Welcome to my homepage


Colin Hare/March Hare/1971 Pennyfarthing Records Limited PELS 516



ここしばらくの間、コリンは自作の曲を集めたアルバムを出すために、曲作り、アレンジ、プロデュースに対する関心、欲求をもっていた。
私が初めてコリンと会ったのは2年以上前だったが、その時の彼は、新たに再編されたハニーバスに参加していた。当時コリンは曲を書いたこともなく、楽譜を読んだり書いたりすることもできなかった。ハニーバスでの彼のポジションは、リズム・ギターとヴォーカルだった。
そしてこの彼にとって初めてのソロ・アルバムは、私に大きな喜びを与えてくれた。なぜなら私は彼が勉強し、自分の音楽に一生懸命に取り組んできたのを見ていたから。その成果はこのアルバムの隅々にまで行き渡っているし、それは彼が努力した時間に立派に報いるものだと思う。
この‘March Hare’を聞いたあなたにコリン・ヘア自身の音楽的才能が伝わればうれしく思う。
テリー・ヌーン(マネージャー/出版者)



ホームへ