Scarlatti

7月23日



『世俗声楽曲コンサート』

19:00開演(18:30開場)>/font>

250回目のスカルラッティの命日にあたるこの日、彼が亡くなる年に書いた最後の作品となるサルヴェ・レジーナ、宗教曲のうち代表的な10声のスターバト・マーテル、数年前に新発見されたドメニコ16歳の時に作曲されたモテットを、セルジョ・バレストラッチの指揮で演奏する。なお、このモテットの演奏は、現代世界復活初演となる。

<曲目>
1. サルヴェ・レジーナSalve Regina(SA+通奏低音)*
2. スターバト・マーテルStabat Mater(10声+オルガン)

**********

3.ソナタK.328(オルガン)**
4. サルヴェ・レジーナ(ST+器楽)***
5. 岩窟,谷は天に喝采せよ5声+器楽)
〜聖ヨハネの祝日ためのモテット〜
I.アレグロ (合唱)
> II.アレグロ (ソプラノ1・ソロ)
III.レチタティーヴォとアリア (ソプラノ2・ソロ)
IV.二重唱 (テノールとバス)
V. レチタティーヴォとアリア (アルト・ソロ)
VI. アレグロ (合唱)

<演奏>
セルジョ・バレストラッチ(指揮)

柳沢亜紀、懸田奈緒子*、星川美保子、櫻田智子(ソプラノ)
穴澤ゆう子(アルト)、上杉清仁*(カウンターテナー)
櫻田亮***、長尾譲(テノール)、小笠原美敬、小田川哲也(バス)

≪岩窟,谷は天に喝采せよ≫
II アレグロ 柳沢亜紀(ソプラノ1・ソロ)
III. レチタティーヴォとアリア 星川美保子(ソプラノ2・ソロ)
IV.二重唱 長尾譲(テノール)&小笠原美敬(バス)
V. レチタティーヴォとアリア 穴澤ゆう子(アルト)

益田弥生、佐藤泉、伊左治道生、天野寿彦(ヴァイオリン)、多井かな(ヴィオラ)
西澤央子(チェロ)、西澤誠治(コントラバス)、櫻田亨(テオルボ)、能登伊津子**(オルガン)


*アンコール
ドメーニコ・スカルラッティ作曲「Iste Confessor その証聖者は(ト長調)」(1715年4月11日ローマにて聖レオの聖体を移動させる時に演奏された可能性)