審査用紙はこちら








E−1
エントリーNo.083
ステレオミサイル

コント/4択クイズ
チャラッチャラッチャッチャーン

辻添:始まりましたクイズ・ヨンタック!司会の辻添です!
   本日の回答者はステレオミサイルの高部さんです!

高部:よろしくお願いします

辻添:この番組のルールなんですが至ってシンプルです
   4択問題に答えてもらい、性回数に応じて賞品が出ます

高部:正解数ですよね、性の回数で競うクイズ番組じゃ放送できないですよ

辻添:そうですね。さぁ果たして高部さんは何問正解できるのか!?早速問題に行きましょう!

デデン!

辻添:まずはこちらの映像をご覧ください

   ○●
   ●○

辻添:これは何でしょう?

   A、オセロ B、囲碁
   C、将棋  D、カバディ

高部:白と黒だけどこの配置ならきっとオセロだな。Aのオセロ!

辻添:残念!正解はBの囲碁です

高部:えっ、これ囲碁なんですか?完全に配置がオセロじゃないですか

辻添:これは囲碁のルールを全く知らない私と友人が適当にやった囲碁の盤面です

高部:なんて紛らわしい盤面なんだ

辻添:それでは次の問題です

デデン!

辻添:まずはこちらの映像をご覧ください

  ●●●
   ●○

辻添:これは何でしょう?

   A、オセロ B、囲碁
   C、将棋  D、カバディ

高部:あ、これは挟んで色が変わっているからオセロだな。Aのオセロ!

辻添:残念!正解はBの囲碁です

高部:これ完全に挟んで白が黒になったところじゃないですか

辻添:これも囲碁のルールを全く知らない私と友人が適当にやった囲碁の盤面です

高部:これも適当にやった囲碁だったんですか

辻添:第1問のあの状態からこうなりました

高部:それオセロのルールでやってませんか?

辻添:私たちはちゃんと碁盤の上で碁石を使い、自分の色の石で挟んだ相手の石はちゃんとマジックで塗り潰してますから

高部:ならオセロやってくださいよ。変な背伸びして囲碁やらないでください

辻添:将棋、じゃなくて囲碁気を付けます

高部:全く反省の色が見えねえ

辻添:それでは次の問題です

デデン!

辻添:まずはこちらをお聞きください

「カバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディ」

辻添:これは何をしているところでしょう?

   A、オセロ B、囲碁
   C、将棋  D、カバディ

高部:これはどう考えてもカバディですよ。Dのカバディ!

辻添:残念!正解はCの将棋です

高部:何でですか!?ずっとカバディって言ってたじゃないですか

辻添:先程お聞きいただいたのは、対局中にカバディと連呼しながら飛車を横に動かす羽生善治の声でした

高部:羽生善治何やってんですか!?飛車の動きをカバディの選手に当て嵌めるとか対局中に余裕出し過ぎでしょ!

辻添:羽生さんも流れを変えたいときがあったのでしょう。それでは次の問題です

デデン!

辻添:羽生善治が碁盤を持って「カバディカバディ」と連呼しながら相手のカバディチームの陣地に攻め込んで行きます
   さて何をしているところでしょう?

   A、オセロ B、囲碁
   C、将棋  D、カバディ

高部:思いっきりカバディチームって言ってるじゃないですか。碁盤を持ってるおかしな状況ですけど、これはDのカバディ!

辻添:残念!正解はCの将棋です

高部:何でですか!?相手カバディチームと戦っているんですよね?

辻添:羽生善治が行う戦いはいかなるルールであっても将棋です

高部:そんな決まりはないですよ!何ですかその力士が作る物は全てちゃんこみたいな理論

辻添:不正解にもめげずに頑張ってください。それでは次の問題です

デデン!

辻添:まずはこちらの写真をご覧ください
   これは元オセロの松嶋さんの横に羽生善治さんが写った写真です
   さて、これは何でしょう?

   A、オセロ B、囲碁
   C、将棋  D、カバディ

高部:これどっちだよ・・・羽生さんだから将棋?でもその考えは安直過ぎるなぁ・・・
   よし、ここは松嶋さんいるからオセロだ。Aのオセロ!

辻添:残念!

高部:あぁ〜羽生さんだからやっぱり将棋だったかな

辻添:正解はセロです

高部:セロ!?セロってあのマジシャンの!?何で正解がセロなんですか!?

辻添:先程見ていただいた写真はセロが作り出した幻です

高部:なんでセロそんなことやってるんですか!?変な写真出すマジックするなよ!

辻添:答えが4つの中に必ずあると思わないでください

高部:これ4択クイズの番組ですよね?根本を否定してますよ

辻添:それでは次の問題です

デデン!

辻添:まずはこちらをお聞きください

「カバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディ」

辻添:これは何でしょう?

   A、カ B、バ
   C、D

高部:何ですかこの選択肢!?一文字ずつ分かれてるし、ディはDになってるし、そもそも選択肢が3つしかないですよ!

辻添:高部さん、ライフラインありますよ

高部:ライフライン?一体何があるんですか?

辻添:50:50です。これを使うと選択肢が2つ減ります

高部:2つ減るんですか!?これ使ったらもう答えしか残らないじゃないですか。とりあえず50:50使います

辻添:それでは答えを2つ消します

   C、D

辻添:CとDが残りました

高部:CのDですよね!?こうなったら答えはCのDですよ!

辻添:残念!正解はDです

高部:えっ?なんで不正解なんですか?Dなんですよね?

辻添:いや正解はどう考えてもDのカバディでしょ

高部:Dのカバディ?そんな選択肢無いですよ?

辻添:選択肢にありますよ、ほら・・・ってあらら、こちら側と回答者側のモニターで表示が違うみたいですね

高部:えっ?違うんですか?

辻添:ええ、セロによって

高部:またセロですか!?セロのマジックで選択肢消えてたんですか!?

辻添:いや、そうじゃなくてあなたのモニターに

ペリリッ

辻添:黒のマジックで塗り潰されたセロハンテープが貼られてました

高部:セロってセロハンテープかよ!!僕はそんな古典的なことに騙されていたのか!というかいつの間にこんな物が・・・

辻添:高部さん、遂に次が最終問題です

高部:この番組、問題がおかし過ぎて1問も正解できないですよ

辻添:ちなみにあと一問正解すれば世界一周旅行獲得です

高部:一問だけで!?このクイズ始まった時から僕世界一周旅行にリーチだったんですか!?

辻添:そうですよ

高部:仮に全問正解なら商品何になるんだよ・・・

辻添:それでは最終問題です。最終問題は私と将棋で戦ってもらいます

高部:最早4択どころか3択でもないんですね。そもそも囲碁のルール知らないあなたが将棋できるんですか?

辻添:将棋なら大丈夫です。なんせ私は

ベリベリベリ

高部:あっ!司会者の顔が剥がれてく!覆面だったのか!?

羽生:羽生善治ですからね

高部:正体めっちゃ将棋強い人だったー!勝てる気しなーーい!!

羽生:対局開始です

※この対局は時間の都合上、ダイジェストでお送りします

羽生:カバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディ

高部:猛スピードで激しく飛車を横移動させるなー!摩擦で将棋盤がなんだか焦げ臭いぞー!じゃあ、8四歩

羽生:カバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディ

高部:金将の上に筒状のマカロニをセロハンテープでくっ付けるなー!大砲での遠距離攻撃なんて卑怯だぞー!それなら、3四歩

羽生:カバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディ

高部:王将を裏返したらプリンセス天功って書いてあるじゃないかー!囲碁盤の上に瞬間移動できるなんてずるいぞー!えーと、6二銀

羽生:カバディカバディカバデ王手バディ

高部:あ、負けました

羽生:以上9手をもちまして私の勝ちです

高部:何だよこの将棋・・・最終的に将棋盤の上がマカロニグラタンで埋め尽くされてるってどういうことだよ・・・

羽生:という訳で今週のクイズ・ヨンタックは高部さんが商品を獲得できずに終了です
   次週をご期待下さい。それではさような

高部:ちょっと待ってくださいよ!何なんですかこのクイズ番組、これじゃ絶対賞品なんて獲得できないですよ

羽生:そりゃそうですよ、だって

ベリベリベリ

セロ:この番組自体、僕が見せてた幻だからね

高部:正体セロかよ!!













E−2
エントリーNo.014
ようこそ哲夫ワールド

すもぐり どうぶつの海
??:・・・これまで我々は散々な目に遭ってきた。
   そんなことでいいのか!?あいつらに暴虐の限りを尽くされ続けていいのか!?
   今、復讐の時!!立ち上がれ!!!!!





サメ:いや俺ら足無いけど。

??改めイソギンチャク:むむっ。

サメ:しかも魚類代表みたいなポジションでイソギンチャクが語るかよ。

イソ:いつも可愛い系魚類のクマノミと一緒だからそこは見逃してちょうだい。(クマノミが“ちょうだい”と合いの手)
   さて、今日は決起集会なわけですが、お魚の皆さんお集まりいただきありがとうございます。

サメ:いえいえ。

タコ:いえいえ。

イカ:いえいえ。

クラゲ:いえいえ。

アシカ:いえいえ。

フジツボ:いえいえ。

貝類:うじゃうじゃ。

イソ:・・・・・・魚がッ!!いないッ!!
   自分が言うのもなんだけど、魚がいないッ!!(クマノミが“そうだねぇ”と同調しながら)
   貝に限っては団体様だよ!!アサリにシジミにホタテに・・・ごめんあとは知らん!!
   魚はいないの!?

マス(川魚):私がいますけどうぐぐ海水が苦しい・・・(瀕死)

イソ:川魚が海に出てきちゃ駄目だよ!!自分のテリトリーに籠ってろ!!

マス(川魚):お力になれず、スミマスン・・・(死亡)

イソ:今死に際にすっげえくだらないこと言った!!体を張ったネタだけど、くっそ滑ってた!!0点!!

サメ:マスじゃなくサケだったら海でも生けていけたんですけどねえ・・・

イソ:そういう話でも無い気が。
   ま、まあお集まりいただいた皆さん、陸の動物どもに復讐する方法を今日は話し合いましょう。

サメ:こんな話し合いいっつもやってるけどさ、結局エラ呼吸の話になっていつも終わるじゃん。
   その問題はどうするの?

イソ:フッフッフ、今回はちゃんと秘策を考えてきました。
   最終兵器、カメさんのご登場です!!



・・・・・・



サメ:登場しないけど?

イソ:あれ?おかしいな。前に、陸上でもある程度動けるよ、ってカメさんと話して甲羅にウンコ発射マシーン取り付けようってなったんだけども。

サメ:それが嫌で逃げたんじゃねえの!?

イソ:いや別にそんなふうじゃなかったけどなあ・・・
   『え゛っ!?・・・まあ、はい。引き受けます。』って快諾してもらったのに。

サメ:どこが快諾だよ!!最初にドン引きから入る快諾なんてあるか!!

イソ:この作戦なら陸の動物どもを臭害で困らせてやれる。

サメ:その臭害の元となるものを背負わされる身になれってんだ!!これは温厚なカメさんも怒るよ。

イソ:あ、こんなところにカメさんの置き手紙が。
   『これからは陸上で生活します。どんどん海を埋め立ててお前らをぶっ殺してやります。』

サメ:温厚なカメさんが!!お前らだのぶっ殺すだの言うキャラじゃなかったのに!!そうとう鬱憤をため込んでた!?

イソ:手紙の続きね。
   『これまでにため込んだ鬱憤のタートルは、いや違ったトータルは(爆笑)3カメです。』

サメ:カメギャグ!!クッソつまらねえわ!!何が爆笑だよ!!
   そして意外と少なそうな量!!スタジオ撮影でのカメラの話かと思ったわ!!

イソ:手紙に追伸あるよ。
   『PS.毎日フカヒレ食べてます。食感だけでそんなに美味しくもないなあ。』

サメ:ウオオオオオッ!!前言撤回!!カメ殺す!!海岸線に近づいてきたらちょっとくらい水が無くてもガブーーーッだ!!この野郎!!

イソ:そうだよね、本当はすごく美味しいもんね。(クマノミが“味付けが肝心”と批評)

サメ:そういう問題じゃないし、食べたことあるみたいな発言やめろ!!クマノミも食通ぶるのやめろ!!

イソ:じゃあカメさん作戦が不発ということで、一体どうしよう。

サメ:結局いつも通りだなぁ。やっぱり陸に上がれない、ってのは大きな障害になるわ。

イソ:それに水揚げされたとして、

サメ:言葉選び!!水揚げって言うな!!上陸!!

イソ:上陸したとしてもどうやって陸の動物たちを懲らしめればいいんだろう・・・うーん、毒ガス?

サメ:イソギンチャクさん、うんこといい毒ガスといい嗅覚攻撃好きだね。

イソ:海底に沈んでいるフジツボの死骸とか悪臭を発するから、それを何かに詰めて・・・

サメ:しーーーっ!!フジツボさん今日参加してるから!!配慮が足らん!!

フジツボ:ハッハッハァーーーッ!!くそおもろいわー!!

サメ:こっちはこっちでわけわからんツボに入っているし!!

タコ:(ピコーン!)わ、私はですね、

サメ:「蛸ツボ」って言ったら喰う。

タコ:しゅん・・・

イカ:(タコが入らなかった蛸壺に入り、スミを噴射して真っ黒になって出てくる)ゴホゴホッ。

サメ:お前は何がしたかったんだよ!!もう!!みんな欲しがりすぎるわ!!

イソ:そうだ!蛸壺にフジツボの死骸を詰めて、それを陸上へ投げてやれば良いんでなーい?

サメ:さながら手榴弾!!斬新なアイディアだけど、どうやって投げるのよ。

イソ:昔、水族館から拉致されてた時、アシカがボールを器用に操ってたのを見たことある。

サメ:なるほど、それなら不可能なこともないな。
   てかイソギンチャクさんの隠れた過去が明らかに!!

イソ:あれは地獄だった・・・毎日同じ場所でグータラさせられるなんて・・・!

サメ:あれ、今とあまり変わってない。てことは今も地獄か。

イソ:地獄みたいな生活のせいで最近抜け触手がひどい。

サメ:抜け毛みたいに!!ストレスだいぶ溜まってるよ!!ヘッドスパしたら?

謎の手:(手をワキュワキュしながらイソギンチャクに近づく)

イソ:キャーーーッ!!(手を刺す)

謎の手:ぐあああああっ!!刺されたクマーーーっ!!死んじゃうクマーーーっ!!(死亡)

サメ:クマさんの手だったんだね・・・川でサケでも獲ってたらこんなことには・・・
   抜け触手が不安なら自宅でもヘッドスパできる製品があるよ。これなんてどう?

(ヘッドスパの容器を開けた途端、溶液が海水に混じって消えていく)

イソ:・・・・・・

サメ:・・・・・・ごめん。
   そ、そうだ、アシカさんに手榴弾のお願いをしなきゃ!

アシカ:引き受けてやるから魚食わせろクマーーーっ!!

サメ:なんでお前も語尾がクマなんだよいい加減にしろ!!そして魚を要求するな!!

イソ:これでなんとか(イカとタコを差し出す)

アシカ:バクバクバク・・・

サメ:イカさんタコさん・・・ああ、こんなクソ集会に来たばっかりに・・・

イソ:イカさんは生かさん。

サメ:クッソつまんねえ0点!!不謹慎すぎて0点!!

フジツボ:ハッハッハァーーーッ!!くそおもろいわー!!

サメ:そういやいたな笑いのツボがゆるい奴!!笑いの不死ツボだよ!!・・・・・・勢いで言ったけど、よくわかんなかったすまん!!

イソ:もうタコさん(たくさん)だぁ。

サメ:ちょっと無理がッ!!

フジツボ:・・・・・・

イソ:しょぼぼーん。

サメ:さすがにこれはフジツボも受け付けなかったか!!
   そろそろ話を戻そうよ。アシカさんにくっさい爆弾を運んでもらう、ってことでいいのね?

アシカ:O.K.

イソ:爆弾ももう準備できてるよ。アシカさん、明日の朝早くにでも急襲してよ。

アシカ:K.O.

サメ:わーおノックアウト宣言!!まあこれで陸上の動物も少しは反省するかな・・・?アシカさんよろしくね!

アシカ改めオットセイ:実はオットセイ。

サメ:ごめんなさい!!!!!最初の最初からずっと間違えてた!!

イソ:これはすまぬワイフセイさん。

サメ:おまえ悪いと思ってねえだろ!!コッテコテのボケ入れやがって!!

フジツボ:(すでに帰宅)

サメ:ほら笑い声担当も帰っちゃってる!!静寂の中に怒号だけが響いてるよ!!

オットセイ:私はイソギンチャクが、好物。

イソ:やめてえええええ!!(クマノミが新しい物件を探しに行く)
   クマノミも置いてかんといてえええええ!!物件って言うのやめてえええええ!!

サメ:ま、まあイソギンチャクも反省してるみたいなんで、ここはオットセイさんひとつよろしくお願いします。

オットセイ:フジツボのくっさい爆弾はどこへ持っていけば?

サメ:とりあえずは近場の漁港とかでいいんじゃないでしょうか。

オットセイ:築地行くか築地。顔だしたり寝そべってるだけで食べ物貰えるし。
      築地のアシちゃんって呼ばれてるんだよ。

サメ:ここでもアシカと間違えられてる!?

オットセイ:ニンゲンどもめ、名前を間違えた罪は重い・・・

イソ:ではフジツボ爆弾をうまいこと渡してきてくれ。(クマノミに代わるおさかなさん募集、でやってきたコバンザメに触手を齧られながら)





***築地新聞 号外 アシちゃんからのプレゼント!?***
本日未明、アシカのアシちゃんから珍妙なツボが桟橋に届けられた。
中は薄汚れていたものの洗浄し専門家に見せた結果、太古の貴重なツボであることが判明。
海底に沈んでいたとみられる太古のツボがほとんど傷無く残っているのは奇跡とのこと。
こんなツボを届けてくれたアシちゃんはというと、今日も水面に顔を出し魚をおねだりして
漁師さんをたのしく可笑しく困らせるのであった。
漁師さんの話「定置アミに絡まっちゃったイソギンチャクがアシちゃんのお気に入りなんだべ」













E−3
エントリーNo.033
安物鬼

コント:新・耳なし芳一の物語
和尚:しまった、般若心経とまちがえて渾身のエロ小説を書いてしまった。

芳一:おい。

和尚:渾身のじゃ!筆が、たぎった。

芳一:なんてこった書いてる内容をちゃんと確認しとけばよかった・・・
   腕にはえーと、“男は言った「マラがムラムラする」女がそれに返す「モラルのないマラなんてメラメラ燃やすわ」”

和尚:なんかリズム良くない?そこ。

芳一:ラ多いな読みづらい事この上なし。

和尚:しかし困った、これでは怨霊に見つかってしまう。

芳一:まあ今回も怨霊の言うことを聞いて琵琶を演奏すれば問題ないでしょう。

和尚:夜中までまだ時間があるし、書き直そうかの?

芳一:書き直す時間は無いでしょうけど、とりあえず全部消せ。

和尚:嫌じゃ!力作じゃ!せめて写本してから・・・

芳一:オウいきなりよくここまで書けたな!いいから消せ!

怨霊:ちょっと早いけど、来ちゃった(ハート)。

芳一:ほらー怨霊来ちゃったじゃん今日早いなまだ夕方!せめて日が暮れてから来いよ!

怨霊:え?ホラー?確かにホラーですけど和製なんでニュアンス違う。

芳一:どうでもいいとこ喰いつかれた耳喰いつけ耳!嫌だけど!!

和尚:怨霊こっちへ来い、渾身のエロ小説読んでいかんか?

怨霊:え、えっちなのはチョット・・・

芳一:怨霊ピュアピュアだな!世に未練があるとは思えない!

怨霊:でもせっかく書いていただいたのを全く読まずして帰るのは
   申し訳ないというかむしろ失礼にあたるし心を滅却して読めば
   全くいやらしいこともないからこれを修業とし身の成就を・・・

芳一:ムッツリ助兵衛だった!身を成就する前に成仏しろ!

和尚:背中からお尻にかけてプロローグ、両乳首からアホほどデカいマラにかけて第1章じゃ!

芳一:書く場所!!

怨霊:うわあこれは女の子だったらきっと恐怖を覚えるサイズだなあ・・・
   煩悩まみれだよこのマラ。

芳一:うるせえうるせえ!!デカマラでいいじゃないか使ったためしは無いけど!新品であり珍品だわチクショー!

和尚:コレ、芳一。叫ぶとみんなの注目を浴びてしまうぞい。

通りすがりの田植え女:ヒッ!!雑念巨根坊主怖い!!

芳一:あ、いやちょっと、コレはですね・・・

通りすがりの女旅芸者:キャアアアアアッ!!変態マラ仮面!!

芳一:仮面付けてねえわ!変態でもねえわ今は説得力無いかもしれないけど!

出勤前の厚化粧オカマ:あら、やだ。あらあらあら。あらあ?

芳一:やめて!じっくり見んといて!興味持たずにさっさと陰間茶屋に行けや!

怨霊:怖いのはいつの時代も人間である。

芳一:まったくだよもう!こういう時に限っていろんな人が通りかかるし!

怨霊:あの、ところで和尚様、このお話の続きは・・・

和尚:第2章以降はまた明日じゃグヘヘヘヘ!

怨霊:明日も来るよ!

芳一:いや来るなよ!和尚も呼び込むようなことやめろ!

和尚:2章では助兵衛椅子を使っての浴場マッサージ編じゃ!

怨霊:やああああん!

芳一:スケベ椅子ってこの時代からあったの!?さも後世を生きた人間風ツッコミしちゃったけど。

和尚:どれ、芳一よ背中を出すのじゃ、第2章、最初の数文だけ先行公開じゃ。

芳一:俺の背中に書くなよ!最初から紙に書けばいいじゃないか!

怨霊:あわわ神怖い!天罰怖い!

芳一:そっちのカミじゃねえわ!もういっそのこと神に浄化されちまえ!

神様:呼んだかな?

和尚:ああっ!あなた様は!

怨霊:うぎゃあああああっ!!

神様:さよう、私こそがババ抜きの神である。浄化の力は、持ってない。

怨霊:ホッ。

芳一:出たな役立たず!ババ抜きの神て。

神様:私の力を使えば誰がババを持っているのかわかるようになるぞ。

芳一:浄化の力を期待したけどこの神様が持ってるのってジョーカーの力なんだよなあ・・・

神様:ではこうしよう。みんなでババ抜きをしようではないか、負けたやつがエロ小説用の原稿用紙を買いに行く、と。

芳一:神様が圧倒的に有利だし、てめえも読みたいのかよ!

神様:読みたいのではない、続きが気になるのだ。神の探求だ。

芳一:なんかもっともらしいこと言い出した!結果読むんだろうがよ!

神様:細かいことはどうでもいい、さあ始めようではないか神の遊戯を!

芳一:これまでババ抜きって言ってたろ・・・神の遊戯・・・・・・??





和尚:ほい1あがり。

神様:ほう、この神を差し置いて。さすがは仏僧、心頭滅却で気を読んだのだな。





怨霊:2あがりです。

神様:ほ、ほう、この神を差し置いて。生前は立派な人間だったに違いない、強い魂を持っておる。





芳一:はい、3あがりです。えーと、神様?

神様:ぐぬぬ・・・

芳一:ねえなんで!?なんでババ抜きの神様が負けるん!?
   ババ抜きぐらいしか取り柄が無いのに、なんで!?

神様:誰がジョーカーを持っているかはわかるのだが、どのトランプがジョーカーなのかは分からん。

芳一:それって意味なくね!?結局は運勝負ってことでしょ!?

神様:私ってほら、毎月付与される運をその日のうちに使っちゃうタイプだから。

芳一:知らないよそんなこと!てか運って毎月付与されるものなんだ知らなかった。貯めとこう。

神様:みんなたくさん運を貯め込んでるね〜芳一君は運の器ちっちゃいから微塵にも貯まってないけど。それじゃ。(シューン・・・)

芳一:けっこう衝撃的な事実を伝えて糞神消えやがった!原稿用紙の調達そんなに嫌かね!

和尚:こうなっては仕方ない、芳一よ、まっことしのびないがやはり背中に書くしかない。

芳一:しのびなくないよ!寺の壁にでも書いて後世までの恥となれバカヤロー!
   怨霊ももう帰れ!成仏しろ成仏!

怨霊:エロ小説の未練たらたら。

芳一:そんなもん未練にすんな!今日はもう解散ッ!!










芳一:和尚、今日こそ般若心経を書いて怨霊から守ってください。

和尚:あの怨霊は良い怨霊かもしれないぞい。

芳一:良い奴だったら怨霊なんかにならずスマートに成仏すんじゃボケ!この、ぼけじじい!

和尚:そういうどストレートな罵声は腰に響くのう・・・

芳一:それ年のせいだわ!心に響けよ!・・・・・・心には響かねえのかよ!!

和尚:腰が痛いと買い物も大変になるのう・・・
   えーと、今日買うのはジャガイモ(サラサラ)、ニンジン(サラサラ)、豚肉(サラサラ)、タマネギ(サラサラ)・・・

芳一:あっ!!てめえ買い物メモを背中に書いただろ!!

和尚:いいこと思いついた!芳一よ、このままの格好で“すうぱあまあけっと”に行ってくるのじゃ!

芳一:バカか俺は!!はじめてのおつかいじゃないんだぞ!メモ紙使うよ!いやメモしなくても覚えてるわ!!
   たかだかカレーの材料でしょうが!

和尚:いや、酢豚なんじゃが。

芳一:マジで!?絶対にカレーもしくはシチューかと思った!・・・ジャガイモ!?

和尚:ワシの作る酢豚にはジャガイモ入るぞい。

芳一:へ、へーそうなんですか・・・グヨグヨに溶けて気持ち悪そう。
   まあ作り方は人それぞれですからね、それよりも買い物メモ消して般若心経を・・・

怨霊:・・・・・来ちゃった(ハート)。

芳一:言ってるそばから!!そしてなんで彼女みたいな登場の仕方するの!?

怨霊:あれっ、このメモ・・・なるほど、今夜は酢豚でしょ?

和尚:ほっほっほ、正解じゃ。

芳一:え!?酢豚にジャガイモって割とメジャーな感じ!?全然知らなかった!

怨霊:ジャガイモが入ると食感がモサモサして美味しくなるよ。

芳一:美味しそうな食感じゃないのは置いとくわもう!
   ほらー和尚が変なメモ書いてるうちに怨霊来ちゃったじゃん。
   大丈夫?耳喰わない?

怨霊:え?ミミガー?そうだねぇビール飲みながら食べたい。

芳一:すさまじい親父臭やめろ!
   ミミガーじゃなくて耳!俺の両耳!引き千切ったり食べたりしないよね!?

怨霊:芳一さんって、目が見えないから自分の耳がどうなってるかわからないんだよね・・・
   とても・・・喰えたものじゃないよ・・・こんな食べたら地縛霊になっちゃう。

芳一:すげえ言われ様!!そんなにひどい耳なんですか和尚!?

和尚:ずっと隠してきて、でもいつかは言わねばなるまいと思っていたんじゃが・・・
   正直ワシも触りたくない。

芳一:マジで・・・ショックだわ。ど、どんな形の耳なんですかね?

怨霊:バケモンみたい。

和尚:エジプトみたい。

芳一:ううん!!方向性違いすぎる!!バケモンみたいっていうのはまあわかるけど、いや怨霊に言われるの屈辱!
   問題は和尚の!エジプトみたいってなんだよ!ぼけじじい!

和尚:いや、ジャガイモとかニンジンとかピラミッドみたいに三角に切って、

芳一:誰がいつ酢豚の話したよボケエエエエッ!!!!!話の流れ的に耳の形状だろうが!!!!!

和尚:み、耳か。そうじゃのぅ下品な形をしておる。じゃが福耳だの。

芳一:全然福を感じられないよ!下品ってどんな形だよ!
   もういっそのこと切り落としてくれ・・・

怨霊:ほ、芳一さんの魅力は耳なんかじゃなくて琵琶の弾き語りなんだから、気を落とさずに。
   そうだ!本来の目的である弾き語りをお願いしますよ。平家物語の中でも壇ノ浦の戦いのとこ。

芳一:怨霊に励まされてしまった・・・演奏するから、演奏し終わったら耳を喰ってけ。ベン!ベン!ベン!・・・

怨霊:おおぅいつにも増して力強い響きだこと。

芳一:ベンベケベン!ベンベケベン!はーどっこいしょォ!

和尚:力強いというか、やけくそ感がするわい。ソーラン節?

怨霊:でもこの力強い響き、成仏しそうあーこれは成仏するわあー清らか。(シューン・・・)

芳一:ゼェ・・・ゼェ・・・ほら弾いてやったぞ怨霊!耳引き千切れ!

和尚:成仏したぞい。

芳一:ンアーーーーーッ!!!!!なんでこんなにも裏目裏目に!!!!!





神様:ほら、やっぱ運が無い。













E−4
エントリーNo.064
血華美人は愛の華

あの日来た女の名前を僕達はまだ知らない
キヨミ:……牛肉、ネギ、しいたけ、白滝、豆腐……盗った品物はこれで全部……?

翔太郎:そうだよ、見りゃわかんだろ刑事さんよ。

キヨミ:店長だよ。何の国家権力も持ってないスーパーの店長だよ。
    ていうか初めてだよ……万引きした商品だけで鍋作ろうとしたチャレンジャー……。

翔太郎:ただの鍋じゃねぇよ、キムチ鍋だよ。(スーパーの袋からキムチ鍋の素を取り出す)

キヨミ:素だけは普通に買ってんだ!?こんなにごっそりいっといて!

翔太郎:何か買っとかないと罪悪感で悪夢見るんだよ。

キヨミ:じゃあ盗むなよ!悪夢に苛まれるほど後悔してるなら盗むなよ!!

翔太郎:こないだなんかエバラのロゴに触手が生えて東京を滅ぼす夢見ちゃってな。

キヨミ:すげぇ精神状態だね!?ていうかこないだって、あんた常習犯!?

翔太郎:しかしキムチ鍋の素を定価で買った途端、エバラのロゴに触手が生えて東京中のゴミを拾う夢に変わったんだ。

キヨミ:絵面変わってないよ!相も変わらず東京は触手の海の中だよ!

翔太郎:まぁ、そういうわけだから。今回の万引きは勘弁してください。

キヨミ:どういうわけ!?私アンタのナイトメアの話しか聞いてないんだけど!?

翔太郎:頼むよー、ウチで待つ4人の弟がキムチ鍋を欲してんだよー。

キヨミ:知らないよ!アンタの食卓事情知らないよ!

翔太郎:2年前に父ちゃんがトンボ追っかけて失踪して以来、俺が父親代わりなんだよ。

キヨミ:なんだその無邪気な失踪!
    ていうかアンタ高校生でしょ?万引きは犯罪だって習わなかったの!?

翔太郎:習ったよ、江戸時代の辺りで習ったよ。

キヨミ:日本史なの!? 私はてっきり道徳の管轄内かと!

翔太郎:アレだよな?ザビエルはキリスト教と万引きを伝来したんだよな?

キヨミ:するか!ザビエルそんなたちの悪いこと持ち込んでないわ!

翔太郎:まぁそんなわけだから、今回の万引きと今月の学費未払いは勘弁してください。

キヨミ:後者は学校に言えよ!!はぁ……アンタ全く反省してないみたいだね……。

翔太郎:反省してるよ。あの時俺が止めていればあの事故は……!!

キヨミ:何を反省してんの!?無関係のトラウマはしまっておいてよ!
    もういいよ、家に連絡するから。家の番号教えなさい。

翔太郎:206号室。

キヨミ:部屋番号聞いてないわ!アンタのアパートに押しかけるつもり無いわ!

翔太郎:狭いアパートで弟達とむさ苦しく鍋をつつく俺の気持ちがわかるか!

キヨミ:わかりたくもないよ!いいから、この紙に家の電話番号書いて!

翔太郎:へいへい……ほら、これでいいんだろ警視総監さんよ。

キヨミ:店長だっつーの。何で出世してんのよ……。(ピポパピポパ)

翔太郎:あ、多分今の時間帯なら発明家志望のニートの次男が出ると思うぞ。

キヨミ:いらん情報いれてこないで!とりあえず黙ってて!(プルル、プルル)

翔太郎:チッ……やっぱネギも定価で買った方が良かったか……。

キヨミ:あ、もしもし。私、ジェロニモマートの店長の山石と申します。
    はい、実はお宅の翔太郎君がですね、当店で万引きをしまして。はい。

翔太郎:待てよ?だったら逆にキムチ鍋の素以外全部定価で買えばいいのか?

キヨミ:ええ、はい。全然反省してなくて。あ、いや、鍋の話は本人から聞きました。
    ええ、わかりました、お待ちしております。(ピッ)

翔太郎:いや、そんなことしたらキムチまみれのゾンビに江東区を埋め尽くされる夢を見る……。

キヨミ:何ブツブツ言ってんの!?電話中邪魔で仕方なかったんだけど!

翔太郎:うわっ!キムチゾンビだ!!

キヨミ:店長さんですけど!?何と間違ってくれてんの!?

翔太郎:そんなこと言って油断させて、俺をエバラの正社員にするつもりだろ!

キヨミ:どうしちゃったの!?私が電話してる間に何があったの!?
    とにかく!今家に電話したから、もうすぐお母さん来てくれるから。

翔太郎:………は?何言ってんだよ大統領……。

キヨミ:もう出世のレベルじゃないね。いや、お母さん来てくれるって……。

翔太郎:俺んち……母ちゃん、いねぇぞ………?

キヨミ:………。
    …………。
    ……………。





    ……………うぇ?

翔太郎:母ちゃんは3年前、珍しい蝶を追っかけて、崖に落ちてそれっきりだよ……。

キヨミ:似たもの夫婦……う、ウソだよね!?作り話だよね!?
    あははやーめーてーよーしーばーくーぞー……。

翔太郎:ウソじゃねぇよ!!俺が母ちゃんを止めてりゃあんな事故は……!!

キヨミ:さっきのトラウマそれ!?いや待ってよ、確かに女の人の声だったよ!?お姉さん!?

翔太郎:俺んちは男兄弟だよ!俺以外全員平泉成みたいな声だよ!

キヨミ:極端!!ちょっと待ってよ……じゃ、じゃあ今から来るのって……。

翔太郎:……………。

キヨミ:……………誰……?

翔太郎:誰だぁぁぁぁぁ―――――――――――っ!!!
    俺んちに勝手に上がり込んだのは誰だぁぁぁぁぁ―――――――っ!!!
    もうすぐここに来るのはだぁぁぁれだぁぁぁぁぁ――――――――っ!!!

キヨミ:(ぴんぽんぱんぽーん)
    従業員に告ぐ従業員に告ぐ!!!
    今すぐ全ての入口を封鎖せよぉ!!特に女性客を絶対に入れるなぁぁぁぁぁっ!!!

翔太郎:どうしよう人事部長、誰が来るんだよ人事部長!助けてくれよ人事部長!

キヨミ:落ち着いて!?そして私を店長と呼んで!?

翔太郎:何で知らん女が電話出てんの!?それどころか何で俺を引き取りに来んの!?

キヨミ:しかも弟達が鍋心待ちにしてることも知ってたよ!?筒抜けだよ、盗聴とかされてるよ!?

翔太郎:何故だ、今夜鍋をやることは絶対極秘のはずなのに……!!

キヨミ:機密みたいに言うな!そんな隠すことでもないでしょう!

翔太郎:そうだ、次男は家にいるはずの次男は!?
    「兄ちゃん、ボク絶対二次元に入れる機械作るブヒ」が口癖の次男はどうなった!?

キヨミ:ダメなヤツだ!それを平泉成ボイスで聞きたくない!

翔太郎:ま、まさか次男、謎の女によって、キムチゾンビに!?

キヨミ:それは絶対無い!それだけは無いから落ち着こう!

翔太郎:そんで今頃次男の手によって、他の兄弟もキムチゾンビに!

キヨミ:妄想癖治そうよ!妄想癖と盗癖を治すべきだよ!

翔太郎:5股かけてる三男も、暴走族の四男も、毒蛇を飼い慣らしてる五男も!

キヨミ:ろくな奴いねぇな!そりゃそうか長男万引き常習犯だもんね!

翔太郎:ハッ!まさか五男の毒蛇が人間に変身!?

キヨミ:マジで落ち着こう!妄想通り越して物語が繰り広げられている!

翔太郎:どうしよう酋長、俺兄弟が心配だよ酋長!

キヨミ:うん、もう私は店長と呼ばれることを諦めるわ!
    落ち着いて、今は下手に外に出ると危ない!

翔太郎:そうか、今東京はエバラの触手に埋め尽くされてるから……。

キヨミ:いい加減落ち着けや!!謎の女と出くわすかもしれないから危ないの!
    とにかく、出入り口は封鎖したから、店内にいれば安全だから……。

(ドンドン、ドンドン!)

キヨミ:らぐっ!?

みるく:ふぇあっ!?

(すいません、万引きした音無翔太郎を引き取りに来ました!開けてください!)

翔太郎:ききき来たぞ一日署長ー!謎の女がドアを叩いてるぞ一日署長ーっ!

キヨミ:ななな何故!?従業員がバリケードを張り巡らせているはず!!

(安心してください、従業員は眠っているだけです!)

キヨミ:何してんの!?やばいよ、相手は武力を所持してるよ!!

(とにかく開けてください!従業員が二度と目覚めなくてもいいんですか!?)

キヨミ:怖ーいよぉーっ!!スタッフ一同の命が私に託されたよぉーっ!!

翔太郎:……あれ……?

(開けて、開けてください!ドンドン!サスサス、サスサスサス!)

翔太郎:……もしかして……機長、なぁ機長……。

キヨミ:すげぇドアさすってる……ちょ、どうしたの万引き少年……。

翔太郎:この声……母ちゃんかもしれない……!!

キヨミ:嘘ぉ!?え、マジで!?崖に落っこちてそれっきりだったお母ちゃん!?

翔太郎:ああ、この座敷わらしみたいな声、聞き覚えがある!

キヨミ:よくわかんないよ!座敷わらしの声とかイメージ出来ないよ!
    で、でもお母さんが生きてたんだとしたら、全てのつじつまが合う……。

翔太郎:あぁ……母ちゃんは睡眠ガス開発が趣味だったし……。

キヨミ:ろくでなしだ!!アンタらのデンジャラス遺伝子は母譲りだったんだ!!

翔太郎:だから、本当に母ちゃんだとしたら……会いたい……!!

キヨミ:……万引き野郎……。

(サスサス、開けて、開けて翔太郎!サスサスペロペロ、ペロペロペロペロ!!)

キヨミ:めっちゃドア舐めてる……じゃ、じゃあ……開けていい……?

翔太郎:ああ……頼むよ、こども店長……!!

キヨミ:惜しい、余計なの付いた……じゃあ、開けるよ……!!

翔太郎:(ゴクリ)



(ガチャ)



キヨミ:………。

翔太郎:………。

みるく:(ダダッ)ハァハァ……何で万引きなんてしたの、翔太郎……!!

キヨミ:………。(チラリ)

翔太郎:………。(ニッコリ)

    ………誰だよ………。

キヨミ:誰だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ―――――――――――――――っ!!!!!
    お前は一体誰なんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ―――――――――――――――――――っ!!!!!

翔太郎:知らねえよ、こんなヤツ知らねえよ……!!
    俺の母ちゃんはもっとピーター・アーツみたいな顔してんだよ……!!

キヨミ:パンチ効いてんな母ちゃん!ちょっと、誰!?アンタこいつの母ちゃんじゃないでしょ!?

みるく:アンタ何で万引きなんかしたの!高校生にもなって、恥ずかしくないの!?

キヨミ:こいつ全然話聞かないよーっ!!得体が全く知れないよーっ!!

みるく:高校生にもなって万引きだなんて……バカタレ!!(ばしーん)

翔太郎:ギャース!!(バターン)

キヨミ:ちょちょちょ!何殴ってんの!?知らない人が殴るとかもう通り魔の域だよ!?

みるく:どいてください、どいてください係長さん!!

キヨミ:アンタも店長って呼ばないのかよ!店長としての自信が喪失されてきたよ!!

みるく:言ってダメなら殴るしかないんです、これが音無家のやり方なんです!!

キヨミ:アンタ音無家の人間じゃないだろ!ただの喧嘩っぱやい不審者だよ!!
    てか万引き、大丈夫!?さっきぶん殴られてから倒れっぱだよ!?

翔太郎:へ、へへへ……!!あんなところに珍しい柄のカマキリが……!!(ブルブル)

キヨミ:恐怖のあまり幻覚を見てる!現実に戻ってきて、私を残して逃避しないで!?

翔太郎:ハッ、貴様エバラの回し者か!?ナメるな、東京は俺とカマキリが守る!!

キヨミ:しっかりしろぉ!!アンタがパニクってどうする、長男でしょ!?

翔太郎:ハッ!そうだ、俺が家計を支えないといけないんだ、毒蛇のエサ代を捻出しないといけないんだ!

キヨミ:それは五男にやらせろよ!アンタが支えてやる義務は無いよ!

翔太郎:ムリだよ、五男はまだ5歳だもん!

キヨミ:末恐ろしいな五男!?そんなことよりこの女だよ、アンタのこと知り尽くしてるよ!?

翔太郎:そ、そうだ!誰だお前、何で俺んちにいたんだよ!!

みるく:私情けないよ、何でこんな子になっちゃったのか……!!

キヨミ:相変わらず話聞かないな!もはや同じ人間なのかな!?

翔太郎:お前泥棒か!?それともストーカーか、まさかキムチゾンビか!?

みるく:万引きはれっきとした犯罪だって、ザビエルのくだりで習ったでしょ!?

キヨミ:同じ教育を受けてるよーっ!!同じ教科書を使ってるよーっ!!

翔太郎:大体何で来たんだよ、知らない人が来るとかオフ会じゃねぇんだから!!

みるく:そんなに万引きばっかしてると、エバラのマークにフランケンシュタインにされちゃうわよ!?

キヨミ:こいつ本当にお母さんじゃないの!?一致度が並々ならないんだけど!!

翔太郎:ていうか、次男はどうした!?家に引きこもってブヒブヒ言ってた次男はどうなった!?

みるく:………。

翔太郎:………。

キヨミ:………。

みるく:………。

翔太郎:………。

キヨミ:………。

みるく:………ニヤリ。

翔太郎:じなぁぁぁぁぁ――――――――――ん!!!
    じなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ――――――――――ん!!!

キヨミ:お前何したぁーっ!!見ず知らずの次男に何やらかしたぁーっ!!!

みるく:次男は、私の中に生き続けています。

翔太郎:食べちゃったの!?お前次男食っちゃったの、そういう生き物なの!?

キヨミ:私は一体何を招き入れてしまったんだ!!何を呼び寄せてしまったんだ!!

みるく:とにかく続きは家で話すから!本日は失礼しました!(がしっ)

翔太郎:捕まったー!!助けてアナウンス室長、食べられちゃうよアナウンス室長ぉーっ!!

キヨミ:店長ヒップアタック!!(どーん)

みるく:あんぎらっ!!(ばたーん)

翔太郎:!! マーケティング部長!!

キヨミ:そこから流れるような店長ホールド!!(がしっ)
    早く逃げなさい!!私がコイツに店長ホールドをぶちかましてる間に逃げなさい!!

翔太郎:こ、コートジボワール工場長……!!

キヨミ:もう私の肩書きどうなっちゃってんのよ!聞いたことない役職だよ!!良いから早く……。

みるく:(ジタバタ)
    ちょ、離してください!アナタも私の中で生き続けたいんですか!?

キヨミ:めっちゃ怖い!!いいから早く!餞別としてキムチ鍋の材料持ってきな!

翔太郎:あ、ありがとうクラリネット長!絶対美味しいキムチ鍋を作るからな!!!(ダッ)

キヨミ:知らんわ!あと最後くらい店長って呼んでいけや!!

みるく:ま、待ちなさい翔太郎!! ……。

キヨミ:さーて、絶対離さないからね……今すぐ店長シャイニングウィザードを喰らわせて……!!

みるく:必殺!麻酔針エルボー!(どしゅっ)

キヨミ:ぐへあ!か、体が痺れて……!!

みるく:どうです、動けないでしょう?五男の毒蛇の毒を塗ったんですよ。

キヨミ:い、いつそんなのを仕込む時間があったんだ……私を食ったとしても本社からフロアマネージャーが……!!

みるく:フッ、安心してください……アナタも次男も食べたりしませんよ……。

キヨミ:ハ……!?じゃ、じゃあ次男は一体……!!

みるく:必殺!!眠り薬エルボー!!

キヨミ:ぐへあ!!ど、どんだけ肘に針仕込んでんだ……!!ね、眠い……!!

みるく:安心してください、1時間ほどで目覚めます……。
    それまで雪印乳業のロゴにキャタピラが生える夢でも見ていてください……。

キヨミ:ど、どんな夢や……ねーん……!!(がくっ)

みるく:ふぅ……やりすぎちゃったかな……驚かせるだけのつもりだったけど……。
    でもせっかく好きな姿に変身する発明が出来たんだから、遊ばなきゃ損だよな……後でフォローしよう……。
    よっし、今度は絶対二次元に飛び込める発明を作るブヒーっ!














E−5
エントリーNo.012
優しい朝の光に包まれて

コント/社会底辺クズキング
木下:わーい、大型デパートに来たはいいものの子供独特の方向感覚のせいで
   お父さんとはぐれてしまったぞー!
   うーん・・・ここはどこだー?
   ・・・あ、ゲームセンターがあるぞ!あそこで遊んでいこう!略してあそあそ!



   ・・・うーん色々あって何するか迷うなー・・・
   ・・・・・・あっ、これ面白そう!「社会底辺クズキング」!
   でも、どうやって遊ぶのか分からないなー・・・

筐体:あっはっはっ!君はこのクズキングで遊びたいんだね!?

木下:わあ!筐体がしゃべった!
   
筐体:では、私が遊び方を説明してあげよう!
   申し遅れました私、筐体の山田です。

木下:筐体がまぁご丁寧にどうも!

山田:数年前にこのデパートの偉い人に筐体に閉じ込められて以来ずっとここで
   説明をしているから、私の説明を聞けば完璧だ!

木下:あ、これ本当に中に人が入ってるんだ!?
   中の人という表現は聞いたことあるけど、ここまでしっくりくることもないね!

山田:と、まぁ私の身の上話はここまでだ。
   あんまり喋りすぎると、偉い人に筐体をシェイクされてしまうからね。

木下:結構きついね!狭いところならなおさら!

山田:さて、説明を始めよう。
   まずはじめに、このゲームで遊ぶときにはお金が必要だ。
   1プレイ100円、ちゃんと持っているかな?

木下:100円玉だけで17枚はあるよ。

山田:それはジャラジャラして仕方ないね。
   しかし、お金があるなら遊ぶことができるぞ。
   このゲームは、路頭に迷った大人の路地裏での喧嘩を楽しむゲームだよ。

木下:すごく楽しそう!

山田:まず、100円を入れると筐体から「クズカード」「土下座カード」「借金手形」の内どれか1枚が出てくるぞ。

木下:わぁ、借金手形だけすごくリアルー

山田:それぞれの説明をするね。
   まずは「クズカード」
   これは、このゲームの主役、いわば路頭に迷った大人のカードだよ。
   ちなみにこのカードに記載されているクズは実在のクズだよ。
   カードに記されている情報は3つ「名前」「年齢」「借金額」
   この「年齢」が高いほど先手を取りやすく「借金額」が膨れ上がっていれば膨れ上がっているほどクズパワーに満ち溢れていて有利だぞ。

木下:人生にはだいぶ不利なのにね!

山田:そして「土下座カード」これはムシキングで言うところの「技カード」だよ。

木下:せっかく触れないでいてあげたのにムシキングで言うところのってやめぇや

山田:これは、クズに土下座を覚えさせることが出来るカードだよ。
   クズキングではこの、土下座を駆使して戦うんだ。

木下:大人と大人が路地裏で土下座合戦するのかートラウマになりそうだなー。

山田:この土下座には3種類のタイプがあって・・・

木下:土下座のタイプにバリエーションのあるクズ嫌だな

山田:「パワータイプ土下座」「テクニックタイプ土下座」「スピードタイプ土下座」があるぞ。
   ちなみにどのタイプがどのタイプに強いとかは無いから、ただの装飾だと思ってくれればいいよ。

木下:まぁ、確かにどの土下座がどの土下座に強いかとかは興味ないからね

山田:そして「借金手形」これは、なかなか出てこないレアカードだ!

木下:そんなバカな

山田:スキャンすることで、クズの借金を増やすことが出来るからクズパワーを増強できるんだ!

木下:すごく単純にかわいそうだよ、子供でも分かるくらいかわいそうだよ。

山田:ちなみにこの「借金手形」持ってる一種類につき一回を好きなだけスキャンできるから
   たくさん集めてどんどんスキャンしよう!

木下:鬼のようなシステムだね、借金は計画的にしなきゃいけないことがよく分かるけど。

山田:とりあえず、簡単な説明はここまでにして、対戦の仕方はチュートリアルモードで一緒に覚えていこう。
   チュートリアルモードをはじめる場合は100円を入れてね。

木下:(100円投入)

山田:さぁ、チュートリアルモードをはじめよう。
   まず最初にカードが出てくるよ。



種類「クズカード」
名前「水山裕次郎」
年齢「19歳」
借金「23万」




木下:わぁ、結構若い人出てきた。怖い。

山田:まず、「クズカード」を持っている場合はスキャンしてね。
   もっていない場合は、こちらでクズを見繕うよ。

木下:もう少し言い方あったでしょ。
   まぁ、いっか今出た水山さんをスキャン!



水山「友人にちょっとずつお金を借りたらだんだんシャレにならない金額になってきました」



木下:クズもしゃべるんだ!そんで、計23万は確かにシャレにならないね!

山田:次に「土下座カード」を持っている場合はスキャンしてね。
   もっていない場合は、ランダムで土下座を習得させるよ。

木下:19歳にして真剣に土下座をすることになるのかこの人は・・・。
   でも、持ってないから・・・「おまかせ」っと・・・

山田:それでは3種類の土下座をランダムに覚えさせるよ!




パワー  「燃え土下座」
テクニック「乗り土下座」
スピード 「土下座ソニック」




木下:なんだこのカオスな土下座たちは!?
   まず、いきなり燃え土下座って過激すぎるよ!衝撃映像じゃんか!
   そんで、乗り土下座はどういう状況か分かりづらいよ!
   土下座ソニックはもうふざけてるとしか思えないよ!!

山田:さらに今回は、チュートリアルモードの特別ボーナスと言うことで
   彼の借金を倍にするよ!46万の借金だよ!やったね!

木下:確かに僕的には有利なんだけど、19歳の人生がどんどん狂っていくよ!?

山田:それじゃあ早速対戦してみよう!




チュートリアルモード 1st STAGE

名前「吉田太郎」
年齢「38歳」
借金「20万」

吉田:パチンコでゆっくりとお金が消えてこうなりました!

Fight!




木下:わあ、結構リアルなクズが出てきた。
   でも負けないぞ、こっちのクズは倍以上の借金があるんだ!
   ・・・だめだ、出来るだけノリノリで行こうと思ったけど如何せんワクワクしない!




先手、吉田太郎『寿司土下座』


    【トロ】
    【吉田】<許してください




山田:寿司土下座、テクニックタイプの技だね!
   自分が土下座した上に、刺身を乗せる上級土下座だよ!

木下:ただただ悪ふざけしてるだけにしか見えないよ!
   仮装大賞に出てくる子供でももっとがんばるよ!?

山田:さぁ、こっちの技を選ぼう。
   特に有利不利はないから適当にちゃちゃっと選ぼう。

木下:それ大前提ゲームとしてどうなんだよ!
   もういいか・・・じゃあ一番どうするのか分からない『乗り土下座』だ!行け水山!




後手、水山裕次郎『乗り土下座』


      川
    【水山】<許してください
    【トロ】
    【吉田】<許してください




木下:うわあなんだこの状況!
   乗るってそういうことか!
   土下座がトロをはさんでるよ!トロが一番かわいそうだよ!




先手、吉田太郎『揺れ土下座』


     【水山】<許してください
     【トロ】
    ))【吉田】( <ゆぅるぅしてくださぁあああぁあぁぁ




木下:土下座したまま揺れだした!気持ち悪い何この絵面!!

山田:このままでは水山が落ちてしまうぞ!
   一気に攻めにかかろう!

木下:攻めにかかるって言ったって・・・あっ・・・!





後手、水山裕次郎『燃え土下座』


    【燃え水山】<(ボーボー)許して(ボーボー)ください(ボーボー)
    【炙りトロ】
    【炭吉田 】<ぎゃー




MIZUYAMA IS DO☆KU☆ZU YOU Win !!





山田:やったね、君の勝ちだよ!

木下:いまさらだけど彼らは一体何を競っていたのだろう。

山田:さぁ、続けて遊ぶ場合はさらに100円を入れてね!

木下:畜生、意外と面白かったからもう一回やろう

(3時間後)

木下:結局あれから、15回やったけどほとんど「借金手形」ばっかり出てきたよ!
   レアの意味知ってるのかな、まぁ強くなるからいいんだけどさ!
   ・・・って、もうあと100円しかないのかー・・・
   でも、次はいよいよボスだって言ってたからね・・・この100円で決めるよ!

   ・・・あれ、なんでハマってるんだろう・・・

   まぁいいや!冷静になって後悔するのはあとだ!

(100円投入)

山田:カードが出てくるよ




「借金手形(36万円)」




木下:またや・・・。




DENGER! DENGER! BOSS KUZU ENEMY! DENGER! DENGER!

名前「灘岡浩二」
年齢「54歳」
借金「1650万」

灘岡「ただただギャンブルでこうなりました。」




木下:くっ、なかなかパンチのあるクズが出てきた・・・!
   しかし、こっちの水山もクズを磨いてきたんだ!磨くって何だこんちくしょう!
   水山スキャン!




名前「水山裕次郎」
年齢「19歳」
借金「23万」




木下:さらに!借金手形を10枚スキャン!



借金「23万→1870万」KUZU POWER UP!



木下:技カード!「撃ち土下座」「DOGE THE MOON」「代打土下座」をスキャン!
   行くぞ水山!


水山「友人にちょっとずつお金を借りたらだんだんシャレにならない金額になってきました」


木下:借金膨れ上がってもずっとこのセリフだからいい加減かわいそうだぜ!



Fight!



先手、灘岡浩二『DOG EZA』




        【灘岡】<ワンワン!許してワンワン!




木下:くっ、54歳の癖してかわいい土下座しやがって!これでも食らえ!




後手、水山裕次郎『撃ち土下座』


許してください(バキュン!)>【水山】  =D【灘岡】<ワンワン!許してキャウン!!




木下:どうだ!



先手、灘岡浩二『DOGE座シューティング』


木下:DOGE座シューティング・・・だって!?


                川
                ☆      川
                       ☆

              川    川
              ☆    ☆

      許してください>【水山】      【灘岡】<許してください


木下:危ない!このままじゃ水山が星に潰される!ここはこれだ!




後手、水山裕次郎『代打土下座』



                川
                ☆    川
                     ☆

               川    川
               ☆    ☆
許してあげて>【水山】 ぎゃああああ>【篠塚】    【灘岡】<許してください



木下:よし、篠塚でしのいだぞ!



先手、灘岡浩二『DOGE座シューティング』の反動で、動けない



木下:チャンスだ一気に決めるぞ!



後手、水山裕次郎『DOGE THE MOON』


                        川
                        月
【死に篠塚】 許してください>【水山】   【潰れ灘岡】<(ぐちゃり)


MIZUYAMA IS PERFECT DO☆KU☆ZU YOU Win !!



木下:やったー勝ったー!
   ボスに勝ったぞー!!

山田:おめでとう、ついにボスを倒したね!
   このゲームでは、ボスを倒すと特別なクズカードがもらえるよ!

木下:本当!?やったー!!もう二度とやらないけど!

山田:カードが出てくるよ


名前「木下吾郎」
年齢「46歳」
借金「8億」


木下:あれ、これどこかで見たことが・・・
   ・・・・・・そうだ、お父さんだ!!実在のクズってことはここに書いてあるのは事実・・・?
   お父さーんどこー!!8億の借金について説明してよー!!!













E−6
エントリーNo.023
俺の塩

コント/ニュース
塩:9時のニュースです
  今日午後2時頃東京都北区赤羽で乗用車3台が絡む玉突き事故がありました
  この内一台の運転手が重傷で病院に運ばれましたが、幸い死者は出ておりません
  ・・・ここで放送事故が起きました

俺:かっぽれかっぽれ!あ、そーれかっぽれかっぽれ!

塩:スタジオに突如かっぽれが乱入してきました

俺:貴方もかっぽれ!私もかっぽれ!そーれそれかっぽれかっぽれ!

塩:怖いです

俺:ここでかっぽれをお伝えします

塩:急に何かが始まりました

俺:今日昼過ぎにかっぽれ県かっぽれ市かっぽれ区かっぽれでかっぽれが発生しました

塩:多分ですけど地球上の話じゃないです

俺:現在女性一人が病院で意識不明の重体です

塩:結構マジなニュースでした

俺:ちなみにその女性は私の恋人です

塩:まさかの身内

俺:来月の彼女の誕生日にプロポーズを申し込もうと思っていました

塩:・・・・・

俺:でもそんなことよりかっぽれかっぽれ!あ、そーれかっぽれかっぽれ!

塩:あなたが本当にそれでいいなら止めませんよ?

俺:カッポレ?イエス!カッポーレ!

塩:海外を巻き込まないでください

俺:かっぽれは・・・青かった

塩:そのまま地球に帰って来ないでいただけますか?

俺:よし!帰る!
  かっぽれかっぽれかっぽれかっぽれ・・・

塩:いきなり帰った・・・
  ニュースを続けます
  今日国会で安倍首相が『ぼくのかんがえたさいきょうの増税案』を提出しました
  これに対し民主党の海江田代表は「何言ってんだお前」と鼻くそをほじりながらコメントしています
  ・・・ここでまた放送事故が起きました

俺:ヒャッホーイ!だんじりのお通りだーい!

塩:スタジオに突如だんじりが乱入してきました

俺:オラオラオラオラー!死にたくねえ奴は逃げろ逃げろー!

塩:あなたさっきの人でしょ

俺:ここでだんじりをお伝えします

塩:伝えないでください

俺:だんじり漁が最盛期を迎えました

塩:何「地域の情報伝えてます」みたいな顔で妄言を吐いてるんですか

俺:今年はエチゼンクラゲとエチゼンリョウマが大繁殖したのが原因で例年より漁獲高は減る見込みとなっております

塩:越前さえあってれば何言ってもいいと思ってたら大間違いですよ

俺:ちなみに私はだんじりの天ぷらが好きです

塩:聞いてないです

俺:塩さんは何が好きですか?

塩:刺身ですかね

俺:そんなことどうでもいいよ!

塩:ちょっと気まぐれで答えてみたらこの仕打ちか

俺:はい、だーんじり!だーんじり!だーんじり!

塩:いきなり不快なコールがかかりましたね

俺:だーんじり!(ちらっ)だーんじり!(ちらっ)だーんじり!(ちらっ)

塩:・・・ちらちらこっちを見ないでください、絶対やりませんから

俺:だーんじり!フー!だーんじり!フー!だーんじり!フー!

塩:・・・・・だーんじ

俺:うるせえよバカ!

塩:(無言で俺の顔を鷲掴みにする)

俺:ヒィィィィィ!アイアンクローだけはやめてアイアンクローだけはやめて!

塩:帰れ

俺:はい

塩:・・・・・続きましては気象情報です
  明日は関東全域で30度近い夏日となりますが、
  中野区だけは氷点下で大雪となるでしょう
  ・・・チッ

俺:ヒャッホーイ!ねぶたのお通りだーい!

塩:あなたそれさっきのだんじりに大きく「ねぶた」って書いただけでしょ

俺:続いてはねぶた予報です

塩:被せて来やがった

俺:明日は全国的にねぶたが地中から湧いてきます

塩:不気味以外の言葉が浮かばないです

俺:また都市部ではゲリラねぶたと女の嘘に注意してください

塩:女の嘘に関しては同意です

俺:また昨夜発生したねぶた4号の影響で小笠原諸島は青森県と化すでしょう

塩:原理を教えてください

俺:そんなことよりねぶたじゃーい!ねぶたが暴れるぞーい!

塩:もう好きにしてください

俺:それそれそれーい!
  ・・・うわっ、ねぶたが何かに当たって倒れて来

(どんがらがっしゃーん)

塩:・・・視聴者のみなさん、日本は今日も平和です













E−7
エントリーNo.002
大浦崎

世界破滅へのカウントダウン/3
坂木:どうもトリオ漫才大浦崎と申します。
   最近思うんですけど、ポジティブに生きていくのは凄く大切だと思うんですよ。

明星:と言いますと?

坂木:例えば、悪い事が身に起こったとするやん。
   それに対して○○よりマシと考えれば気持ちが楽になると思うんよ。

明星:それはどういう意味で?

谷沢:まぁ、坂木が言うてた事を俺が説明したるわ。
   例えば自分が死んだとするやん。

坂木:話聞いてた!?俺、最初に生きていくにあたってって言うたやん!
   なんでいきなり死んだ体の話しとんねん!

谷沢:それならお前が話してくれや。

坂木:例えば仮に100円を落として取れないようなスキマに挟まったとするやろ。
   
明星:うわぁ、俺100円落としたら半年は引きこもるよ。

坂木:メンタル弱いな!

谷沢:まぁ、俺やったらその100円を知り合いにダイナマイトとか使って取ってもらうわ。

坂木:大胆が過ぎるわ!100円にどんだけ精力注いどんねん!

谷沢:ちゃんと報酬5000円払ってな。

坂木:なんでわざわざ損しにいってんねん!

谷沢:違うねん!その知り合いには今年のお年玉渡してなかってん!

坂木:お前の事情は知らん!

明星:ちなみにその知り合いってのは俺です。

坂木:お前かい!相方からお年玉貰っとるヤツ初めて見たわ!

明星:ダイナマイトづくりが趣味で。

坂木:お前が言うとリアル過ぎるわ!

明星:棺桶にはダイナマイト入れて欲しい。

坂木:迷惑極まりないな!
   火葬したらお骨もドカーン言うて粉々なるわ!

谷沢:いやいや、お骨だけにボーン言うて粉々になるやろ。

坂木:効果音どうでもええねん!
   さっきから全然話進まんからちょっと黙っといて。

明星:はいはい。

坂木:例えば仮に100円落として取れないようなスキマに挟まったとするやろ。
   そういう時に「あ、財布じゃなくてよかった」こう思えば気が楽やろ。

谷沢:でも、100円が取れないようなスキマに財布落としても挟まらんと思うねんな。

坂木:そういう細かいダメ出しいらんねん!

明星:まぁ、でもこういう考え方を日頃から出来たらいいかもしれないなぁ。

坂木:せやろ。やからこれから俺がこんな嫌な事が起こったらっていうのを出すから。
   お前らはそれをプラスに変換できるようにしてみて。

谷沢:わかったわかった。

坂木:ラーメンに虫が入ってました。さて、どう考える?

明星:あぁーラーメンの中に入ってるのがおじいちゃんじゃ無くて良かった。

坂木:入ってるかそんなもん!

谷沢:待て、この虫おじいちゃん虫やん。

明星:いやァアアアアアアアアェッ!!

坂木:どこで発狂してんねん!

明星:このダイナマイトで器ごと粉々にしてやるわアアアァッ!ドカーン!店半壊ー!!

坂木:パニックになってダイナマイトって!
   そんなもんネズミ見かけた時のドラえもんだけで十分や!

谷沢:あのぉ、お客さん。

坂木:なんか店員みたいなの来たで。これは怒られるぞ。

谷沢:へへっ。実は俺もダイナマイト大好きなんや。

坂木:なんで店半壊したのに嬉しそうにしとんねん!

谷沢:店は半壊したけど、ダイナマイト友達が出来て良かったわ。おぅ、これでどうや。

坂木:何が「おぅ、これでどうや。」やねん!
  
谷沢:きちんとプラスに変換出来てたやろ。

坂木:聖人君子が過ぎるわ!
   時にはもっと怒ったり悲しんだりしてもええねんぞ!
   
明星:どうも聖人君子です。

坂木:お前ちゃうわ!お前ただパニックになって店半壊させただけやないか!
   このままじゃラチがあかんから次に移るで。

谷沢:はいはい。

坂木:食べようと思ってたヨーグルトが誰かに食べられてた。さて、どう考える?

明星:うわーPS3食べられなくて良かった。

坂木:誰がPS3なんか食べんねん!

谷沢:PS3食べられなくて良かったってアホか!

坂木:なんやねん急に!

谷沢:こうしてる間にも白アリに家が食われていっとんねや!
   昨日建てた家が風呂場以外ほとんど食われてもうたわ!

坂木:白アリの猛威凄すぎるやろ!

明星:これはもうダメだ…。引きこもろう。

坂木:引きこもれるスペース無いやないか!

明星:家がほとんど食われるとかもうダメだ…。
   近くの空き地にあるタイムマシーンに引きこもろう。

坂木:過去に行けや!そんなんあるなら過去に行って白アリが絶対食わなさそうな家作ってもらえや!

谷沢:いや、それよりも一番最初の生物が生まれた所をやってしまった方が楽やん。
   そしたら、白アリが出て来なくなるやろ。

坂木:そしたらお前らも居なくなんねん!

谷沢:まぁ、タイムマシーンで後悔するよりもこんな考え方をするほうがええかもわからんな。
   「白アリさんに高級食品食べさせてあげた」そう思えばな。

坂木:やから聖人君子かって!ここまで来たらもう見習いたくなるわ!

谷沢:ちゃんとポジティブに出来たやろ。

坂木:全然アカンわ!タイムマシーン出てきたりとか設定がメチャクチャすぎんねん。

谷沢:なんやと!ほなら、俺がこんな嫌な事あったら嫌やなっていうの出すから。
   お前は見本を見せてみいや。

坂木:望む所や。

谷沢:ほな、家が全焼したという体で。

坂木:お前らさっきから建物メチャクチャにすんの好きやな!

明星:俺のおすそ分けしたダイナマイトのせいで…。

坂木:ダイナマイトのおすそわけってなんやねん!

谷沢:さて、どうする。

坂木:まぁ、でも家族が無事で良かった。

谷沢:全員めっちゃ火被ってたけど。ホンマ家族が全員吸血鬼で良かったな。

坂木:ウチの家庭ヴァンパイア一族ちゃうわ!
   まぁ、無事なら良かったけどな。

谷沢:みんな無事だったんで今日は焼き肉やな!

坂木:だいぶ切り替え早いな!

谷沢:さっきの焼き肉はダイナマイトに引火しておじゃんになってしまったからな。仕切り直し。

坂木:焼き肉で家燃えた割にさっぱりしすぎや!トラウマとかないんか!

明星:俺はにんにくのタレで食したい。

坂木:アカンアカン!それ吸血鬼が食うたらアカンやつや!
   ってかなんで火事の原因作っといて焼き肉に便乗できんねん!

谷沢:まぁ、今日は家が全焼するという事故があったからな。
   二度とこういう事が無いように教会でお祈りしてこよか。

坂木:やからそれも吸血鬼が行ったらアカン場所やねん!
   せっかく助かったのに自ら死を選ぶなよ!

谷沢:お前全然出来てへんやんけ。

坂木:お前らがムチャクチャするからやないか!

明星:そんな事言われたらヘコむよ。

坂木:お前らが悪いんやからしょうがないやんけ。

明星:でも、ちょっとポジティブになった気がするよ。
   坂木に怒られたけど今度は2年くらいの引きこもりで済みそう。

坂木:引きこもり過ぎや!もうええわ。













E−8
エントリーNo.077
偽りPercussion

沼底サッカー
(高校のプールで楽しそうに遊ぶ小学生達、その横のグラウンドでサッカーをしてる高校生二人)

霜山:ああチキショウ・・・キャーキャーウルセエなあのガキ共・・・なんで毎日ウチの学校のプールで授業やってんだよアイツらは・・・。

長塚:仕方ないだろ、ウチの高校のプールは公共物なんだから、予約さえ取れば誰でも好きな時間に使えるんだよ。

霜山:というかさ、なんでアイツらは真冬にプールの授業やってんだよ!バカなんじゃねえの!寒さをナメすぎだろ!

長塚:知らないの?あの小学校って、あっ魚住小学校って言うんだけさ、なんか泳ぎだけやけに詳しく教える学校で有名なんだって。体育系の学校でもないクセに。

霜山:それでも真冬だぜ!?俺らでさえトレンチコート着てるってのになんでアイツらはスク水であんな元気なんだよ!誰か抗議しろよ!

長塚:あそこは謎が多い学校だからね。そういえば霜山。お前が今日のHRサボってる時に言われたんだけどさ。

霜山:んっ、なんだ?

長塚:体育のサッカーの授業がさ、なくなるんだって。

霜山:・・・はぁっ!?な、なんだよそれ!

長塚:魚小の関係者が直々に来たらしくてさ、プールで授業やってる時にサッカーボールが飛んできたりして危ないから取り止めてくれないかって言われたんだって。

霜山:フザケンナよ!!んなもん授業の時間割とかちょっと変えれば解決する話だろ!

長塚:いや、魚小のプールの授業は毎時間あるらしくてさ。

霜山:どんだけ泳ぎたいんだよ奴等は!魚か!

長塚:ウチの校長も魚小にはなぜか弱腰だからさ、ボール除けの柵を立てる予算も無いしで、ズルズル相手の意見を了承しちゃった訳。

霜山:んだよそれ!一方的に命令されてるだけじゃねえかよ!!

長塚:でもまあ、お前の爆裂シュートがゴールから大幅に外れてプールに突っ込んでるってのも事実だしな。あの隕石みたいなボールが飛び込んで今まで死人が出てないってだけでも奇跡的だと思うよ。

霜山:グッ、仕方ねえだろ!サッカーの授業はテンション上がっちまうんだからよ!てか体育でサッカー出来なくなるとか最悪だよ!学校来る意味ねえよ!!

長塚:霜山はまだいいじゃん、放課後にこうやって部活でサッカー出来るんだから。

霜山:俺とお前の二人しかいねえだろうがこのサッカー部!!俺はちゃんと11人対11人で盛り上がるサッカーがやりてえんだよ!!

長塚:うん、全校生徒の22人で戦うサッカーは嫌でも盛り上がるもんね。

霜山:ああもう、なんでサッカーの神様は俺をこんな熊本の田舎町なんかに産み落としたんだよ!!女子も参加するから俺ハンデで左足しか使えないんだぞ!!

長塚:それでも大砲みたいなシュートを撃つからね。後輩からは「一本足の怪物」って呼ばれるしね。

霜山:ていうか、このままだと休み時間や部活でサッカーやるのも禁止になるかもしれねえじゃねえか!クッソ、そうなる前に魚小の奴等をどうにか説得しねえと・・・!

長塚:うん・・・って、あれ?またあのおばさん居るよ。(プール奥の更衣室の影を指差す)

霜山:あっ!?誰だよアイツは!

長塚:いや、ここ最近ずっと居るんだよね、あの太ったおばさん。なんか影からずっと魚小のプールの授業を眺めてるんだよ。魚小の子の保護者かな?

霜山:・・・てことはアイツ、魚小の関係者だなっ!!よっしゃ、ちょっと文句ぶちまけてくるわ!!

長塚:えっ、よしなよ。どんな人なのかも分からないんだし。

霜山:とりあえず誰でもいいからこの怒りを伝えてえんだよ!未来の日本代表の芽を摘もうとしてることを分からせてやるんだ!(おばさんの居る場所へ走る)

長塚:えっ、ちょっと霜山!何言われても絶対に殴っちゃダメだよ!

霜山:それは約束できねえ!

長塚:少しは冷静になれよ田舎ヤンキー!!・・・ったく、単純なんだから。



おばさん:ふぅ・・・ふぅ・・・よく見えるわぁ・・・。

霜山:おいちょっとそこのおばさん!ウチの学校の敷地で何やってんだ・・・


(横から見ると5人居た)


おばさん1:特にあの背の高い男の子・・・最高だわぁ・・・。

おばさん2:アナタ何言ってるのでザマスか?どういう趣味してるでザマスか。どう見たってあの丸坊主の子が一番でザマスよ・・・。

おばさん3:ああ、みんなキラキラしててカワイイですわ・・・あの海パン頭にかぶりたい・・・。。

おばさん4:ねえ、見えないわよ、早くどきなさいよあなたたち。私好みの女の子はいるの?ハァハァ・・・。

おじさん5:ああ・・・あのプールの水を飲み干したいわ!


霜山:・・・な、何やってんだあんたら!!

おばさん1:ハッ!だ、誰アナタは!?変質者!?

霜山:そっくりそのまま問いかけるわ!お前ら何者やねん!!

おばさん2:・・・どうやら私たちの存在がバレてしまったようザマスね・・・。

おばさん4:しかもこんな成長期の終えた小汚いヤンキーに・・・。

おばさん3:うわあ、汚いことをたくさん考えていそうだわ・・・視界に入らないでほしいですわ。

霜山:なんで俺、初対面の人間にここまでボロクソに言われてんだ・・・?

おばさん1:ふっ・・・見られてしまったからには仕方が無い!伝えようではないか私たちの正体を!!

霜山:・・・・・・はぁ。



おばさん赤:豊満な我がボディには床知れない少年達への純粋な愛で満ちている!みんなのリーダー!我らがリーダー!宇宙のリーダー!

      近所の目なんて気にするものか!おばさんレッド!!

おばさん青:小さい子供が好きすぎるザマス!まだ一人も誘拐したことがないのが奇跡でザマス!

      美しい心を持つ50代!おばさんブルーでザマス!!

おばさん黄:息子のパンツを頭にかぶってる現場を発見され、離婚を申し立てられてから早20年!

      今でも少年のニオイを嗅ぐ衝動は抑えられません!おばさんイエローですわ!

おばさん桃:小さい女の子を愛して何が悪い!可愛いものを好きでいて何が悪い!思わず通学中の幼女のスカートをめくっちゃったりするのの何が悪い!!

      自由を求める愛の戦士!おばさんピンク!

おじさん緑:焼肉と小さな子供が大好きじゃわ!夢は熱のある幼女の体で肉を焼くことじゃわい!

      家出した幼女とかが我が家にやって来ることを常に願う者!おじさんグリーン!


5人:少年少女の純粋な心を誰よりも愛する正義の味方!我らは、おばさんファイブ!!



   (決めポーズ)



霜山:・・・・・・・・・・・・・・・一人おじさん混じってるぞ。

おば赤:フッ、我らおばさんファイブの仕事は、少年達の自由な心をただ直向に見守ること!そしてその輝かしい心から幸せの力を得ることなのだ!!

霜山:うん、要はただのロリコンののぞき集団じゃねえか。戦隊物っぽくカッコよく決めポーズしてたけど、ただののぞき集団じゃねえか。真っ先にPTAから不審者呼ばわりされるタイプじゃねえか。

おば青:そしてこの真冬の中、水泳の授業をしている小学校があるという情報を聞きつけ、我々ははるばる博多からここまでやって来たのでザマスよ!ああ、あの子達が風邪をひかないかどうか心配でザマスわ・・・。

霜山:わざわざ遠くからご苦労だな。大都会の空気は汚れているな。あれ?・・・てことはあんた等、魚小とは関係ないんだ。

おば黄:それより、あなたはなんの用なのですわ?なんか怪しいニオイがするですわ・・・まさか、私たちの存在を公表しようとしてるのですか!?

霜山:いや、魚小と関係ないなら俺はもう帰るけど・・・。

おば桃:そんな!我々の存在を公表されては、もうこの真冬のエデンを見ることができないじゃないですか!!

おじ緑:そうじゃい!ワシはまだ幼女焼肉を完成させてないんじゃぞ!

霜山:いや、話を聞けよ。そしてあんた等もいい年なんだから少しは欲望押さえ込めよ。

おば赤:こうなれば・・・戦うしかないわね!おばさんファイブ戦闘モード!!

(霜山を取り囲むおばさんファイブ)

霜山:俺今までたくさんケンカした事あるけど、こんな不安な気持ちにさせられる戦闘は初めてだよ。なあ・・・やめようよこんな戦い。誰一人得しねえよ。

おば赤:よっしゃ、喰らえ我が必殺!おばさんメランコリータイフーン!!(回転しながら霜山に突っ込む)

霜山:・・・やめろって言ってんだろうがぁっ!!(おば赤を蹴飛ばす)

おば赤:グギャアアアア!!!!(吹っ飛ぶ)

おば青:な、何ザマスか!?キックで人が吹っ飛ぶ所なんて初めて見たでザマスわ!!

おば桃:そんな!体重150キロのレッドが吹っ飛ぶなんて!!

おば黄:なんですの・・・あの左足の威力は!!

霜山:サッカーの授業でこれでもかと言うほど鍛えられた俺の左足をナメんじゃねえ!!ババアが何人掛かって来ようが余裕でぶっ飛ばしたるわ!!

おば青:近づいたら簡単に飛ばされるでザマスね・・・でも・・・もう戦うしかないでザマス!!全員突撃するでザマス!!

(霜山に飛び掛る中年達)

霜山:うおおおおおおお!!!!!やるせねえええええええ!!!!!!!

(蹴り飛ばされてく中年達)




おば赤:クッ・・・どうやらここまでのようね・・・。

おば青:まさかこんなクソヤンキーに我々おばさんファイブが潰されるザマスとは・・・。

おば黄:こんな脂ぎった汗臭い汚れたニオイを放つ気持ち悪い男にやられるのですね・・・屈辱的ですわ・・・。

おば桃:ああ、もしヤンキーじゃなくて可愛い女の子だったら今の私はどんなに幸せだろう・・・でも現実は・・・最悪よ・・・。

おじ緑:せめて最後に焼肉を食べたかったわい・・・。

霜山:・・・なあ、色々好き勝手に捨て台詞吐いてるけど、俺は別にお前らを公表しようとも通報しようともしてないし・・・。

おじさん黒:(トイレから出てくる)ふぃー、興奮しすぎて血尿がでちまったぞ、がっはっはっはっは・・・って何じゃこの状況は!?

おば赤:ブ、ブラック!!お願い、あのヤンキーを倒して!!

霜山:あっ?まだ仲間がいたのかよ。

おじ黒:なんじゃぁ?こんな小僧に全員やられちまったのかよ。へっ、だから俺みたく戦闘能力も磨いとけって言ってんだよ!(戦いの構えを取る)

おば青:ハッハッハ!ブラックが本気になったザマスよ!これでアンタはおしまいザマスね!!

霜山:えっ、ウソだろ、まさかコイツ強いの?血尿出してたクセに!

おじ黒:三度の飯より釣りが好き!でもそれよりも幼子が好き!だから20年やってたプロ釣り師をやめて、おばさんファイブに入団した最強のルーキー!

    それがこの俺おじさんブラックなのじゃ!!行くぞ小僧!!

霜山:いや、それより今すぐ釣り連盟に頭下げて復帰してこいよ。なんでその年でそんな大バクチを打っちゃったんだよ。

おじ黒:ゴチャゴチャ喋ってんじゃねえぞ!俺の攻撃を喰らえや!!

霜山:えっ、な、なんだこれ!うわああああ!!!!







長塚:おい霜山ぁ、遅いよ、なに話してんだよお前は・・・(更衣室の影をのぞく)

(釣り糸に垂れ下がった霜山を、おじさんブラックがビンタしてる)

霜山:チクショウなんだこれ!!身動きがとれねえ!足が動かせねえよ!!(必死にもがく)

おじ黒:ハッハッハ!どうだどうだどうじゃ!俺の必殺、「釣り糸地獄」は!!暴れれば暴れるほどよく絡まるぞい!!(霜山をビンタする)

霜山:グヘァ!クソオ!!絶体絶命だチクショウ!ロリコンの親父に追い込まれた!!

長塚:・・・・・・・・・・・・なにこれ。

おば赤:やれえ!やっちまえブラック!!

おば青:そうザマス!私達に与えた痛みを返してやるでザマス!!

霜山:ああもう!屈辱的だコノヤロウ!!

おじ黒:痛いか?辛いのか小僧?俺は全然痛くないんじゃ!!ハッハッハ!!

長塚:・・・・・・(こっそり霜山のポケットからバタフライナイフを取り出し、それで釣り糸を切る)

おじ黒:えっ、ちょっ、お前、何しちゃってんの?

霜山:うお、動いた!(おじさんブラックを蹴飛ばす)

おじ黒:グフォオオオアア!!!!無念じゃああ!!!!(吹っ飛ぶ)

おば赤:・・・・・・ぜ、全滅だあ!!

(悲しみにくれるおばさんファイブ)

長塚:・・・・・・・・・なあ霜山、なんなのこれ?

霜山:あっ、ああ・・・実はな・・・。






長塚:なるほど・・・それで襲いかかってきたおばさん達を蹴りとばしたんだね・・・。

霜山:そうだよ、これってもう立派な正当防衛だよな。

おば赤:いやー、申し訳ないな。話も聞かずにテンションに任せて攻撃してしまって。

おば青:ちょっとアナタ、襲いかかったって言い方はやめてもらいませんでザマスか、私たちが襲うのは10代以下限定でザマスよ。

おば黄:そうですわ、幼子以外の下着なんて、全部燃えてしまえばいいのですわ。

長塚:・・・なんでこの大人達がのほほんと野放しにされてるんだろう・・・。

おじ緑:それで・・・おぬし等は魚住小学校の関係者に会って何をするつもりだったのじゃい?

霜山:ああそうだ、なんか魚小の奴等が俺たちのサッカーの授業を取り止めにしろってフザケた主張をしてくるからさ、抗議してやろうとしたんだよ。

おば桃:サッカーの授業が無くなる!?本当なのそれは!

(どよめくおばさんファイブ)

霜山:いや、なんであんた等がそんなショック受けてんだよ!

おば赤:サッカーの授業が無くなるなんて・・・たまに飛んでくるサッカーボールが子供達に当たるのも魅力の一つだったのに・・・!!

おば青:ボールが当たって歯が弾け、血を流したりする少年達を優雅に眺めることが楽しみだったザマスのに・・・。

おば黄:ああ、幼子の飛び散った乳歯やゲロのニオイを嗅ぐことはもうできないのですか!

    あの厭らしく眩しい香りを放つものを、嗅ぐことはできないのですか!残念ですわ・・・。

おば桃:そんな・・・怪我をして血尿が止まらなくなった少女を颯爽と我が家に持ち帰り、優しく治療した後に少女を恋に落とすという私の計画はどうなるの!!

    何のために私は医師免許を取ったのよ!!

おじ緑:むう、純粋な子供達が傷つけられるのを眺めながら食べる焼き肉は最高じゃったのに!これからワシは何をオカズに食べればいいのじゃい・・・。

霜山:うん、あんたら思考から性癖まで何もかも腐ってるな。何が子供を見守る集団だよ。

おじ黒:俺は思ってない!血を流す少女は美しくて可憐でもっと虐めたくなるんてそんなことは思ってないんじゃ!

霜山:はっはっは、必死に否定しようとする態度だけでまだまともだよお前は。

おば赤:だがしかし・・・これで利害が一致したな!

    よし、我々おばさんファイブも、魚小の関係者にサッカーの授業を続けさせてもらうよう説得しに行くぞ!!

(うおおお!と雄叫ぶおばさんファイブ)

霜山:おお、理由は最悪でも、仲間が増えるのは心強いぜ!よっしゃ、魚小に直接乗り込むぞぉ!!

おば青:待つザマス、誰か魚小の場所は把握してるのでザマスか?

おじ緑:あっ、ワシ噂で聞いたことあるぞ!なんでもあそこの森の中にあるとか!

霜山:おし、準備は整った!今すぐ魚小に向かうぞ長塚!それとおばさんファイブ共!!

長塚:あの・・・ちょっといいか?

霜山:ああっ?なんだよ長塚!勢い止めるんじゃねえよ!!

長塚:いや、一つ凄い疑問に思ってる事があるんだけど・・・言って良い?

霜山:ああっ!?なんだよとっとと言えやゴラア!!

長塚:じゃあ・・・・・・

   なんで、おばさんファイブなのに、おじさんが混じってるのですか?

おばファイ:・・・・・・・・・・・・。

長塚:それと・・・なんでファイブなのに、6人居るんですか・・・?

おば赤:・・・・・・・・・言われてみれば・・・なあ・・・。

おば黄:・・・ねえ。

霜山:うおい!さっき俺がツッコんだ時には何も反応しなかっただろ!!

おば赤:いや、最初は聞き逃しちゃったけど、二度も言われちゃったらねえ・・・ちょっと考え直さないと・・・。


(もめ出すおばさんファイブ)


おば桃:そもそも考えなしにホイホイ入れちゃうのが問題だったのよ。

おば赤:仕方ないじゃない同士は多い方が楽しいし・・・それに元釣り師の入団希望者も珍しかったんだし・・・。

おば青:でも私はおばさんだけのチームだと言うのだから入ったのでザマスよ。男の人を簡単に入団させてしまう最近の方針には疑問を持ってたでザマス。

おば黄:まあ、とりあえず・・・ブラックの退団は確定ですわね。

おじ黒:はぁっ!?なんでじゃイエロー!!そんなあっさり自分の意見を通そうとすんじゃねえぞ!!

おば赤:あっ、それは決定でいいわね。どちらにしろ一人減らさなきゃ、おばさんにもファイブにもならないからね。まず新入りが消えるべきね。

おじ黒:うおい!俺はトカゲの尻尾かよ!

おば青:問題は次ザマスね、おじさんを一人抱えるザマスか、一人欠けておばさんだけにするザマスか。

おば桃:でも、完全体なのに不完全なのより不完全体なのに完全の方が気持ちいいよね。

おば赤:うん、そうね。じゃあグリーンも退団するって方向でいいね。

おじ緑:ちょいちょいちょい!!わざわざそんなことせんでもちょっと名前を帰ればいいだけじゃろ!?

おば桃:うん、でもおばさんファイブでTシャツ作っちゃったしね・・・。

おば赤:そうね、作り直すのはお金が掛かるしね。よし、じゃあグリーンとブラック今日までお疲れ様!あっ、グリーンは道案内用にに少しだけ残って。

おじ緑:ぬええええ!!!なぜワシがああ!?

霜山:繋がり脆すぎだろお前ら、所詮は赤の他人同士かよ。

おば赤:よし、じゃあいっしょに行きましょうかサッカー部さん。

おじ緑:ちょっと待ったあ!!勝手に重大な事を決めるんじゃないわい!!

おじ黒:そうだな、俺も納得いかねえよこの結末は!このチームをやめたくないのじゃ!!

霜山:いや、そろそろ自分の人生見返せよ中年。今から再就職してもギリギリやってけるぞ。

おじ緑:クソウ・・・たとえ捕まっても連帯責任で一人一人の罪が軽くなるというこの夢のような組織を、今更やめられる訳がないじゃろうが!!

霜山:それが本当の目的かよおばさんファイブ。正義もへったくれもねえな。

おじ緑:大体、なぜ男の方を削るんじゃい!!女の方のメンバーを減らせばええじゃないかい!!

おば青:仕方ないザマスよ、女4人と男2人なら必然的に女の立場の方が強くなるのでザマスよ。そのくらい考えてほしいザマス。

おじ黒:チクショオ・・・じゃあ、男も同じ数になれば対等じゃろ!!(霜山と長塚を指さす)

霜山:はっ?お、俺?

長塚:・・・なんか巻き込まれた!変な中年同士の土地争いになんか巻き込まれた!!

おば赤:フッ、ヤンキーを加えて同じ数になった所でどうするの?また決を取り直すの?

おじ黒:そんな回りくどい話し合いなんていちいちしてられるかぁ!スパッと対決して白黒ハッキリつけようじゃないか!!

おば赤:ッハハ!!のぞむところね!!じゃあ、この戦いで負けたチームがおばさんファイブを退団するってことでいいね!!

おじ黒:よっしゃ、かかってこいやあ!!


          おばさんファイブ生き残り決定戦

          おばさん4人 VS おじさん4人



霜山:・・・始まった。世界一無意味な争いが、今始まった・・・!!

おば青:よっしゃあ!こっちの先鋒は私ザマスよ!さあ、かかってこいでザマス!ザマスザーマス!

おじ黒:こっちの先鋒は霜山じゃあ!さあ行ってこい霜山!!

霜山:ちょっと待てよ、俺別におばさんファイブのメンバーでもねえし、俺まだピチピチの高校生だぞ。

おじ緑:頼む!臨時に今だけ、今だけ加入しとくれ!この勝負で勝たねば、ワシの幼女焼き肉の夢が、幼女焼き肉の夢がぁ!!

霜山:チキショウ絶対お前のためだけには戦いたくねえ!!てか、なんで俺がこんな事に巻き込まれなきゃなんねえんだよ!!

おじ緑:さあ行くのじゃい!おばさんを蹴飛ばすのはお主の得意分野じゃろ!!

霜山:今日が初犯だわボケ!!もうやだよ、俺あんなやるせない思いしたくねえよ!!

おば青:フハハ、どうしたザマスか!?来ないなら、こちらから行くでザマスよ!(走り出す)

霜山:ぐわあ!凄い力んだ顔でこっちに向かってくるよ!!怖い!怖い!クソ!チキショオ!チキショオ!チキショオオオオオ!!!!!(思いっきり左足を振りかざす)


(空の彼方へ飛んでいくおばさん4人)


長塚:まあ、一度ぶっ飛ばしてるんだから、当然勝てるよな。

霜山:クソオ・・・胸の奥がギスギスする・・・もうヤンキーやめようかな俺・・・。

おじ緑:よっしゃああ!!!勝った!勝ったぞい!!これでおばさんファイブはワシら四人のものじゃわい!!

おじ黒:よっしゃあ!俺らこそ真のおばさんファイブじゃ!!少年少女視姦しほうだいじゃ!!

長塚:うわあ、その場のノリとテンションで組織乗っ取っちゃったよこの人達。もうおばさんでもファイブでもないよ。。

おじ黒:フッハッハ!!これぞ、これぞ下克上じゃ!!

霜山:何から何にランクアップしたと言うんだよ。てか俺ら臨時のメンバーだから実質団員二人じゃん。これっていわゆる全滅間近ってやつじゃん。

おじ黒:ッハッハッハ!!このテンションの高さのまま、魚住小学校に突っ込むのじゃ!!何が出てきても俺の釣り糸で倒してやるのじゃ!!

霜山:ああ・・・そうだな!!よし、こうなったらもう気分で押し切るぞ!!

おじ緑:よっしゃあ!じゃあワシに着いて来るのじゃい!!



(森の中を歩くおばさんファイブ)



おじ緑:おお、あったあった!ここじゃよ、ここが魚住小学校じゃ!!



(緑色の溜め池を指差す)




霜山:・・・・・・・・・・・・おい、おじグリ。道間違えたんなら素直に言えや。また焼肉論破されてえのか。

おじ緑:ここまで散々間違えてきたのは謝るじゃが!でも小学校はここで間違いないんじゃい!!ほら、あれ!

(「魚住小学校、ここより水深1000メートル」の看板を指差す)

霜山:・・・・・・・・・いや、いやいやいやいやいやいや。ウソだろ、ウソだろこれ。なんかの冗談だろ。ありえねえって。

長塚:あ・・・そういえば聞いたことがあったな。水中に沈む学校の話。怪談の類かと思って全然信用してなかったけど、まさかこれが・・・。

霜山:えっ、ウソやん、ウソやん、ウソだべ。なにこれ、なにこのファンタジー!なんで熊本の山奥なんかでこんな摩訶不思議なイベントが繰り広げられちゃってんの!!場違いすぎるだろ!

長塚:(池に触れる)うん・・・相当深いよこの池・・・この寒さなのに水が暖かすぎるもん。

霜山:えっ!?ってことはなんだ、あの小学生達は魚人かなにかなのか!?極寒の中プールで元気に泳いでる時からおかしいと思ったんだけど、まさかあいつ等人外なのかよ!!妖怪の仲間とかじゃねえだろうな!!

長塚:そうかもね・・・あっ、だから校長はあんなに魚小に弱腰になってたのかも・・・。

おじ緑:妖怪の子供がスク水・・・うふお・・・興奮する・・・。

霜山:うるせえストライクゾーン広すぎだろお前は!少は性欲衰えろ!!

   てかさ、どうすんだよこれ!どうやって小学校まで行くんだよ!俺こんな深く潜れねえぞ!!どうすんだよ長塚!!

長塚:うーん、これってさ・・・なんか童話に出てくる竜宮城みたいだよね。

霜山:あっ?それがどうしたんだよ。

長塚:だったらさ、それと同じやり方で行けるんじゃない?

霜山:はあ?

長塚:イジメられてる魚小の生徒を助ければ、その生徒が学校まで俺らを連れてってくれるんじゃない?

霜山:おおそうか!さすが天才!でもなあ・・・イジメられてる現場なんてそう易々と見つけられねえし・・・。

長塚:うーん、そうだよね・・・。ってあれ?そういえばおじブラはどこに行ったの?

霜山:あっ?さっきまでその辺でウロウロしてた筈なんだけど・・・。

おじ黒:(藪から出てくる)うおいお前ら見ろ!すげえものが釣れたんじゃ!!


(少年の下アゴをつかんで霜山達に見せびらかす)


霜山:・・・・・・・・・・・・・・・。

おじ黒:いやあ、なんかこの池は大物が釣れそうじゃなと思って糸を垂らしたら、こんな少年みたいな謎の生き物が釣れたんじゃ!

水岡(少年):た・・・助ふけて・・・助ふけて・・・誰か・・・助ふけて・・・(弱弱しく体を動かす)

長塚:・・・・・・・・・・・・・・・。

おじ緑:・・・・・・・・・・・・・・。

おじ黒:信じられるか!?こんなキレイな少年がこの池に住んでたのじゃよ!!もしかすると、コイツは魚人の類の者かもしれんな・・・。

    ああ、それにしてもカワイイのじゃ!!今すぐ全身をキレイに洗って隅々まで舐め回したいのじゃ!!ハァハァハァ・・・!!

水岡:お願いでふ・・・何でもひまふから・・・誰か・・・助ふけてくだはい・・・・・・(目に涙を浮かべる)

霜山:・・・・・・・・・・・・(無言でおじブラを殴る)

おじ黒:ブギュアア!!な、いきなり何するのじゃ霜山・・・

霜山:(息を吐かせる間もなくビンタする)

おじ黒:ブケアア!!歯が、歯が飛んだぞ!!!仲間に何してんじゃ・・・

おじ緑:(おじブラに無言でドロップキック)

おじ黒:グビュア!!

霜山:(休まずビンタ)

おじ黒:ドピュアア!!なぜだ、ゴシャア!なぜ、裏切るのじゃあああ!!!!ブピャアア!!!

霜山:(おじブラを左足で蹴り上げる)

おじ黒:グギャアアア!!!なんじゃこらあああ!!!

(おじブラ墜落)

霜山:・・・・・・・・・・うん、仕方ない、仕方ないよこれは、必要な犠牲だよ。

長塚:・・・・・・はい、糸は全部切れたよ。(ナイフをしまう)

水岡:あ、有難うございます・・・なんとお礼を言っていいのやら・・・あの僕、そこの小学校の生徒で、そこで気絶してる変態のおじさんにうっかり釣り上げられちゃったんですよ・・・。

霜山:うん、それはいいからさ、俺達3人を君の校長先生の所へ連れてってくれないかな?

水岡:あっ、ハイ!そんなのお安い御用ですよ!あなた達は命の恩人ですもの!

長塚:お、おい、いきなり校長と討論すんのかよ!

霜山:もうさ、手っ取り早くトップと話を付けさせて帰ろうぜ。早くこのファンシーな現実から抜け出したいわ・・・。

長塚:それはそうだけど・・・校長って、どんな化物が出てくるか分かんねえぞ・・・。

霜山:うっ・・・けどもう行くしかねえよ・・・。

水岡:さあ!しっかり捕まっててください!一瞬で着きますからね!(池に飛び込む)


魚住小学校


霜山:うおお・・・本当に池底に学校があるぜ・・・。しかも普通に息できるし、普通に動けるし、どうなってんだよコレ。どんな神秘だよ!

長塚:この学校天井がないんだな・・・あっても意味がないからかな・・・。

おじ緑:まさか最後の一人がワシになるとは・・・誰が予想したことじゃろう。

水岡:あっ、ここが校長先生の部屋です(大きなドアを指差す)では、僕はこれで。本当に有難うございました。

霜山:・・・・・・・・・ついにここまで来たな・・・。

長塚:うん・・・まさかここまで壮大な事件になるとはね・・・予想外だよ・・・。

霜山:よ、よし、開けるぜ!ウオラアアア校長コノヤロウ!!!(ドアを蹴り開ける)


(何も無い巨大な部屋に下半身が魚の巨大な人間がどっしり座ってる)

魚住校長:なんだ貴様らは・・・我輩になんの用だ・・・?

霜山:うおお・・・案の上のビジュアル・・・!!

おじ緑:ヒレの所を焼いたらうまそうじゃな・・・。

長塚:あ、あの!僕達、穴鳥高校の生徒なんですけど!

魚住:ああっ!?あのプールの近くの高校か。こんなとこまで何しに来たのだ、とっとと用件を言え!!

長塚:じ、実はですね・・・ボールが飛んできて危ないという理由で我が高校の体育のサッカーを中止にした件なのですが、

   そもそも公共物であるプールを毎日毎時間授業に使うと言うのも非常識な話ですし、今回の言い分に関してはこちら側にはデメリットしかありません。

   ですからせめて、プールの授業の時間数を減らすなど、そういった配慮をこちらの小学校でしてくれないでしょうか!

   そうすれば、こちらも体育の時間割を変更するなどして上手い具合にそちらの授業と調整が図れると思います!!そうすれば両者にとっても公平な結果になると思います!

   どうか是非!考えてみてください!

魚住:ああ?ダメだダメだ。何を言ってんだお前は。プールの授業は一時間たりとも減らすことはできん。

霜山:なんでだよ!これ以上にないってくらいお前ら泳いでるだろ!!プールがダメならここの池で泳げばいいじゃねえか!!

魚住:我が小学校は泳ぎ以外の事は教えん。この池はプールに比べると狭すぎて生徒が伸び伸びと遊べない。ほら、言いたいこと言ったのならとっとと帰れ。

霜山:クウ・・・クソー!!ここまで来て引けるかっていうの!!サッカーの授業を認めてもらうまで、俺はアンタと戦い続けるぞ!!

魚住:フッ・・・戦うか、それも良いだろう・・・。(指を鳴らす)


(黒マントを被った4人が出てくる)

??:用件を通したければ、我々と戦うことね・・・。

霜山:な・・・なんだお前らは!!

??:お前ら?フッフッフ・・・私達を忘れてしまったようね・・・。

おじ緑:・・・その声は・・・。

(黒マントを脱ぎ捨てる4人)

おば赤:豊満なわがボディには床知れない悲しみが詰まってる・・・美少年パブで借金を積んで差し押さえ・・・。

    それでも癒しを求める者、おばさんレッド!

おば青:先ほど私が言った言葉、「誘拐は一度もしたことがないでザマス」・・・まさか本気で信じてるザマスか?

    ドライなハートの持ち主、おばさんブルーでザマス!

おば黄:どうして皆子供を愛さないの・・・?もっと全力で愛しましょうよ、一秒も欠かさずに自分の子の下着のニオイを嗅ぎ続けましょうよ・・・。そうすれば世界は平和なのですのに・・・。

    愛し方を曲げない強い意思の持ち主、おばさんイエローですわ!

おば桃:好きだからしょうがないのよ。小学校のトイレに忍び込んでカメラを仕掛けるのも、初潮に使った生理用品を売ってくれと本人に土下座して哀願するのも、みんな愛のためだから悪くないのよ。

    世界が認めなくとも私だけが認める愛の形、おばさんピンク!!

4人:子供だけの世界か地球が爆発することを毎日願う者達!我らダークおばさんファイブ!!


(決めポーズ)


霜山:・・・戻ってきたぞ・・・元祖がネガティブな心を携えて戻ってきたぞ・・・!!

長塚:あれ?なんでだろう、なんで俺今泣いてるんだろう。

おじ緑:な、なんでお前らがこんな所にいるんじゃい!

おば赤:フッフッフ・・・馬鹿みたいなキックで空の彼方に飛ばされた私達は、幸いにもこの池の近くに落っこちたのよ!!

おば青:そしてそこを通った魚住校長は、気絶した私達4人をこの小学校へ連れていってくれたのでザマスよ!

おば黄:さらに私達が力ずくで退団させられて悔しい思いをしてることを話すと、魚住校長は私達に闇の力を与えてくれたのですわ!

おば桃:こうして我らは仕返しすることで強くなる悪の戦隊へと進化を遂げたのよ!!

魚住:ハッハッハ!どうだ、かつての仲間同士で戦合わねばならぬとは、なんて残酷な思いなのだろうな!つらかろうに!ハッハッハッハッハ!!

長塚:いや、その辺は大丈夫です。

霜山:それはここに来る前にしっかり乗り越えましたから。

魚住:うおお、そうかい・・・それはつまらん!

おば桃:あれ、そういえばおじブラは?

霜山:聞くな!罪悪感がこみ上げるだろうが!!

おば赤:フッフッフ・・・まあ、ともあれ、早速仕返しと行きますか!!喰らえ!現おばさんファイブめ!!

4人:ヒャッハー!!(霜山に飛び掛る)

霜山:ってなんで俺だよ!?

長塚:当たり前だろ、その人たちお前にしかやられてないだろ!

霜山:クソー!なにが楽しくて悲しみにくれる中年女性と戦わなければならないんだよ!

   いや、でも何か今回のはマジで強そう!ちょっとヤバイかも!どうすれば・・・ああもうやけくそだぁ!!!(左足を振りかざす)


(あっさり飛ばされるダークおばさんファイブ)


長塚:普通に勝っちゃったよ・・・。何だったんだよ闇の力って・・・。

霜山:なんなの今日は、おばさん4人を3回蹴飛ばさなきゃいけないってなんなの今日は。とことんヘコむよドチクショウ。

おば赤:えっ・・・ちょっとどういうことなんっすかこれ・・・全然パワー上がってないじゃないですか・・・。

魚住:あっ?んなの当たり前だコノヤロウ甘えるんじゃねえ。まだ第一段階なんだよそれは。

おば赤:だ・・・第一段階?

魚住:そう、第一段階は体内のエネルギーを溜めるってだけで、戦闘能力的にはなんも良いことはない。本番はもうすぐ始まる第二段階・・・!!

おば赤:えっ・・・(腕が曲がる)グワアアア!!なんだこれは!!体が歪む!曲がりくねる!!

魚住:フッハ!始まったか!!

おば青:ウワアアア!!曲がるザマス!ザマス!ダメ、今私が消えたら誰が彼にエサをあげるのでザマスかぁ!!

おば黄:グワアアア!!!曲がるよ!!でも曲がってる所からステキなニオイがするからちょっとだけ幸せええ!!!

おば桃:イヤアアアア!!私まだカメラ回収してない!回収してないのにいいい!!!

霜山:な・・・なんだよこれ・・・おばさん達の体が・・・紐みたいになっていく・・・。

長塚:・・・なにが起こるっていうんだ・・・。

おじ緑:ふへー・・・糸状の人間とかマジ興奮するのじゃ・・・。


(4つの体が一箇所に集まり、粘土のように形を変形していく)


(みるみる幼い少女の形を象っていく)


魚住:さあ目覚めよ!お前の名はクロマグロの精霊、マキだ!!

(少女に意志が灯る)

マキ:イヤッホーー!!!(部屋中を凄い速さで駆け巡る)

霜山:なんだよ・・・あれ・・・。

おじ緑:やばいのじゃ・・・チョーかわいいのじゃい!!

長塚:おい・・・まさかよ・・・ウソだろ・・・。

霜山:ど、どうした長塚?

長塚:もしかしてさ・・・ここの小学生達ってみんな・・・ああやって・・・。

魚住:フッ・・・ご察しの通りだ!全て我輩が作ってるのだ!!

霜山:・・・・・・どういうことだそれー!!

魚住:厳密に言えば、子供ではなく精霊、我輩は人間の体を使って魚類の魂を宿らせてるのだ!!

霜山:よく分かんねえよ!よく分かんねえけどなんかスゴイよ!!

魚住:魚類の魂と人間の欲望というのは、理由は明白ではないが深いシナジーを発揮するのだ!だから特定の人数の欲望エネルギーが膨れ上がったとき!そこに魚の精霊が生まれるのだ!

マキ:ああご飯山盛りで食べたい!丸坊主の子の頭を撫で続けたい!だから小さい子誘拐したい!それより幼女の尿を飲み干したい!

   使い捨てられた少女の生理用品に顔うずめたい!そして少年の尻をマッハ2で舐め回したい!!ザマスザーマスザーーーマス!!

霜山:・・・よく分かんねえけど、欲望が爆発したらああなるってことだな。

長塚:それで、その特定の人数が、4人か5人ってこと・・・。

魚住:そうだ、しかし欲望の方向性が同じでないと、完成度の高い精霊は作れないのだ。ところが最近、いいカモを発見したことにより強い精霊をガンガン作れるようになったのだ!

おじ緑:ま、まさか!おばさんファイブ第1号隊〜第127号隊まで音信が途絶えたのは、お前のせいなのか!?

霜山:何!?おばさんファイブってそんなデッカイ組織だったの!?博多区民は何を考えているんだ!!

魚住:その通り!彼らほど扱いやすい集団は存在しないからの、誘拐したり誘惑したりしてズルズル精霊に変えてやったのさ!!

霜山:変態から精霊になるとかどんな下克上だよそれ。

長塚:・・・なんのためにこんなことを?

魚住:世界を魚で支配するためだ!この世で一番強い生物、それは魚だ!チーターよりも早く、ライオンよりも強い魚こそ、生命の頂点に立つべきなのだ!

   だから我輩は精霊を作り出し、海も陸も完全に支配できる魚を育てあげるのだ!!

   そしてこの小学校は、その精霊たちを最強に育成させるための超施設なのだっ!!

霜山:やべー・・・なにコイツ熊本の池の中で世界制服を語ってるんだ・・・。

長塚:てことは、プールは身体を鍛えるために・・・。

魚住:そういうことだ、ちょっとお喋りが過ぎたようだな。マキ、ここにいる奴ら全員殺せ。

マキ:分かったよ!ああ、幼児に情けなくイジメられてええ!!!(すごい速さで突っ込む)

霜山:(全力で避ける)うわ!なんだあの速さ!目で追えねえ!!

魚住:そりゃそうだ!クロマグロは魚界最速だからの!

マキ:幼稚園児のふにふにほっぺたうりうりつねってうーうー言わせてえええ!!!!(すごい速さで突っ込む)

おじ緑:グハァ!!(直撃)

長塚:おじグリさん!

霜山:おじグリー!!大丈夫か!!

おじ緑:ふはあ・・・幼女に体当たりされるとか・・・ワシもう死んでもいい!幸せ!!

霜山:落ち着けおじグリ!そいつは中年女性の団塊だぞ!!

マキ:幼女で肉を焼くんじゃねえ!!(突っ込む)

おじ緑:ブボオン!(吐血)

マキ:幼女が血なまぐさくなるだろうがぁ!!(突っ込む)

おじ緑:ふぁああん!!(歯が飛び散る)

マキ:熱がある幼女は看病して恋に落とせええ!!(突っ込む)

おじ緑:ああ!もっとお!(腕が折れる)

霜山:・・・なんかやけにピンクの人の意志が強くないか・・・?

長塚:それほどおじグリ嫌われてたんだね。

(ボロボロになるおじグリをただ見守る二人)

マキ:フッハッハ!最高!最高!なにこの体!欲望のままに生きるってこんなに気持ちいいんだ!!

   やっぺえ私いま幸せ、幸せザマス!!これが私のままにいるってことなのね!最高よ!!

(独りでに決めポーズをとる)

霜山:クッソ・・・どうやって勝てば良いんだよあんなの・・・。

長塚:・・・なあさ、アイツってクロマグロの精霊なんだよな。

霜山:あっ?それがどうした?

長塚:マグロって、走るの止めたら窒息死するハズ。

霜山:あっ。

マキ:グボボボボボ!!!な、急になんなのこれは!!苦しい!グボボボ!!!(必死にもがく)グボボボボボ!!!!

   あっ!あっ!アッーーーーーー!!バタッ。


   (ゆっくりと水面へ浮かぶ)

長塚:・・・・・・・・・・・・・・・。

魚住:・・・・・・・・・・・・・・・。

霜山:・・・・・・・・・・・・・・・あっけねえ。

魚住:クソ!やっぱり人間4人だけでは知能の面に問題があったか!クソオッ!!

長塚:おーい、おじグリ。生きてる?

おじ緑:へっへっへ・・・パラダイス・・・ぱらだいす・・・。

長塚:ダメだ、虫の息だ。霜山、一回おじグリを病院に連れて行こう。交渉はまた次の機会にしよう。

霜山:チクショウ分かったよ!今度来たとき覚えとけよ!(部屋を出ようとする)

魚住:待てえええ貴様ら!!こんな失態を見られて生きて帰れると思うのかあああ!!!!我輩と戦ええええ!!!

霜山:いや、無理です、死にます。

水岡:(ドアが開いて)読んだー?魚住?

長塚:あっ、水岡君!良かった、僕らをまた地上に運んで・・・。

水岡:ふっふっふ・・・。

長塚:えっ・・・水岡・・・君?

水岡:はぁあ!(魚住の口の中に入る)

霜山:え、ええええ!?

魚住:うお、うおおおお、うおおおおおお!!!!(みるみる形が変わる)

長塚:え、ええええ!?

魚住:フハハハハ・・・実は我輩は精霊の力が強すぎるのでな、いつもは力を精霊と半漁人の二つに分けて分散してるのだ!!

   本気を出すその瞬間だけ、我々は再び混ざり合う・・・。さあ、これが私の真の姿!!


   ピラニアスタイルだあ!!

  (巨大なピラニアの姿)

霜山:うぎゃあああ!!ヤバイ、強い、絶対アレ強い!

魚住:グヘッヘッヘッヘ・・・お前らみんな噛み殺してやる・・・とりゃあ!(飛び掛る)

長塚:うわ!おじグリが、おじグリが食われてる!!

おじ緑:ぐぎゃあああああ・・・・!(肉塊となる)

霜山:おじグリーーーーー!!!!!!

長塚:一瞬でおじグリがバラバラに・・・!!

魚住:クッハッハッハッハ・・・数秒後にはお前らがこうなる番だ・・・。

長塚:さすがは海のギャング・・・えげつねえ・・・!!

霜山:クッソ・・・ここで終わるのかよ俺・・・!!!

魚住:ハッハッハッハッハ・・・んっ?なにこれ、美味っ!

霜山:!?

長塚:!?

魚住:えっ、ちょっ、マジで美味いんだけどコレ!焼肉の味がする!ちょっと、誰かエバラ持ってきてエバラ!!

霜山:・・・・・・・・・・・・。

魚住:うわ、なに、こんな美味い肉食ったの俺初めてだわ!うわあ、やべえ!エバラなかったらポン酢でもいいよポン酢でも!!

長塚:・・・・・・・・・・・・。

魚住:すっげえ!これマジ美味、美味すぎる!ご飯が無いのが本当に残念!うわっ、骨まで美味しいよこれ!!

長塚:・・・・・・・・・・・・(持ってたハサミを振りかざす)・・・・・・せいや!(背中を刺す)

魚住:ぐおおおおお!!!いてええええ!!!!でも食べるのやめらんねえええ!!!

長塚:せいや!せいや!(次々と刺していく)

魚住:いってえええええええええええええ!!!!!!でもおいひいいいいいいいいいいい!!!!!!

長塚:(魚住の背に穴を開ける)よっしゃ、行け霜山!蹴り上げろ!

霜山:おっしゃあああああ!!!喰らえ爆裂シュート!!!!!!(左足を振り上げる)


(内蔵を飛ばしながら水面へぶっ飛ぶピラニア)


長塚:よし霜山!あのピラニアに捕まれ!地上まで出られるぞ!

霜山:おう!おまえ天才!!







地上


(打ち上げられてるピラニアを木の棒でつつく霜山)

魚住:いや、なんていうかその、調子に乗りました、スミマセン。

霜山:調子に乗りましたーですんだら警察いらねえわボケ!!目突き刺すぞ!

魚住:いや、それはもうホント勘弁してくださいよ!失明とか怖いです、マジ怖いです!

霜山:だから、俺の意見を全部通せよ、分かったな!

魚住:は、ハイ。分かりました。穴鳥高校のサッカーの授業を認めます。だから早く水の中に戻してください。今の体人間の部位が殆ど無いんですから。

   半漁人とかならまだ地上で生活できますけど、今マジで魚ですから、エラ呼吸ですから!

霜山:それと、お前の小学校が俺の学校のプールを毎日使用するのも禁止な。

魚住:いや、それは勘弁してくださいよ。世界制服できなくなるじゃないですか。

霜山:(ヒレを刺す)

魚住:ゴメンナサイ調子に乗りました。世界制服とかホントマジ、調子に乗りました。これからは池の中だけでひっそりと暮らして生きてきます。

霜山:よし、十日に一回ぐらいならプール使って良いからな。そんじゃあ、リリース!

(魚住を池に投げ込む)

長塚:・・・終わった?

霜山:ああ終わったぜ!俺の大勝利だ!にしてもさ・・・。

長塚:なに?

霜山:こんな小さな町で、こんな小さなきっかけで、こんなデッカイ冒険ができるって、なんか凄いよな・・・。

長塚:うん、やっぱ何が起きるのか分からないのが、この世界なんだね・・・。偽りの無い現実って、案外面白いね。

霜山:ああ、よっしゃあ!今から練習だ!

長塚:今から?ってあっ!おじブラ忘れてた!

霜山:そうだアイツまだ生きていた!探せ!













次の夏


霜山:ああ、暑いぜ!こういう日はサッカーなんてよしてプールで泳ぎまくるぜ!海パンでプールに向かう。

おじ黒:ほうほう、若い者は元気じゃの。

霜山:ってなんでお前がここの清掃員やってんだよ!懐かしいなお前!!

おじ黒:フッ、小さい子だけを愛する病気を克服しようと、マズは女子校生のスク水に興奮することを目標にしたのさ!

霜山:どちらにしろ職権乱用だ!やめろお前ウチの女子をそんな目で見るな!

おじ黒:ええ、いいじゃん。ほらほらせーの、おばさんファイブ!

霜山:とっくにやめてるわそんな団体!黒歴史ナンバーワンだよ俺の!

長塚:あっ、霜山ー。今日のプール中止だって。

霜山:はぁっ!?なんだよそれ!

長塚:いや、それがさ・・・。


魚住:池の開発工事が決まったので・・・しばらくこのプールに住み着かせてください・・・。

小学生達:イエーイ!せっかいっせいふく!!せっかいっせいふく!!


長塚:・・・だってさ。

霜山:おい、おじブラ釣竿持って来い!あいつ等釣り上げるぞ!!(プールに走る)




END














E−10
エントリーNo.003
灯風

卒業証書
(教頭:卒業証書授与。3年D組、七島ナオ!)

ナオ:はい!





ゴウ:…卒業証書。七島ナオ殿。
   右の者は、本校の全過程を修了したことを証する。
   平成24年3月19日、校長、引尾ゴウ。……おめでとう。

ナオ:ありがとうございます!
   …よし、これで無事卒業、高校生活も今日終わり…………あれ?

ゴウ:どうしたのかね?

ナオ:いや……この卒業証書、白紙なんですけど……

ゴウ:……白紙だね。

ナオ:たぶんこれ間違いだと思うんで、正しい卒業証書を……

ゴウ:…ふ、ふふふ。あーっはっはっは!!

ナオ:……校長!?え、どうしたんですか急に!?

ゴウ:そう君の卒業証書は白紙さ。つまり君は……卒業、出来ないんだ。

ナオ:……卒業出来ない!?え、どういうことですか!?

ゴウ:白紙の卒業証書は、卒業出来ないという証だ。
   君には卒業出来ない相応の理由があるんだよ……思い当たる節はないかね?

ナオ:いや、そんな……だって、遅刻も欠席もしてないし、成績もそこそこ取ってたし……

ゴウ:分からないようだな…………じゃあ教えてあげよう。君が卒業出来ない理由は……







   運が悪かったからだ!!

ナオ:……は?

ゴウ:この卒業証書の束の中には、白紙の卒業証書が混じっていた。

ナオ:いやちょっと待って。

ゴウ:君はそれを偶然引いてしまった……運が悪かったからだ!!

ナオ:ホントに運なのかよ!?……いやちょっと待って、え!?どういうシステム!?

ゴウ:…我が校の伝統として、卒業証書に白紙を混ぜておいて、白紙を引き当ててしまった者は卒業できないというしきたりがあるんだ。
   ここぞというときに運が悪いと、社会人になってからも運が悪くて失敗するからな。たぶん。

ナオ:暴論すぎるだろ!!ダメだったときの代償が大きすぎるって!!

ゴウ:ちなみに、白紙は1枚しか入っていない。

ナオ:すげえ確率だな!?いやこれ、むしろ運いいんじゃね!?

ゴウ:なので次の人は君の卒業証書をもらい、以降一人ズレで他人の卒業証書をもらうことになる。

ナオ:そこは俺のを抜いて対応しろよ!!他人の卒業証書とかいらねえだろ!!

ゴウ:…というわけで、君にはもう一度高校生をやり直してもらう。

ナオ:いや待ってくださいよ!!こんな運だけで3年間を棒に振るとか……納得いかないですよ!!

ゴウ:…………まあそう言ってもな。私も鬼じゃあない。

ナオ:…本当ですか?

ゴウ:ああ。ここに筆とすずりがある。その白紙の卒業証書、貸してみなさい。

ナオ:は、はい!

ゴウ:(かきかき)そうは言ってもな、このしきたりも社会に出る前の経験として設けているだけだからな……

ナオ:ああよかった…

ゴウ:…ほら、出来たぞ。







   「は ず れ」だ。

ナオ:ふざけんなよ!!ふざけんなよ!!

ゴウ:はーっはっはっは!!甘いな!!そう簡単に卒業させるか!!

ナオ:くそう!!弄ばれた!!無駄に達筆なのが腹立つ!!

ゴウ:そう!校長はそれが見たいんだよ!!絶望と怒りに溢れたその表情がね!!

ナオ:…こいつ人間じゃねえ!!

ゴウ:はは、毎年これが見たいがために卒業式をやっていると言っても過言ではない!!
   それを証拠に、前の日は全然眠れない。

ナオ:遠足前の小学生かよ!!

ゴウ:白紙を貰った生徒のあのなんとも言えない表情!!ワクワクするに決まっているだろう!!
   だから卒業式が始まってからもそのドキドキ感を長く味わうため、敢えて白紙は最後の方に入れている。

ナオ:D組までしかないからD組不利じゃないか!!チクショウ!!

ゴウ:加えて感情の落差を出すため、D組の担任は毎年、生徒に対して厳しくも優しい高山先生にしている!!

ナオ:確かにめっちゃいい先生だった!!団結力のある良いクラスになってた!!…くそう、自分の快楽のために高山先生を利用するなんて!!

ゴウ:ふふふ…残念ですねぇ〜!内申点も高かったのにねぇ〜!

ナオ:なんなんだよー!!くそう、大学だってちゃんと受かったのに!これで成実ともまだ一緒にいられると思ったのに……

ゴウ:お?…成実さんというのは、君の彼女さんですか?

ナオ:え、まあそうですけど……

ゴウ:……いいこと聞いちゃいましたー!!

ナオ:しまった!!新たな餌を与えてしまった!!

ゴウ:なるほど、彼女さんですかぁ〜!!君は高校生やり直し、彼女は大学生…………離れ離れですねぇ!!

ナオ:うるせえ!!キラキラした目をするな!!

ゴウ:君がすでに覚えている世界史の授業を受けている間に、彼女さんはまだ知らない世界で新たな男を……

ナオ:やめろおおおおおお!!…くそう、全部校長の思うツボなのかよ……

ゴウ:…そういうことだ。君にはもう一度、高校生をやり直してもらう。

ナオ:そんな……運が悪くて高校生やり直しだなんて、親が聞いたらなんて……

ゴウ:安心するがいい。君の両親には100万円あげた。

ナオ:買収されてる!!

ゴウ:もう君には逃げ道はない。さあ、もう一度高校生をやり直すのだ〜!!







(三年後)

ナオ:やっとまた卒業式までこぎ着けた……おんなじことを繰り返すのがこんなに暇だと思わなかった……結局成実にもフラれたし……
   ……あと二十歳過ぎたのに高校生だからエロ本買えないの地味に辛い。

(教頭:卒業証書授与。3年D組、七島ナオ!)

ナオ:呼ばれた。はい!





ゴウ:卒業証書。七島ナオ殿。
   右の者は、本校の全過程を修了したことを証する。
   平成27年3月17日、校長、引尾ゴウ。……おめでとう。

ナオ:ありがとうござ…ああああああああああ!!

ゴウ:(にやり)

ナオ:…白紙ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!

ゴウ:はい残念ーもう一回高校生やり直してくださーい。

ナオ:いやもう三年は!もう三年はさすがに!!

ゴウ:そういうしきたりなので、仕方ないでしょう。

ナオ:何百分の一を二連続で引き当てるとか!!もはや奇跡だろこんなん!!

ゴウ:はっはははは!!いいねぇその表情!!さすが二連続は違うねぇ〜!!

ナオ:あああああうるせえ!!

ゴウ:さすがだねえ!!濃い表情してるねぇ〜!!(パシャパシャ)

ナオ:写真を撮るな!!あと濃い表情って何だよ!!

ゴウ:いやぁいい表情が撮れましたぁ〜、卒業文集に載せてあげましょうかねぇ〜!!
   卒 業 出 来 な い け ど ね ぇ !!

ナオ:やめろおおおおおお!!思い出のスナップ写真の中にこれが紛れるのは嫌だああああああ!!

ゴウ:はいはい白紙貸してー。「は ず れ」って書くから。

ナオ:チクショー!自分の立場を思い知らされるー!!

ゴウ:両親にもまた100万あげるからね。

ナオ:お金だけは増えていく!!

ゴウ:じゃ、また三年間高校生活頑張ってねぇ〜!!







(さらに三年後)

ナオ:やっと三年経った……どんどん時間の流れが遅く感じるようになってる……
   あと女子高生エロいな!!エロい!!女子高生というブランドを客観的に見れる歳になってしまったからな……

(教頭:卒業証書授与。3年D組、七島ナオ!)

ナオ:よし……はい!





ゴウ:「は ず れ」。

ナオ:早いよおおおおおおおおお!!今までちゃんと読んでからだったじゃん!!

ゴウ:「は   ず   れ」。

ナオ:わかったよ!!…というか今更だけど、今までずっと何も書いてないのに卒業証書の文章読んでたのかよ!

ゴウ:おめでとう。

ナオ:おめでたくねえよ!!なんにも!!おめでたくねえよ!!

ゴウ:あれ〜この表情も見慣れてきましたねぇ〜!!もっと引き出しないんですかぁ?

ナオ:ねえよ!!お前のためにやってるんじゃねえんだよ!!

ゴウ:はいじゃあ「は ず れ」って書くから紙貸して。

ナオ:先に言っといてやっぱ書いてねえのかよ!!というか一回渡してわざわざ戻して「は ず れ」って書くシステムなんなんだよ!!

ゴウ:はいじゃあ両親にもお金あげるからね。三連続達成ボーナスで300万。

ナオ:ボーナスとかあんのかよ!!

ゴウ:じゃあ三年後〜 You'll be back!!

ナオ:うるせえ!!







(さらに三年後)

ナオ:“大人の余裕”とか言われて女子高生からめっちゃモテた。四又とかしちゃった。
   なんだこれ。27になってからの突然のモテ期なんなん。そしてやっぱり女子高生エロい。

(教頭:卒業証書授与。)

ナオ:おっ来た……

(教頭:……ですが、今年はインクや墨汁が7万倍に値上がりした影響で卒業証書が作れなかったのでみんな白紙です)

ゴウ:そういうわけで全員高校生やり直しでーす。

ナオ:…えええええええ!?なにそれ!?

ゴウ:だって卒業証書白紙だから。白紙ならやり直しだよね〜。

ナオ:なぜそこまでして「白紙=高校生やり直し」にこだわる!!全員卒業できないとか!!そこはなんか対処しろよ!?

ゴウ:いやー、みんな運が悪かったね。

ナオ:もう運とかいう問題じゃないし!…というか日本経済のせいだ!!なんだよ7万倍の値上げって!!

ゴウ:はーっはっはっはは!!いやぁいいねぇ〜、皆がみんな絶望の表情!!壮観ですねぇ!!
   あ、でもこんだけいると一人一人は薄いかなぁ〜?

ナオ:なんなんだよもう!!絶望の表情を濃い薄いで判定するな!!

ゴウ:そういうわけで今から「は ず れ」って書くから、また紙こっちに戻してねー。

ナオ:やっぱ今から書くのかよ!!めんどくせえな!!…というか墨汁値上がりしてたんじゃなかったの!?

ゴウ:はいじゃあ全員の両親に100万ずつ。

ナオ:この学校の財政どうなってんだよ!!

ゴウ:そして君はこれで合計600万円獲得だね。

ナオ:獲得とか言うなよ!
   …というかもうウチお金いらねえよー!!お母さん金もらうごとにめっちゃ高い骨董品買いやがるんだよー!!
   せめて学費に充てろよ!!家で見かけるたび悪夢を思い出しちゃうだろうがよー!!

ゴウ:じゃあねー。ちなみに君の最初の同級生だったみんなはだいぶ稼ぎ出してるよぉ。

ナオ:あー知りたくなかった!!







(さらに三年後)

ゴウ:「は ず れ」。

ナオ:くそおおおおおお!!







(さらに三年後)

ゴウ:「は ず れ」。

ナオ:ちくしょおおおおおお!!







(さらに三年後)

ゴウ:「は ず れ」。

ナオ:ちくしょおおおおおおおおおお!!…というか校長の任期長すぎだろ。







(さらに三年後)

インフルエンザのため卒業式欠席(欠席により自動的に高校生やり直し)







(さらに三年後)

ゴウ:「は ず れ」。

ナオ:元いた場所に戻ってきたという感覚!!







(さらに三年後)

ゴウ:「は ず れ」。

ナオ:やったあああああああ!!







(さらに三年後)

ゴウ:「は ず れ」。

ナオ:やったあああああああ!!







(さらに三年後)

ゴウ:「は ず れ」。

ナオ:やったああああああああああああ!!













(最初の卒業式から300年後)

ナオ:ふう……またしても最高のコンディションで卒業式を迎えられたな……
   不老不死の薬を手に入れて飲んだかいがあった……

ゴウ:ふぉっふぉっふぉ。やはり来たな。

ナオ:校長!!

ゴウ:ワシもこの時を迎えられて嬉しいぞ。3日おきに不老不死の薬を飲んだかいがあった……

ナオ:一回飲めば効くやつですけどねそれ。

ゴウ:…しかし七島くん。君に残念なお知らせがある。

ナオ:えっ……何ですか?

ゴウ:君も知っての通り、我が校にもついに少子化の波が来た。

ナオ:めっちゃ波遅いですね。200年経ってますけど。

ゴウ:そのせいで、今年の卒業生は君一人だ。

ナオ:確かにそうです。

ゴウ:つまり卒業証書は1枚。そして今まで、白紙はドキドキ感を味わうため、最後の方に入れてきた。

ナオ:……と、いうことは……。

ゴウ:そうだ。1枚目は君の正しい卒業証書だ。つまり、君は…………これで卒業だ。

ナオ:…卒業、ですか!?

ゴウ:ああ。
   …卒業証書。七島ナオ殿。
   右の者は、本校の全過程を修了したことを証する。
   死にたい13年3月20日、校長、引尾ゴウ。

ナオ:年号どうなっちゃったんだよ。

ゴウ:…おめでとう。ついに卒業だな。

ナオ:ありがとうございます……長かったようで、長い高校生活でした。

ゴウ:お疲れ様。今日は、家に帰ってゆっくり休むがいい。

ナオ:あ、いや、家は骨董品で溢れかえってて入れないので庭で寝ます。

ゴウ:そうか。

ナオ:じゃあ帰ります。……しかしいやあ、218歳にしてやっと卒業かー!嬉しいな!
   これだけ我慢したかいg……ウッ!!(バタリ)







ナオは心臓発作で死んだ。

不老不死の薬を飲んだはずでは…とお思いの方も多いだろう。

しかし彼の手に入れた不老不死の薬、その瓶に入っていた説明書にはこう書かれていたのに彼は気付かなかった。







「は ず れ」と。

















(ちなみに218歳までは素で生き延びた)













E−9
エントリーNo.055
海洋ブリザード

漫才/手料理
藤林:どうも海洋ブリザードです。

横田:よろしくお願いします。

藤林:やっぱり今は男も料理できないといかんということで、最近よく料理をするんですけど、なかなか上手く行かないんですよね。

横田:料理するんですか。 実は僕も料理はよくやってまして、それが我ながら結構おいしくできるんですよ。

藤林:自信あるんすか。 あまりそうは見えないですけどね。

横田:得意なんですよ。 みんな意外だって言うんですけどできるんですよ。

藤林:うーん、でもあれじゃないの? お惣菜買ってきて皿に盛るだけとかじゃないだろうな?

横田:失敬な、そんなことするわけないじゃないですか。 僕は真剣に料理してるんですからやめて下さいよ。

藤林:いやゴメン、確かに失敬だった。 まぁそこまで言うなら本当なんだろうけども…

横田:じゃあせっかくなんで今日は僕のレシピを紹介するなんてどうですか? 意外とたくさんレパートリーあるんですよ。

藤林:あ、創作のレシピもお持ちなんですね。 じゃあよろしければ言ってみて下さい。

横田:そうですか。 ではまずこちら、「牛肉の和風炒め丼」です。

藤林:ほほう

横田:こちらがその写真になるんですがね、これは結構手軽に作れるオススメ料理なんじゃないかと…

藤林:いや…これさぁ…

横田:はい? おいしそうでしょ?

藤林:これさぁ…どう見ても牛丼にしか見えないんだけど…

横田:いや違いますよ。 さっき言ったじゃないですか、「牛肉の和風炒め丼」ですよ。

藤林:もうそれも改めて聞くと言い方変えただけみたいに聞こえてくるから。 牛丼にしか見えないわけ。

横田:なんでそうやって無理やり粗探しみたいなことするんですか! ホントに僕が考えて作ったんですよ!

藤林:いや牛丼だね。 じゃあお前いっぺんその炒め丼とやらの作り方言ってみろや。

横田:作り方ですか? まず吉野家で…

藤林:やっぱり牛丼じゃねぇか! 言い始めて2秒で牛丼屋の名前出しやがった!

横田:まだわかんないじゃないですか!

藤林:明らかにわかるだろ! はっきりと吉野家の名前出したじゃねぇかよ!

横田:吉野家で腹ごしらえしただけかもしれないじゃないですか!

藤林:じゃあそのくだり全部必要ねぇよ! 腹ごしらえの話なんてどうでもいいから早く作り方を言えばいいだろ!
   もういい! 料理できるとか大ウソなんじゃねーか!

横田:待って下さいよ! 他にもたくさん料理あるんですから!

藤林:いいよどうせ他もこんなんだろ!

横田:いや次は納得させますから! まず料理名を聞いて下さい、「欧米風サンドイッチ」です。

藤林:いいって…そうやってまた名前だけだろうが…。

横田:これです、写真見て下さい。

藤林:ん? だからよ…これどう見てもハンバーガーじゃねぇかよ…!!

横田:何でですか! そうやって最初から疑ってかかるから何でもそう見えてしまうんじゃないんですか!?

藤林:そういう問題じゃねぇよ! 誰に見せたってハンバーガーって答えるよ! 
   大体欧米風ってサンドイッチも最初から欧米みたいなもんだろうが! さっきからお前がそれっぽく名前変えてるだけなんだよ!

横田:違いますよ! ちゃんと作り方を聞いてから判断して下さい!

藤林:いいよどうせまたチェーン店かどっかに行くんだろ

横田:まず始めに街へ出かけて…

藤林:やっぱりそうじゃねぇか! なんでこんな作り方聞かせて判断させようとしたんだ! どこに自信あったんだ!

横田:黄色い道化師が誘う店へと…

藤林:…マクドナルドじゃねぇか! 店も特定できちゃったよ! 料理名といいさっきから言い方が回りくどいんだよ!
   もういい! どうせお前が言うのは手抜き料理ばっかなんだよ!

横田:だから誤解ですって! 次のは納得してもらえますから!

藤林:本当だろうな? まだ信用していいんだな?

横田:信用してください。 次の料理はこちら、「和風全熟オムライス」です。

藤林:……怪しいの来たな……

横田:完成図としてはこの写真みたいな感じになるんでしょうけども…

藤林:完成図? …卵かけご飯じゃねぇか! 何が全熟だよ! 割りたてほやほやなだけだろ!

横田:言いがかりはやめて下さいよ! 料理ちょっとかじったからって人の料理に文句言いたくなってるだけなんじゃないんですか!?
   自分は大して料理できないのに人の料理にはどや顔でズケズケものいうのってどうかと思いますよ!

藤林:もはやそういう問題じゃねぇよ! 料理かじってなくてもわかるわ! そもそもどや顔してねぇし!
   逆にそこまで言うなら上等だよ作り方言ってみろや! ご飯に卵割るだけなんだろどうせ!

横田:作り方ですが…まずキッチンに立っていてください…

藤林:…何だその前提は! お前が「まず外に出て…」とか言うからそんな余計なプロセス踏むはめになるんだろうが!

横田:しばらく立っていたものがね、こちらになりますけども…

藤林:いいよ!いらねぇよそのくだり! 「オーブンで温めたものがここに」みたいなテクニック使用しなくていいよ!
   時間を短縮したければ「まず外へ出て…」を全部削れ! 話はそれからだよ!

横田:まず卵を用意していただいて…卵が無いという方はね、まず外へ出て…

藤林:だからそれを言うなっつったろうがよ!! 家にいてできるっていう点だけはまだ俺も評価してたのによ! これじゃ結局同じじゃねーか!

横田:黄色い道化師が誘う店へと…

藤林:なんでマックだよ! マクドナルドに卵売ってねぇだろうが! もう作り方も言わなくていいよ! やめちまえ料理!

横田:卵を買う時はね、レジを通った方が買いやすいと思いますけども…

藤林:当たり前だろ! レジ通らなかったら万引きだろうが! 何ワンポイントアドバイス的に言ってんだよ!

横田:えー続いてはこちらの「ソルトスープ・パスタ」です

藤林:おいもう承諾すら取らずに進めるつもりかい! これ以上手抜き料理の話すんなって言ってんだよ!

横田:写真がね、こちらの方に…

藤林:おう、だからただの塩ラーメンじゃねぇかよ! 予想通りの手抜き料理出してくれたな! 期待裏切らねぇのな!
   アンタも恥ずかしくねぇのかさっきからこんなんばっかでよ!

横田:こちらの料理はね…あの…とても上品な香りで…

藤林:いいよ何でさっきから紹介だけこんな落ち着いてんだよ! どや顔なのはお前じゃねぇか!
   料理は手抜きなのに紹介だけ妙に落ち着いてのらりくらりしやがって! とっとと作り方言えや!

横田:まず始めに家を出て…

藤林:またそれかい!! お前も毎回そこから説明してて何も罪悪感ないのか!? 良心どこに置いてきた!
   そもそも料理番組で「まず家を出て…」って言い出す番組があるかい! 俺は見たことも聞いたことも無いよ!

横田:七の刻から十一の刻へ誘う店へと…

藤林:ストレートにセブンイレブンって言わんかい!! 怪談話みたいな表現しやがって!
   セブンイレブンで塩ラーメン買ったって言えば済む話だろ! 時間使いすぎなんだよ!

横田:えー…この料理は3分でできる手軽な料理で…

藤林:カップラーメンだからだよ! カップラーメンだから3分でできるんだよ! こんなの手料理のうちに入らねぇんだよ!

横田:3分待つなんてね、トイレの神様を熱唱してたらあっという間ですけども…

藤林:…いや3分間することないって認めちゃったよ! 手料理だとしたらその3分で料理を作るんだろうが!
   しかもトイレの神様チョイスしたら麺のびて食えねぇよ! あの曲9分近くあるから前半で食べ頃到来しちゃうよ!

横田:続きましてはこちらの「ミソスープ・パスタ」をですね…

藤林:味噌ラーメンだろうが!! 俺が長々説教してる隙に気づかれずに紹介できるとでも思ったか!
   料理もさっきと大して変化してねぇのな! これもどうせすぐ外へ出るんだろ!?

横田:まず始めに家を出て…

藤林:やっぱりそうじゃねぇか! 何度同じ過ちを繰り返したら気が済むんだよ!
   全熟オムライスが懐かしいよ! あの時はまだ外に出ず作れるんじゃないかという一筋の光が差してたよ! あれも結局外に出たけどな!

横田:老人たちが集う村へと…

藤林:…ローソンってそういう意味じゃねぇよ! 老村じゃねぇよ! もはや言い回しの問題ですらねぇよ! ただのウソじゃねーか!

横田:最後にデザートですが……「新食感イチゴヨーグルト」を作りたいと思います。

藤林:何が最後だよ! ここまできて最後だけ手抜き無しなわけがないんだよ! お見通しなんだよ!

横田:まず隠し味に…こちらのフルーチェを…

藤林:もはや隠し味でもねぇよ! 隠れてねぇよ! 作り始めて第一手が隠し味なんて前代未聞だよ!

横田:フルーチェが無いという方は…(せーの、) ま、まず外へ出て…

藤林:誰と足並み揃えようとしたんだよ! 息合わせた挙げ句ぐだぐだになるならやるなよ!   
   今のなんてなんなら「お馴染みのあれ行きますよ」感すら漂わしてたじゃねぇか! 待ってました的なの期待してたんじゃねーか!

横田:何ですかそうやって全部ジャマして!

藤林:うるせぇよ! お前ホントにいい加減にしろよ! 大幅な時間のムダだったぞどうしてくれんだよ!

横田:…まず外へ出て…

藤林:そんなんで解決するか! いいかげんにしろ。













E−11
エントリーNo.067
トロイデ

コント「文化」
トロタ:ふぅ・・・間に合ったー!

    まさかここまでトイレの個室が空いてないとは・・・

    でもこれで一安心だな!

(ドンドンドン)

トロタ:入ってます

(ドンドンドンドン)

トロタ:だから入ってます!

???:あ、開けるんだ早く!

トロタ:なんですか?入ってるんだから他を当ってください

???:どうせたいした事無い物しか出さないんだろ!?

トロタ:どうしたらたいした事あるやつ出せるんだよ

???:俺のはたいした事あるのが出るんだよ!

トロタ:は?

文化男:申し遅れた。私「新しい文化生んじゃう男」と申す。

トロタ:絶対信用できねえ

文化男:私からはもう新しい文化へのエネルギーが溢れ出ているのだ

トロタ:堅苦しい口調でふざけ倒すな

文化男:俺がそこのトイレで新しい文化を生み落とす。

    そうすると世の中は劇的に進化をするんだ!さぁはやくそこをどきたまえ!

トロタ:よう今ので納得させたと思ったなこいつ

文化男:なぜだ!なぜ分かってくれない!

トロタ:いや、何か信用させる事の出来る様な物無いんですか?

文化男:は!そうか!じゃあ君そこのトイレの水を見てごらん?

トロタ:水ってただの水・・・あれ!?

    水がカラフルになってる!?え!?なんで!?

文化男:だろ?その「新しい文化受け止めちゃう水」にこの俺

    「新しい文化生んじゃう男」が新しい文化を生み落とすと

    世の中が劇的に進化するって事なんだよ!

トロタ:さっきからネーミングふざけ倒してるだろ

文化男:さぁ早くそこをどきなさい!

トロタ:いや、でも僕もさっき入ったばかりですし・・・

    あ、ちょっと質問良いですか?

文化男:なんだ!早くしてくれ!

トロタ:その新しい文化はあなたの何処から出てくるんですか?

文化男:お尻だ

トロタ:まずその文化変えろよ

文化男:車酔いしたら口から出てくる

トロタ:文化人全員に謝れ

文化男:俺は今までそこのトイレで色んな文化を生み落としてきた!

トロタ:例えば?

文化男:「紙粘土にニスを塗る習慣」とか「ボウリング場にジュークボックス置こう」とか

トロタ:私生活に響かない文化ばっかりやないか

文化男:「肋骨が3倍ぐらい増えないかな」とか

トロタ:何だそのぶっ飛んだ願望

文化男:とにかく早くしてくれ!ちょっともう漏れてる!

トロタ:漏れる言うな

文化男:ちょっと漏れてるから分かるぞ・・・!

    今回は「カリフラワー」に関する新しい文化だぞ!

    ほら!楽しみだろ!早くどけ!どくんだ!

トロタ:絶対期待できねえ

文化男:もう・・・早くしてくれ・・カリフラワーが・・・!

トロタ:カリフラワー主軸で喋るな

文化男:早くするんだ!もし俺がここで新しい文化を漏らしてしまったら・・・

トロタ:どうなるんですか?

文化男:すっげえ臭い

トロタ:1回でいいから綺麗な事言えよ

(ジャー)

文化男:お、終わったか!?

(ガチャッ)

トロタ:はい、終わりましたよ。どうぞ

文化男:か、代われ!(ガチャンッ!)

トロタ:どうですかー?新しい文化生まれましたかー?

文化男:うるさい!人がトイレしてるときに話しかけるな!

トロタ:陶器で潰すぞ

文化男:まず文化を生み落とす前に儀式をしなきゃならんのだ!

トロタ:儀式?




文化男:Baby, can't you see
    I'm calling
    A guy like you
    Should wear a warning
    It's dangerous
    I'm fallin

    There's no escape
    I can't wait
    I need a hit
    Baby, give me it
    You're dangerous
    I'm lovin it
















トロタ:ブリトニースピアーズのTOXICなんて誰が分かんねん

文化男:もうさぁ前座も終わったし、そろそろ出るぞ!

トロタ:出る言うな

文化男:うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

(ピカーン)

トロタ:うお!まぶしい!






・・・・・


(ガチャ)

文化男:ふぅ・・・新しい文化が生まれたぞ

トロタ:どんな文化ですか?

文化男:デスティニー・チャイルドの新曲「カリフラワー」

トロタ:聞いて損した