真ちゃん・和ちゃんの

        遠いあの日の子守唄 

                                                  since 2007.1.6

静かな海辺で貝が そっと口を開きました

耳をすませば聞こえる 遠いあの日の子守唄

唄うことを知りました 小さな愛を知りました

生きる喜びを知りました

今 唄いたい

唄う予定 | プロフィール | History | オリジナル曲の紹介 | 合唱団パンダのことLinks

Diary Guest book
MAIL
Yahoo!ジオシティーズ



最終更新日  2017.4.22

 

このたびは、皆様に心よりのお悔やみをいただき、誠にありがとうございました。

去る平成29年4月18日(火)午前2時40分、妻 和世は亡くなりました。
先月29日より肺炎にかかり、奈良医療センターに入院していましたが、20日間の入院生活で回復に向けて頑張ってくれましたが、残念ながら帰ってくることができませんでした。
4月18日の朝、自宅に帰ってきてから、たくさんのお参りをいただき、4月20日(木)のお通夜、そして昨日4月21日(金)のお葬式では、本当にたくさんの皆様に心からお悔やみ、お見送りいただいて和世もきっと喜んでいると思います。
和世は生まれたときから、SMA(脊髄性筋萎縮症)を患い、歩くことができず、身体全体に不自由さを抱えていましたが、本当に幸せなことに家族をはじめ周りの皆さんの温かい愛情にいつも包まれて、心の自由のままに生き通すことができました。
4歳から26歳まで東大寺整肢園、パンダ病棟にずっと入所していましたが、その間たくさんの仲間や、大切な先生方に出会い、その人となりが育てられてきました。合唱団パンダでは病棟の仲間の思いを唄にのせて伝えることができました。毎年3月にはコンサートを開催し、たくさんの仲間と一緒に「創る」喜びをかみしめてきました。
平成元年、パンダ病棟を退院し自宅での生活を経て、平成5年5月15日Jリーグの開幕日に私と結婚しました。結婚してからの二人の生活はまさに周りの皆さんの支えなしにはあり得なかったと確信しています。昔からの友人、近所の方々、ヘルパーの皆さんが、毎日毎日我が家の生活を心を込めて支えていただいたおかげで、23年11ヶ月の結婚生活を楽しく夫婦ゲンカをしながら続けることができました。
また、11年前からは二人で「真ちゃん・和ちゃん」として私たちの生活の中から生まれた唄を通じて皆さんと楽しい時間を過ごす機会にいっぱいいっぱい恵まれました。私たちにとって、”唄を聴いていただける幸せ”、”音楽仲間との他愛ないとんでもなく楽しい時間”は「感謝」の一言では表せない本当に本当に幸せないきがいでした。

和世にとって、大切なお一人お一人に心よりお見送りいただいたことは、何よりうれしかったことと思います。名前のとおり、「人と和する」ことを何よりも大事にしていた和世のことです。皆さんとのお別れはとてつもなく寂しいと思いますが、天国では先に逝ったたくさんの仲間とまた笑顔で唄っていることと信じています。
いつも二人で唄う前、和世は私に「私らは笑われてなんぼやで」が口癖でした。それだけ皆さんの笑顔に出会えることが和世の夢であったと思います。できることなら、和世のことを、ふと思い出してくださるその一瞬、”笑顔”になっていただけましたら、和世にとって本望であろうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

真ちゃん・和ちゃんのこれまで唄ってきた曲を集めてCDを発表させていただく予定になっていました。当初の予定より少し時間はかかるかもしれませんが、絶対に「完成」させたいと考えています。今しばらくお待ちいただいて、完成の折には是非聴いてやってください。

また、和世の最後に書いた詩に曲をつけていただいて、6月の「まな板の上の恋」で皆さんに聴いていただくことも楽しみにしていました。「まな板の上の恋」は中止いたしますが、いつか皆さんに和世の最後の思いをお届けしたいと思います。

 

「夢・あなたと」
優しくなれる あなたとなら
強くなれる  あなたとなら

涙のかけらを ひろい集めたら
青空を映して 未来が微笑んだ

 

”ゆっくりゆっくり”歩んできた和世の人生は、皆さんお一人お一人と共に歩むことができたことで、本当に本当に幸せでした。ありがとうございました。

皆様より、お参り、お声掛け、お悔やみのお便り、メッセージ、インターネットなどへの投稿など、多数頂戴し、本当にありがとうございました。すぐにでも、お一人お一人にお礼を申し述べたいのですが、今少しお時間頂戴いたしますようお願いいたします。長文になって誠に申し訳ありませんが、この文章に今の私のお礼の気持ちを表すことでご容赦願います。

 

平成29年4月22日

             真ちゃん・和ちゃん 阪口真治 

 

 いつも温かいご声援ありがとうございます。

5月22日(日)やまと郡山城ホール小ホールで『真ちゃん・和ちゃん10周年記念コンサート”まな板の上の恋”』を行わせていただきました。

ほんとにほんとに、皆さんのおかげです。とてもとても感謝しています。”ありがとう”の気持ちを精一杯込めて

これからも皆さんとの大切なひとときを過ごしたいと思い、唄い続けていこうと思っています。皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

コンサートレポートはこちらから

 

 

ちゃん・和ちゃんのことを、NHKのニュースで取り上げて頂きました。

1112()NHK大阪(大阪府内・奈良県内)18:3019:00「ニュースほっと関西」

1113()NHK奈良(奈良県内) 18:3019:00「ならなび」、20:4521:00「ニュースなら」

1125()NHK(全国ネット)04:3005:30「おはよう日本」、05:3006:00「おはよう日本」

さらに、12月に入ってNHK大津(滋賀県内)でも放映されたとのお知らせをいただきました。

もちろん、内容はどれも同じ。約6〜7分のレポートでした。

皆さんにご覧いただき、とても嬉しかったです。ありがとうございました

 

You Tubeに「ゆき」をUPしました。https://www.youtube.com/watch?v=EDRyLXqSkX8(平成27年7月26日「かまぼこ板の上にも恋ライブ」より)

え〜っと、よくわからないのですが、システムが変わったそうで、少し前(だいぶ前か?)から、”Guest Book”や”Diary”が使えなくなりました。(アクセスカウンタなども)
また、勉強して復活させようと思いますが、少しお時間いただくこととして、とりあえず”唄う予定”&”History”は更新するようにしたいと思います。気長にお付き合いいただければうれしいです。
どうも、すみません。

真ちゃん・和ちゃんの唄っている姿を「You Tube」に載せてみました。こんなふうに元気にやってま〜す!良かったらご覧下さい↓

第二弾「今夜のおかずはきんぴらごぼう」(平成25年8月25日(日)しあわせ発信基地”惜夏のライブ”より)

第一弾は、「野原に咲くから」(平成25年4月7日(日)しあわせ発信基地”春のライブ”より)

↑Diaryも、またのぞいてみて下さい。  これまでの日記はこちらから→2008.1.23までの日記  そして、  2009.2.18までの日記はこちら

合唱団パンダのHPにも、是非、一度お立ち寄りください。