコーディングするためにコマンド・スタジオに入った。その2曲とは、“Well, Well, Well”と“Hold On”だ。“Well, Well, Well”は2つのミックスが企てられたが使用されず、ポリドールのテープ保管室に送られることになった。今回のCDリリースでこのオルタナット・ミックスはシングル両面曲(1972年10月にPolydor 2058 302としてリリース)と共にボーナス・トラックとして収録された。1972年11月までにハンターとサンダーソンは、ピンク・フェアリーズにもう一人ギタリストを加入させることを決めた。彼らは元Shagratのメンバー、ラリー・ウォレスに救いを求めた。ウォリスは1971年、Lancaster Bombers一派のバンド、Blodwyn Pigのメンバーとなる前に、ウェインと共にThe Entire SiouxとShagratに在籍していた。そして1971年の終わり頃、ウォリスはUFOに加入し、シンガーのフィル・モッグに酒を理由に解雇されるまで、首尾一貫してツアーを続けていた。ピンク・フェアリーズでウォリスは自分にふさわしい場所を見つけた。その後すぐに1972年11月のSt Albans Civic Hallでコンサートを行ない、ラッセル・ハンターとダンカン・サンダーソンがミック・ウェインを解雇したことにより、ウォリスはバンドの新しいフロントマンの座につくことになった。結局4人編成としてのピンク・フェアリーズが実現したのは、たった一つのギグにおいてのみだった。

ソングライターとしての役割は、主にラリー・ウォリスが担うことになりバンドはギグを続ける中、ポリドール・レコーズでのサードでファイナルとなるアルバムのための新曲を用意していた。1973年2月、再びデヴィッド・ヒッチコックをプロデューサーにチッピング・ノートンのスタジオでセッションが始まった。アルバムは英国のあちこちでコンサートを続行しながら6週間を超える中、散発的にレコーディングされた。完成したアルバムはもしかするとピンク・フェアリーズの制作したレコードの中で最も“ロック全開”かもしれない。ウォリスは7曲中4曲を書き、残りはメンバーとの共作だ。“When’s The Fun Begin”は、長年のピンク・フェアリーズの恩師である元ディーヴィアンツのミック・ファレンとの共作だ。一方“Raceway”はラリー・ウォリス作だが、これは偶然インストゥルメンタルとなった。最後にレコーディングされたトラックのうちのひとつで、バンドがスコットランド・ツアーへ出発する前にバッキング・トラックだけ完了していたものだ。バンドがチッピング・ノートンのスタジオに戻ってくると、何とアルバムはすでにミックスされポリドールに送られていたのだ。かくしてラリー・ウォリスはヴォーカル・トラックを完了できず、かなり気分を損ねることになってしまった!そんなことがあったにもかかわらず、“Raceway”はアルバムの中で印象深い1曲となった。他の注目すべき曲は“I Wish I Was A Girl”とサンダーソン/ウォリスのペンによる“City Kids”(猛烈なオープニング・トラック)だ。未発表だった“City Kids”の別ミックスは今回このCDに収められた。

“Kings of Oblivion”は1973年6月にPolydor 2383 212としてリリースされた。アルバムはそれぞれのメンバーが忘却状態となる事象を描写した写真の載ったカラー・インサートが付いていた。ラッセル・ハンターは椅子に縛り付けられ、フランス産グリーン・リキュールのベネディクティーヌ(彼のお気に入りの酒)の点滴注射を受けている写真を選んだ。一方ダンカン・サンダーソンはバーを選んだ。ラリー・ウォリスの元々のアイデアは、カジノ・ルーレット・テーブルの上でレプリカのマグナム銃を口にくわえるというものであったが、写真撮影のために選ばれたカジノがその場所に対するイメージを考え、撮影許可を拒否したためその案は却下されてしまった!

バンドはレーベルとの契約を履行したが、ウォリス、サンダーソンそしてハンターのラインナップは首尾一貫した仕事をするには性格的に気まぐれ過ぎた。“Kings of Oblivion”はポリドールでのピンク・フェアリーズによる最後のリリースとなった。1975年5月、ラリー・ウォリスはレミー・キルミンスターが結成したモーターヘッドへ加入した。レミーはツアー中にカナダ国境からUSAにドラッグを密輸入しようとしたため逮捕され、ホークウィンドを解雇されたあと、モーターヘッドを結成した(この時同時にホークウィンドにはベーシストとして元ピンク・フェアリーズのギタリスト、ポール・ルドルフが加入した)。1975年5月と6月のロックフィールドでのレコーディング・セッションは、ピンク・フェアリーズへのウォリスの責務が残っていたためそれと並行して行なわれ、彼はフェアリーズのコンサートのあとスタジオに直行するという状況であった。この時のレコーディングはリリースされず、1979年になって初めてユナイテッド・アーチスツが“On Parole”としてリリースした。

名高いピンク・フェアリーズのコンサートは1975年9月、ロンドンのチョーク・ファームにあるラウンドハウスでライヴ・レコーディングされ、1982年6月にビッグ・ビート・レコーズによってリリースされた。ウォリスはピンク・フェアリーズに専念するためにモーターヘッドを抜ける1976年まで、両方のバンドを掛け持ちしていた。この時までにマーチン・ストーンがバンドのセカンド・ギタリストとして加入しており、このラインナップでシングル“Between the Lines”b/w“Spoiling For A Fight”を新興のインデペンデント・レーベル、スティッフ・レコーズのためにレコーディングしていた。スティッフは1976年9月にSTIFF BUY 2としてこれをリリースした。

このシングルは70年代のピンク・フェアリーズ最後のリリースとなった。あとになって考えてみれば、70年代最後のリリースが、その後フェアリーズに大きな影響を受けた多くのニュー・ウェイヴ/パンク・バンドと契約することになったこのスティッフ・レーベルからだったことは象徴的であった。

ラリー・ウォリスはスティッフの専属プロデューサーとなり、ゆっくり時間をかけ、1977年11月にソロ・シングル(“Police Car”b/w“On Parole”)をリリースした。彼はまたミック・ファレンのEPとアルバムをプロデュースした(EP“Screwed Up”は77年11月、“Vampires Stole My Lunch Money”は1978年8月にリリースされた)。ザ・ディーヴィアンツ再結成は1984年のギグにおいて端を発し、そのラインナップはミック・ファレン、ラリー・ウォリス、ウェイン・クレイマー(元MC5)、ダンカン・サンダーソンそしてジョージ・バトラーで、ディングウォール(スコットランド北部)のクラブでライヴ・レコーディングされ、“Human Garbage”としてサイコ・レコーズから発表された。このことは次には1985年のピンク・フェアリーズ再結成へとつながっていった。ラインナップはトゥインク、ラッセル・ハンター、ダンカン・サンダーソン、ラリー・ウォリスそしてアンディ・カルコーンで、彼らは1987年ディーモン・レコーズからアルバム“Kill’em and Eat’em”を発表した。

ポリドールからファースト・アルバムをリリースして30年以上経ったが、ピンク・フェアリーズの音楽はかつてと同様に今なお新鮮だ。ポリドールに残した3枚のアルバムは、あるいは彼らの活躍した時代の最も重要な作品の一部かもしれない。彼らの強烈でアナーキックな音楽的暴力の痕跡なしに、1976年と77年の濃厚な日々に道筋を立て、全ての屍となった木々をなぎ倒し一掃したパンク・ロックを想像することは難しいだろう。今日の音楽的停滞と無難さは誰が想像したであろうか?ピンク・フェアリーズは、あるいはあの時もう一度ロックンロールを救ったのかもしれない。そして我々はもう一度声を上げる時が来ているのかもしれない。“もう一度ピンクスを!”と。

マーク・パウエル



ホームへ