コース紹介    


コースは ボーカルコース 話し声コース ビジネスボイストレーニングコースの3コースです 
          

ボーカルコース   

sample 

自分の歌をもっと伸ばしたい方のためのコースです

歌が苦手という初心者の方や健康目的にというシニアの方やキッズ、既にプロダクションに所属されている方など、様々な目的の方が通われています。
歌うために必要な「呼吸法、発声法、歌唱法」の基本の3本柱と感性を磨くトレーニングで、喉に負担をかけず、ご自分本来の声で、気持ちの伝わる歌を歌えるようにしていきます、。
マンツーマンなのでお一人お一人の目的や進度に合わせてレッスンを進められます。

プロ志望の方で、一定のレベルを満たしたと認められた方には、レコード会社、プロダクションの方にアドバイスを頂ける機会もございます。

レッスン内容、オリジナルカリュキュラムはページ下部をご覧ください。

   

話し声コース  

sample 

話し声が気になるという方のためのコースです

日常生活で声が通らず困っている方・仕事で声を使われている方、声優、ナレーターをなど声を使うお仕事を目指している方などを対象としたコースです。
正しい呼吸法、発声法を覚えるとにより疲れにくく、伝わる声にしていきます
初対面での性格の第一印象は、声と話し方が大きな割合を占めるといわれています
営業職の方は信頼していただける声、
就職活動中の学生の方はやる気が伝わる声
サロネーゼの方は優しく人当たりの良い声、など、
ご自分本来の声で自信を持って話していただけるようトレーニングしていきます。

今までに、アナウンサー、キャスター、声優、俳優、ビジネスマン・大学講師・医師・会計士・会社経営者・僧・接客業・電話オペレーター、教員・保育士、就職面接に向けてという方、既に声優養成所、事務所に所属している方などがレッスンを受けていただいております。。

マンツーマンなので目的や進度に合わせてレッスンを進められます。
  

ビジネスボイストレーニング


お仕事で話すことの多い方、ご自分の声、話し方を改善したい方の為のコースです

長時間声を出していると喉が痛くなってしまう、声がかすれてしまう

聞き返されてしまう事が多い

プレゼン・講義などの内容は良いのに一本調子の話し方と言われてしまう
   
など、お仕事の場面でのご自分の声に悩まれている方は多いすよね。ご自分の声が嫌いだ、変な声なのでと仰る方も多いですが、声の出し方を覚えると話すことが楽になり、また印象も変わってきます。
声にとどまらず、その方の職種に合った話し方、抑揚、緩急、表現などを覚えて、思いの伝わる声で自信を持ってお仕事に臨んで頂けるようレッスンしていきます。

 

歌も話し声もという方は
仕事で話す機会が多いので、話し声を改善したいが歌も歌えるようになりたい、または、歌が好きなので歌のレッスンもしたいが就職活動の面接に向けて話声もレッスンしたい、
と、ボーカル、話し声両方に興味がある方は、そちらを踏まえてレッスンを進めさせていただきますので、どうぞお申し付けください。

レッスン内容

このスタジオの指導内容は、センス&ボイスの カリキュラムに準拠しています。

センス&ボイス独自に開発したレッスンカリキュラムにより、正しい呼吸法・発声法・歌唱法と平行して、感性の刺激をして自分らしい歌が歌えるようにします。話し声・話し方も当然良くなります。

1 呼吸法を覚え身につくように鍛えます。
正しい呼吸は簡単に身につくものではありません。初心者向きの方法での期間・本格的な呼吸法を覚える期間・長く、しっかりした腹式呼吸・正しい発声・表現が出来るように鍛える期間の3段階に分けます。
2 正しい発声法を身につけます。
発声法は初心者の段階で声が鼻腔を抜けるようにします。本格的な腹式呼吸に移行した段階から、頭部共鳴・胸部共鳴・全身に共鳴させるなど発声の基本を覚え発展させます。同時に歌に必要な基本である正しい口の開け方と母音の口形・子音の特長や強調の仕方・言葉のニュアンスの出し方・声と言葉を出す方法などを身につけます。
3 歌・音楽の感じ方(感性)を鋭くします。
初心者にはアクセント・フレーズの感じ方・一言一言の歌い方の方法から始めて、本格呼吸に移行した中級・上級ではリズムの合わせ方や、歌の特長の感じ方出し方・詩の感じ方・感情の表出方法・歌い方の方法・安定した歌い方の方法などを習いながら感性を高めます。
4 表現法を覚えます。
(1〜3)のいろいろな要素を習って表現出来るようになった上に、曲全体の構成をつかみ歌の各部分の歌い方と全体のまとめ方を習います。そして『自分の息で、自分の声で、自分の感じた音楽(メロディーやリズム)とハートで感じた詩・音楽をオーラに乗せて前へ伝える』歌が歌えるようにするのが目的です。
ボイストレーニングシステム指導順
  [ 初心者 ]
1 腹式呼吸の概要 呼→吸 21 頭部共鳴 共鳴した声を顔面まで
2 呼吸に必要な筋肉 吸→呼 22 頭部共鳴 気と共に外へ 歌い出し
3 腹式呼吸で歌う 23 頭部共鳴 気と共に外へ 重要な音を
4 腹式を要領よく使う 24 頭部共鳴 気と共に外へ 総合的に
5 鼻腔通し 25 頭部共鳴 共鳴の位置(奥行)
6 アクセントを感じて歌う 26 頭部共鳴 頭頂部へ 声帯の柔軟体操
7 単語分けして歌う 27 歌の覚え方 ラインを感じて歌う
8 初心者の要素の総合 28 歌の覚え方 メロラインをつなぐ
9 29 歌の覚え方 ラインに肉付けする
10 30 表現 言葉を吐く
11 31 表現 声を吐く
  [ 中級 ] 32 表現 気を吐く
12 中級テスト 中級の呼吸の方法 33 詩の表現 詩の中で歌う
13 声を頭部へ 中級の呼吸で歌う 34 詩の表現 一言一言を歌う
14 口の開け方 各母音の口形 35 詩の表現 感情のある声・言葉で歌う
15 喉を開ける 36 詩の表現 詩の内容を感じながら歌う
16 子音の発音の方法 37 総合表現 メロディーを感じて歌う
17 言葉の共鳴位置 38 総合表現 リズム反応して歌う
18 リズムを合わせる 39 総合的に音楽として歌える
19 ビートを合わせる 40 以後ずっと音楽表現を
20 頭部共鳴 額までの通り道   [以後上級・個人用メニューで]



発表会