Scarlatti

NEWS

2008/4/1 スカルラッティ音楽祭をきっかけに、「日本イタリア古楽協会 Associazione Musica Antica Italiana in Giappone AMAIG」が発足致しました。2008年4月から本格的な活動を始めます。日本におけるイタリア古楽の発展にご賛同いただける方、ぜひご参加下さい。詳しくはこちらをご覧下さい。
2007/11/24 音楽祭の演奏が、i Tunes Storeで販売開始されました。ぜひお聴き下さい!
2007/11/20 無事、音楽祭は終了致しました。ご来場下さった皆様、ありがとうございました。音楽祭の批評が下記の雑誌に掲載されました。 音楽之友9月号音楽現代11月号1音楽現代11月号2
2007/7/10 おかげ様で無事、1日のセミナー&マスタークラスと7日のフォルテピアノのリサイタルが終了致しました。なかなか詳細をレポートする時間がありませんので、調律を担当して下さった梅岡氏のブログをご覧下さい。
2007/7/6 6月30日(土)の東京新聞朝刊に当音楽祭実行委員長の寄稿が掲載されました。
2007/7/4 クラシック音楽情報サイトWEBぶらあぼに、当音楽祭が紹介されました。実行委員長櫻田亮、実行委員櫻田智子、16日に出演のチェンバロ奏者芝崎久美子による対談もお聞きになれます。また、古楽情報雑誌「アントレ」の7・8月号に22日講演のディンコ・ファブリス氏のインタビューが掲載されました。ぜひご覧下さい。
2007/7/3 いよいよ「スカルラッティ音楽祭2007」が開幕しました。遅ればせがら、プログラムとプロフィールを修正しました。
2007/6/26 6月7日にスカルラッティ音楽祭2007」の記者会見が行われました。その模様はこちらをご覧下さい。
2007/6/26 マンドリンのマウロ・スクィッランテ氏によるセミナーと公開レッスン開催決定。プロのマンドリン演奏家、またはマンドリン愛好家の皆様、奮ってご参加下さい。詳しくはこちらをご覧下さい。
2007/6/26 「音楽現代」7月号に当音楽祭が紹介されました。実行委員長であるテノールの櫻田亮のインタビューと同じく実行委員の山田高誌の記事が掲載されています。ぜひお買い求め下さい。
2007/6/25 「レコード芸術」6月号に当音楽祭に出演のエミリア・ファディーニが監修を務めるストラディヴァリス・レーベルのソナタ全集のCDが紹介されました。ファディーニ演奏の第5巻と7月13日演奏のマウロ・スクィッランテとラッファエーレ・ヴレンナのマンドリンとチェンバロのデュオの第10巻も紹介されています。
2007/5/25 6月号の「ぶらあぼ」「音楽之友」に当音楽祭が紹介されました。
関連イヴェントを一部修正、追加を致しました。
2007/5/8 日本人出演者のプロフィールを一部修正、追加を致しました。
2007/4/27 7月13日に演奏のマウロ・スクィッランテ(マンドリンとラッファエレ・ヴレンナ(チェンバロ)のデュオによるソナタのCDが、ストラディヴァリウスからソナタ全曲録音の第10巻として発売されました。近日中に日本でも発売されると思います。
2007/3/28 本日より前売発売の開始!ご注文はこちらまで。
2007/3/2 イタリア人、及び日本人演奏家の写真とプロフィールを掲載しました。
2007/2/7 ブログ(「スカルラッティ音楽祭2007」制作記)を開始しました。
2007/1/31 本音楽祭に出演予定のマンドリン奏者マウロ・スクィッランテ氏が、NHK教育テレビ「イタリア語講座」に出演。すでに1月29日に放送されましたが、2月2日朝6時から再放送されます。マンドリンの話、ナポリの話に加え、インストアーライブの模様も紹介されます。ぜひご覧下さい!!
2007/1/30 多少、プログラム、日程等の変更、加筆を致しました。