意味がわかると怖い話

その14ヘッドフォン


 

さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。
俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。
何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって
落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。
たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。
それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ  

 

ヘッドホンが壊れたことにムカついてテレビまでこわしてしまった!
しかし、テレビが落ちる音もせず、不思議と外も静かだ・・・壊れたのは本当にヘッドホンなのか?
答えは下。

 

 

 

ブチっと音がして壊れたもの。それは俺の聴力だった!爆音を聞き過ぎるのは控えたほうがいいみたい。
はたして彼はいつ自分が聴力がなくなったことに気付くのだろうか・・・