Welcome to my homepage


Morris On/2002 A Wing & A Prayer Ltd./Fledg'ling FLED 3037



ザ・バンドとボブ・ディランが時代の方向を示したんだと思う。60年代後半、アメリカではLSD的な詞のサイケデリック・ロックから焦点を変えて、全く正反対の構造を持つ様々な音楽スタイルによって最新の音楽的手法に反抗したんだ。ぎっしりと詰まった伝統的スタイルのカントリーソングは、過去に起こった時代的事象と深く結びついていた。英国ではもちろんフェアポート・コンヴェンションが、英国における同等のアルバム、リージ&リーフを創り出した時にそれに近い存在だった。またしてもバンドの大胆な転換によって多くの人々を無力にしてしまったんだ。年代記編者(評論家?)とオーディエンスは一様に、そういった威信のある音楽への大規模な変貌はひょっとしたら二度と経験しないだろうと思っていたし、少なくとも長くは続かないだろうと思っていたね。まあ、とりあえず例の2年間を振り返ってみることにしよう。

もし70年代初めに、活力を失ったイングランドを象徴する最も復古的で時代遅れなものとして思いつくものは何か?と聞かれたら、モリス・ダンシングを引っぱり出す人もいるだろう。これは究極的にダサい娯楽であったことは間違いないだろうね。絶対に誰も(表向きには)そんなイメージに結びついた音楽には思いを寄せなかっただろう。

僕はHeadington Quarryのコンサルティーナ奏者、ウィリアム・キンバーの傷だらけのレコを聴いた瞬間に、モリスの中に迷い込んでしまったんだ。曲はまさにそう・・・イングリッシュだった。どの曲も僕にとってはすぐにでも国歌として通用するもののように思えたね。僕らはみな自分たちの出自と守るべきもの、作り上げるべきものは何かっていうヴィジョンを持っているんだ。僕のヴィジョンはフェアポートと共に始まって、キンバーのモリス・チューンで頂点に達したんだ。

ジョン・カークパトリックとコンタクトを取るのはたやすかったな。彼はその世代ではベスト・モリス・ミュージシャンとして知られていた。つまり僕と同世代さ。僕らはトッテナムのセヴン・シスターズ・ロードから少し離れた彼の家で会ったんだ(いい兆しだったね)。僕は彼に“エレクトリック・モリス”を作ろうと提案した。彼は僕のことを頭がおかしいと思ったみたいだったね。彼は幼い頃からそういった曲を演奏していて、僕が思い描くとおり、彼もダンスと切り離されたモリス・ミュージックなんて誰が聴きたがるだろうって思ってたんだ。僕はすごく口がうまかったに違いないね。彼はアルバムを作ることに同意してくれた。ロック側からリチャード・トンプソン、デイヴ・マタックスが、その反対側からフィドラーのバリー・ドランスフィールドが参加してくれた。僕の熱意はその時あっという間に広まって(しめしめ)、レコーディング・スタジオに入った僕ら5人はこのプロジェクトにやる気まんまんだった。そう、とても楽しいひと時だった。僕らはスタジオでみな同等にモリス・チューンをプレイした。サウンドのインパクトをフルに生かすために、木でできたフロアに立って演奏するっていう作戦をとったんだ。

録音テープは回しっぱなしにして冗談もたくさん入ってる。最終的なアルバム用のテープにはミスで始まるものや、大体はコントロールされてはいるが少し混乱したものも含まれている。ゲストも立ち寄ったが、うまくいきそうもないテイクも何とかでっち上げて、自分たちの手柄にせずにいられない名うての5人だったな。まあ協力してうまくやったよ。あ、あとジョン・ウッドだ。彼は天才的なエンジニアってだけじゃなく、このプロジェクトに取りかかって僕らをスタジオに送り込んだ最初の段階から全幅の信頼を置かれていたね。

数年後、モリス・ダンスとモリス・ダンス・ミュージックは大きなリヴァイヴァルを享受した。高校と大学で初めてモリスに焦点が当てられて多くの若者たちが熱狂的に取り組み始めたんだ。死にかかっていたモリスは若者たちの娯楽として活気を取り戻したといえるだろう。

Morris Onが世に出て以来20年、イングランドのトラディショナル・ダンスの位置づけはめざましく変化した。Morrisはヘルシーで男も女も踊るし、遠い従兄弟である黒人に扮するBorder and Mollyのスタイルも復活しただけでなくとても栄えている。たくさんのダンスとそれに伴う曲が最近になって作られ、遺物となっていた伝統にエネルギーを与えたんだ。

そうだ、もちろん今でも時々僕らはモリスをバカにしたりする。こういった行いは僕一人じゃないと思うね。トラディショナルなものがブームになっていると、こういうことはだんだんつまらなくなって、ジョークをいうにも面白みに欠けるようになるんだ。 最後に。家の中であちこちを這いずり回る多くの赤ん坊は、どんなアルバムよりもMorris Onに反応して飛び跳ねたり、ソファの上でジグを踊ったりすることを知ってる?(実はでっち上げ話なんだけどそれほど真実から遠く離れてないと思うな)

アシュリー・ハッチングス


ホームへ