Welcome to my homepage


John & Beverley Martyn/Stormbringer/2005 Universal Island Records Ltd. IMCD 317 983 079-4



60年代半ばのブリティッシュ・フォーク・ブームから現われたあらゆるミュージシャンの中で、ジョン・マーチンは間違いなく最もプログレッシヴで影響力あるうちの一人だ。彼の音楽はフォーク、ジャズ、ブルースそしてロックのスタイルをまたがり、新しく出てくる各世代のミュージシャンにインスピレーションを与え続けている。マーチンは1948年9月にサリー州ニューモールデンにIain David McGeachyとして生まれ、彼の両親が別れてからはグラスゴーで育った。15歳の時、彼は独学でギターを弾き始め、17歳で学校を辞めた頃には地元グラスゴーのフォーク・クラブで地元のフォーク・ミュージシャン、ヘイミッシュ・イムラックの庇護の下、レギュラーを務めていた。イムラックは音楽的成長を手助けし、その秘蔵っ子を理解し、この段階でMcGeachyは伝統音楽とバロック・フォーク・ギタリストのデイヴィ・グレアムの多様な音楽的領域に影響を受け、自分自身のスタイルを見つけようとしていた。また若かったMcGeachyは、大きな影響力を持っていたインクレディブル・ストリング・バンドの創設メンバーだったクライヴ・パーマーと友人になった。北方のフォーク・クラブでの彼の音楽に対する反応に勇気づけられた彼は、ロンドンへ活動の場を移すことを決め、BunjiesやLes Cousinsのようなロンドンのクラブで最初のギグを行ない、注目を集めるようになっていった。やがて彼の最初のエージェントによる勧めによって、彼は名前をJohn Martynに改めた。新しい姓は彼のお気に入りのアコースティック・ギター・メーカーから名付け、“i”の代わりに“y”を綴りに入れた。

ソーホーのフォーク・シーンで活動していた彼はクリス・ブラックウェルの目にとまった。ブラックウェルは自分のレーベルであるアイランド・レコーズを西インド音楽からブリティッシュ・ロックとフォークへシフトしようとしていた。1967年、ジョン・マーチンはアイランド・レコーズと契約した英国人最初の一人となり、158ポンドの予算でデビュー・アルバム“London Conversation”をレコーディングした。そのシンプルで美しいアルバムは1967年10月にリリースされ、好意的なレビューを受けた。アルバムはマーチンがアイランドと契約延長をするには十分なセールスを上げた。1968年11月にリリースされたセカンド・アルバム、“The Tumbler”は創造への大きな飛躍が見られ、ジャズからの影響が見られる最初のマーチンのレコードとなった。仲間のフォーク・ミュージシャン、アル・スチュワートがプロデューサーとなり、才能あるジャズ・フルート奏者ハロルド・マクネアがフィーチャーされていた。アルバムには“Dusty”、“Flying on Home”、そして“Hello Train”のような素晴らしいマテリアルがフィーチャーされていた。

1969年1月、マーチンはチェルシー芸術大学で行なわれたUSシンガーのジャクソン・フランクのサポート・アクトを務めていたシンガー、ビヴァリー・カットナーと出会った。ビヴァリーもまたロンドン・フォーク・シーン出身で、アメリカ人のシンガーソングライターがロンドンに住んでいた頃にポール・サイモンと知り合っていた。サイモンがアート・ガーファンクルと共に成功したあと、彼は1967年のモンタレー・ポップ・フェスティヴァルへの彼女の出演を確約していた。ジョンと出会った頃、ビヴァリーはプロデューサー、ジョー・ボイドのウィッチシーズン・プロダクションのためのソロ・マテリアルを制作中だった。そして共に働いてくれるミュージシャンを探していた。彼女はのちに回想している。“彼は独特でしゃれてて、カーリー・ヘアの快活な人だったわ。彼は力になってくれる理想的な男性に思えた。それからもちろん彼のことを猛烈に気に入ることもね。”ジョンとビヴァリーはすぐに恋に落ち、1969年に結婚した。ジョー・ボイドはビヴァリーのレコード・リリースについて、アメリカのワーナー・ブラザーズ・レコーズからの関心をとりつけていた。しかし夫婦のデュオとしての可能性が、創造性あふれる成果となることはボイドの目にすぐに明らかとなった。

1969年4月16日、ジョンとビヴァリー・マーチンは4曲をレコーディングするためチェルシーのサウンド・テクニクス・スタジオに入った。“Traffic Lady”、“I Don’t Know”、“John the Baptist”そして“It’s One of Those Days”はいずれも素晴らしく、デュオとしてペアを組むというボイドの直感力は正しかったことが証明された。順調に物事は勢いづき、ワーナーとの交渉も完了し、1969年夏の初め、ジョンとビヴァリーはアメリカに飛んだ。ニューヨーク州北部にあるウッドストックのミュージシャンの「安息所」を活動の拠点とするために。その土地はその年にまもなく開催されることになる巨大なロック・フェスティヴァルのおかげで世界的に有名になったところだ。またボブ・ディランとザ・バンドが居を構え、あの悪名高い“ベースメント・テープ”セッションをそこで行ない、ザ・バンドの傑作“Music from Big Pink”が生まれたところだ(当時ジョンに大きな影響を与えた)。ジョンとビヴァリーはすぐに地元の音楽シーンにとけ込み、ザ・バンドのドラマー、リヴォン・ヘルムと友人同士になった。彼らの近くには週末の隣人、ジミ・ヘンドリクスがいた。ジョンはのちに回想している。“ヘンドリクスは実際、僕らの隣に住んでいた。彼は毎週木曜日に紫のヘリコプターで到着して週末を過ごし、月曜になるとまた出て行ったよ。”

ウッドストックで二人は音楽的アイデアを練り上げ新曲を書き、その年の初めにイングランドで書かれた曲を練り直した。数週間以内にジョンとビヴァリー・マーチンはファースト・アルバムをレコーディングするために、プロデューサーのジョー・ボイドと共にニューヨークのA&Rスタジオに入った。レコーディングされた曲の大部分はジョン・マーチン作だったが、あるいはデュオの中で彼の音楽的影響力が支配的であったことが表われているのかもしれない。様々なゲスト・ミュージシャンをフィーチャーしながら6日間でちょうど10曲がレコーディングされた。リヴォン・ヘルムは“Sweet Honesty”と素晴らしい“John The Baptist”で叩いている。一方マザーズ・オブ・インヴェンションのドラマー、ビリー・ムンディは“Go Out and Get It”でその腕を披露している。ハービー・ラベルの高い創造性に富んだパーカッションは、荘厳な“Stormbringer”と“Would You Believe in Me”に優雅さを加えている。“Tomorrow Time”はハープシコードにジョン・サイモン、ベースにハーヴィー・ブルックスそしてキーボード・プレイヤーのポール・ハリス(ドアーズとジョン B. セバスチャンとの仕事で知られる)はレコーディングされた曲のほとんどでフィーチャーされている。確かにポール・ハリスの高くオリジナリティあふれたアレンジと音楽的傾向は、アルバムの特徴を決定づけている。

ジョン・マーチンはのちに指摘している。“あの時のセッションではあらゆる事が起こったね。あれ以前では誰もアコースティック楽器とドラムスが同時に成り立つなんて考えてなかったんだ。ちょっとうぬぼれた考えのように思われていたね。でもアルバムはかなり時代の先を行っていたと思う。”またこのレコーディングでは初めてマーチンがエコープレックスのテープ・ループ・ディレイ・ユニットを使っている(“Would You Believe in Me”)。これは続く数年間、彼のギター・サウンドと音楽を決定づけることになった。サックス・プレイヤーのファラオ・サンダースのファンだったジョンによれば、エコープレックス・ユニットの使用は、サンダースの独特なサステイン(音を伸ばすこと)を自分のギターで真似てみようと試みた結果だそうだ。ミキシングのためにさらに二日間が費やされ、出来上がったレコードは“Stormbringer”として大西洋の両側で1970年2月にリリースされた。目を引くジャケット・デザインは、誉れ高いNigel Waymouth of HapshashとColoured Coatによるものだった。アルバムは素晴らしい評価を受けたが、ブリテン、アメリカ両方のアルバム・チャートでは振るわなかった。彼のギター・プレイとヴォーカルに焦点が当てられ大きな称賛を受けたこのアルバムによって、アイランド・レコーズはデュオの音楽のサポートを続けるよう熱狂的に促され、ジョンもソロ・アーチストとしてライヴとレコーディングを再開するよう受けていたプレッシャーに抵抗していた。その結果、二人は次のアルバムに向けて新曲に取りかかることになった。1970年春の終わりに、当然のことながら再びジョー・ボイドのプロダクションによってサウンド・テクニクス・スタジオでレコーディングは始まり、デュオとしてのセカンド・アルバムは“The Road to Ruin”として知られることになった。

マーク・パウエル

注:この“Stormbringer”拡大リイシューのためのリサーチにおいて、1969年4月16日のサウンド・テクニクス・セッションのオリジナル・4トラック・マスターが使用された。オリジナル・テープから“It’s One of Those Days”、“I Don’t Know”、“John the Baptist”、そして“Traffic Light Lady”がミックスされ、ボーナス・トラックとしてここに収録された。


ホームへ