Welcome to my homepage


The Moody Blues/On The Threshold Of A Dream/2008 Decca Music Group Ltd UICY-20048



1969年になると、ムーディー・ブルースは過去1年半に達成したことに誇りを感じる理由を十分にもっていた。彼らはブリティッシュR&Bグループ(その2年前にナンバー1シングルを放っていた)から、名誉ある真に独創的な2枚のアルバムを創り上げた自信あふれるロック・バンドに変容していた。彼らが上向きになったのは、1967年3月だった。その時、レイ・トーマス(フルート、ハーモニカ、パーカッション、ヴォーカル)、マイク・ピンダー(キーボード、ヴォーカル)、そしてグレアム・エッジ(ドラムス)は、新メンバーのジャスティン・ヘイワード(ギター、ヴォーカル)、ジョン・ロッジ(ベース、ヴォーカル)とともに、初めて次のニュー・シングルを録音するためにウェスト・ハムステッドにあるデッカのスタジオに入っていた。プロデューサーはトニー・クラーク、エンジニアはデレク・ヴァーナルズだった。1966年暮れのベルギーとフランスでの活動によって、ムーディー・ブルースの新しいラインナップはメロトロン・キーボード(テープ・ループを介してオーケストラ・サウンドをシミュレートする扱いにくい楽器)を使用したソングライティングの腕をみがくことになり、ドラマチックな路線変更に乗り出していた。

バンドはデッカ・レコードとの契約上の責務を負い、続く5ヶ月間に2枚のシングル・リリースを行なった―“Fly Me High” b/w “Really Haven't Got the Time”(1967年5月初めのリリース)と“Love and Beauty” b/w “Leave This Man Alone”(1967年9月にDecca F 12670としてリリース)だった。“Love and Beauty”はムーディー・ブルースのレコード上での初のメロトロン登場曲であり、彼らが初めて自作で固めたアルバムをレコーディングするきっかけを作っていた。またデッカは、より大きなチャンネル分離による、新しく開発されたステレオ・レコーディング方法をプロモートすることに躍起になっていた。会社は傘下のデラム・レーベルを通じて、ロックのオーディエンスにそのステレオ・レコーディングを浸透させる機会をうかがい、その新開発をダサくも‘デラミック・サウンド・システム’と名づけた。1967年9月、デッカA&Rのボス、ヒュー・メンドルはその新しいレコーディング・システムをプロモートする1つの手段として、オーケストラとともにドボルザークの第9交響曲のロック版をレコーディングするという話をムーディー・ブルースにもちかけた。バンドはデッカの重役たちによる一切の干渉なしに、プロデューサーのトニー・クラークとエンジニアのデレク・ヴァーナルズとともに自由にレコーディングするという条件でそれに合意した。

レコーディング・セッションが始まると同時に、ムーディー・ブルースはさっそくトニー・クラークとオーケストラ・アレンジャーのピーター・ナイトにドボルザーク案を放棄し、その代わりにバンドがていねいに創り上げた連作歌曲をレコーディングしようと説得にかかった。ちょうど3ヶ月間で、アルバムはレコーディングとトラック・ダウンを終えた―セッションはバンドとオーケストラが2つのスタジオで同時進行レコーディングを行ない、すさまじいペースで指揮された。アルバム『Days of Future Passed』は、デッカの重役たちの中ではっきり賛否両論に分かれたが、A&Rのボスのヒュー・メンドルとUSAロンドン・レコードの社長ウォルト・マクガイヤの擁護のおかげで、1967年11月11日に型番Decca SML 707として英国でリリースされた。それはシングル“Nights in White Satin” b/w “Cities”(Deram DM 161)より1日早いリリースだった。

アルバムにおけるシンフォニック・ロック・ミュージック、オーケストラ・アレンジメント、そして朗読の喚起作用あふれるミクスチャーは、すぐに英国のレコード購買層の共感を呼び、新しく開局したBBCラジオ・ワンで広範囲にエアプレイされた。アルバムもシングルも1967年12月27日にUKチャートに入り、アルバムは27位に達した。ジャスティン・ヘイワード作の美しく喚起作用ある“Nights in White Satin”は最高19位だったが、このクラシック・ソングは以後12年間に2度、UKトップ20に返り咲くことになり、1972年にはUSAで3位になった。『Days of Future Passed』の世界的成功と評論家による称賛が多く寄せられたことで、デッカはムーディー・ブルースと彼らのテクニカル・チームに、レコーディング・スタジオでの自由度をさらに上げることを許可した。ジョン・ロッジはのちに回想している―「僕たちは前のアルバムでオーケストラを使っていたけど、次の作品では自分たちだけでやるべきだと感じていた。僕たちはレコーディング・セッションに自立的なアプローチをもちこんだ。もし僕たちがあるトラックに特定の楽器を使いたいと思えば、メンバーの誰かがその楽器を習得していた。僕たちは自分たちの能力にたっぷりの自信をもっていた」

アルバム『In Search of the Lost Chord』となるセッションは、1968年1月に始まった。この時に録音されたマテリアルの全体の雰囲気は、前の作品よりも東洋の影響がうかがわれ、明らかに‘サイケデリック’になっていた。ライヴ・アクトとしてのムーディー・ブルースの需要が高まるにつれ、レコーディング・セッションはコンサート日周辺に割り当てられるようになった。結局ツアー・スケジュールの中に明らかな切れ目が生じることになり、多くの強力な新曲を用意していたムーディー・ブルースは、次のアルバムを早く完成させたがっていた。通常はロック・ミュージックのレコーディングに使用されていたデッカのナンバー・ツー・スタジオでは時間的に限られてしまうため、バンドはデッカの社長サー・エドワード・ルイスに、よく空きになるナンバー・ワン・スタジオを使う許可を与えてほしいと要求した。それが認められたムーディー・ブルースは、次の傑作を完成させるために1968年5月中旬から6週間を費やした。新しく手に入れた8トラック・テープ・マシン‘Studer’を用い、美と複雑性に富んだアルバムができあがった。シングル“Voices in the Sky” b/w “Dr. Livingstone I Presume”(Decca DM 196)が6月終わりにリリースされ、その1ヶ月後にアルバム『In Search of the Lost Chord』(Deram SML 711)がリリースされた。シングル、アルバムともUKチャートに入り、“Voices in the Sky”は27位に達し、それが入ったアルバムは5位まで上がり、トータルで32週間チャート圏内にとどまった。

1968年10月、パリでのコンサート、BBC2のテレビ番組‘カラー・ミー・ポップ’への出演、そして最新LPのアメリカ・リリースに続き、バンドはマイク・ピンダー作の“A Simple Game”を録るために、再び慣れ親しんだデッカ・ナンバー・ワン・スタジオに戻った。そのトラックはすぐに“Ride My See Saw”のB面としてリリースされた(10月25日 Deram DM 213)。

この時までに、ムーディー・ブルースはクリームのフェアウェル・ツアーのサポート・アクト含む、広範囲なUSツアーに乗り出していた。『In Search of the Lost Chord』はすぐにビルボード・チャートをかけ上がり、23位に達し、チャート内に29週間とどまった。バンドが英国に戻った時までに彼らには疲労がたまっていたものの、彼らはアメリカでの熱烈な支持を打ち立てることに成功し、それはアルバム・リリースとツアーが行なわれるたびに、どんどんと大きくなっていった。今やムーディー・ブルースは世界的に革新的かつ重要なロック・バンドとしての地位を確立していた。

それらの背後で絶えず増えるレコード・セールスに伴い、ムーディー・ブルースは自らのスケジュールをコントロールすることができるという、恵まれた地位を手に入れた。1969年1月のひと月は、次の待ち望まれていた作品をレコーディングするために空けられていた。信頼のおけるプロデューサーのトニー・クラークとエンジニアのデレク・ヴァーナルズが再度いつもの場所に収まり、本格的に仕事が始まった。バンドのそれぞれのメンバーは、ムーディー・ブルースが今にも大躍進しそうなことを感じとり、その気持ちはレコーディングされた音楽によく反映されていた。前作品ほど明らかに実験的とはいえないものの、その作品はむしろより焦点が定まっていた。セッションはエネルギーを集中して行なわれ、前の2枚のアルバムと違い、コンサートで中断されることがほとんどなかった。

そのアルバムはあるいはそれまでバンドがレコーディングした中で、もっとも野心的で複雑なポエムで幕を明けていた。グレアム・エッジの手による“In the Beginning”は、ジャスティン、グレアム、マイク、そしてレイらによる朗読がフィーチャーされ、電子的なサウンド・エフェクトがていねいに組み合わされていた。これはジャスティン・ヘイワード作の楽観的な“Lovely to See You”につながっていた。すばらしいヴォーカル・ハーモニーをフィーチャーしたこの歌は、続く1年半にライヴで好んでプレイされ、それは今日まで至っている。すばらしくシュールな社会批評であるレイ・トーマスの“Dear Diary”は、その名台詞―「きょう誰かが水爆を爆発させた。でもそれは僕の知っている誰でもなかったのだ」―がとりわけ忘れられない作品として、彼の中で最高の1曲だ。アルバムへのジョン・ロッジの提供曲は、これまでとこれ以降の彼の多くの作品に比べ、より軽快なムードをもっている。アップテンポの“Send Me No Wine”と“To Share Our Love”は、マイク・ピンダーの“So Deep Within You”と並ぶとしっくりする。より内省的なムードは、ジャスティン・ヘイワードによるもう一つの傑作、“Never Comes the Day”で訪れる。一方でレイ・トーマスの“Lazy Day”は、英国の労働者にとっての平均的な日曜日についての鋭いコメントだ。ヘイワード/トーマス共作の“Are You Sitting Comfortably”は、中世音楽の影響を呼び覚ます効果をもっている。グレアム・エッジのポエム、“The Dream”は、アルバムの土台となる3パートのマイク・ピンダー作品へうまく導く役目を負っている。

“Have You Heard”のレコーディング・セッションは1月18日に始まった。この歌はもともと1966年12月までさかのぼることができ、その頃はムーディー・ブルースのライヴ・レパートリーの一部だった。あとから書き直された“Have You Heard”は、大作インストゥルメンタルの“The Voyage”によって二分された。3日間続いた深夜セッションは、あるいは60年代を通じてムーディー・ブルースが残した最高のトラックを生み出していたのかもしれない。

アルバムのミキシングは2月の終わりに向けて完了することになった。アルバム『On the Threshold of a Dream』は、1969年4月に英国でリリースされた。5月3日、アルバムはUKチャートに入り、楽々とナンバー1の座につき、前代未聞の73週間のチャート圏内存続を達成した。

グレアム・エッジはのちに回想した―「このアルバムは僕たちが実際レコーディングに専念して作ったもので、あちこちで忙しくギグに明け暮れていた頃じゃなかったんだ。僕たちがツアーから降りたことで、僕たちの創った音楽は『In Search of the Lost Chord』のレコーディングで学んだスタジオ・テクニックと、毎晩ステージでプレイして習得したことがうまく結びついていた。それは『On the Threshold of a Dream』の中でより多くを占めているインストゥルメンタル・パートで説明できるかもしれない」

スリーヴ・デザインはもしかすると、デッカ・レコード作品の中でその時まででもっとも豪華だったかもしれない。ジョン・ロッジはのちに回想している―「僕たちはアルバムが完成した時に、グラフィック・アーチストのフィル・トラヴァーズにスタジオに入ってもらって全曲を聴いてもらったんだ。それから彼のアイデアの助けになるように、歌詞も渡した。それからフィルはいろんなラフ・スケッチを描いて、僕たちはコーヒー・テーブルを囲んで座って、どんなのがいいか話し合った。僕たちはみな音楽とスリーヴ・デザインが一つになった特別なパッケージじゃなければならないし、それが正しいに違いないと感じていた」

歌詞の印刷された冊子と、‘オリヴァー!’などのヒット・ミュージカルで有名なコンポーザー、ライオネル・バートによるライナー・ノーツ含む見開きジャケットは議論の的となった。レイ・トーマス―「僕たちはそのスリーヴのことでデッカと大論争になった。彼らはアルバム1枚につき2ペンスの費用がスリーヴにかかることを心配していた。僕たちはもともとプロダクションのボスから、もしアルバムが僕たちのいうようにすばらしければ、茶色の紙袋に収めるかもしれないといわれていた!結局、何度も主張したあと、僕たちはなんとか自分たちの考えを通すことができたんだ」

英国では“Never Comes the Day”と“So Deep Within You”がシングル(Deram DM 247)として、1969年4月2日にリリースされたが、チャート入りには失敗した。USではアルバムが1969年5月31日に、シングル"Never Comes the Day"が6月28日にリリースされ、それと同時にアメリカでのコンサートが企画された。

1969年半ばまでに、ムーディー・ブルースは世界中から多くの支持者たちによる敬愛を獲得していた。ジャスティン・ヘイワードはのちに当時の世界的な人気の独特な理由を次のようにほのめかした―「コンサート・ステージのライヴ・アクトとしての僕たちの影響は別として、アメリカとヨーロッパでの若者のムーヴメントの声だったアンダーグラウンド・プレスが僕たちに大いに関心をもったんだ。それに僕たちの音楽はヨーロッパと極東の米軍ラジオで放送された。番組は鉄のカーテン(共産主義国)の向こうでも聴かれていた。こういったこと全てが、僕たちの世界的成功の土台作りに貢献したんだ」

ムーディー・ブルースの音楽の世界的なインパクトは、彼らの作品にさらにいっそうの需要をもたらした。ほとんど休みもとらず、グループはもう1枚のすばらしいアルバムをレコーディングするために1969年5月にデッカのナンバー・ワン・スタジオに戻った。その年はムーディー・ブルースのキャリアが頂点に達し、ふさわしく名づけられた自らのレコード出版社‘Threshold Records’の設立をもって終わった。


マーク・パウエル



ホームへ