Instrument

QGEで使っている楽器を紹介します。

クラシックギター

Classic Guitar

クラシックギターと聞くと堅苦しいイメージを持ちやすいですが、実はエレキギターやフォークギターの元となった楽器です。大人数で一音ずつ出して合奏したり、1人で曲を演奏することもできます。響き渡る柔らかい音色が何よりの特徴です。

ウッドベース

Wood Bass

ウッドベース(コントラバス)は、重低音と呼ばれる低い音を出します。目立つことは少ないですが、その音がないと物足りなくなってしまうという楽器です。指だけでなく、弓を使って弾くこともあります。クラシックギターとの相性は抜群です。

エレキベース

バンドなどの演奏でも使われているエレキベース。見たことのある方も多いと思いますが、重低音を担当し、ポピュラーソングには欠かせない楽器です。

シンセサイザー

その名の通り音を合成(synthesize)して多種の音を作ることができる楽器です。電子技術を利用し、原理的にはどのような音でも出すことができます。つまり既存の楽器の音を出すことはもちろん、新しい音も作り出せる魅力的な楽器です。

カホン

カホンとは木製の箱型の打楽器です。南米発祥で現在の形になったのは1960年代とされ、歴史は浅い楽器です。椅子のように上に跨って手で叩いて音を出します。シンプルな奏法ですが、叩き方や叩く位置によって様々な音色を出すことができます。

ボンゴ

2つの太鼓をつなげ合わせたような打楽器です。片方はマッチョ、もう片方はエンブラといい、マッチョをエンブラよりも高音にチューニングします。一般的には股に挟んで素手で叩いて演奏します。

他にも、カスタネット、タンバリン、コンガ、リコーダーなど多くの楽器を組み合わせて演奏します!

Copyright(C)2014-九州大学ギターアンサンブル部 Allrights Reserved.