S.B.C研究会

Gallery
  ホーム
  お知らせ
  沿革・活動履歴
  練習日時
  事務局
  リンク
  団員募集について
  掲示板

Yahoo!ジオシティーズ

notes.jpg【Gallery】notes.jpg

 

 

久しぶりの更新です。

平成21年度に入ってメンバーの試験期間や、転勤、仕事の都合などで集まりが悪くて、なかなか活発に活動することができず、地道な練習が続きました。

今年は「コンクールは無理か。」とあきらめかけましたが、何とかコンクールに出場できる見込みになりました。(ちなみに去年はフルートなし、クラ2の21名で出場、やっぱり銅賞でした。)10名で出場した、去年の吹奏楽祭のがんばりが励みになってます。

登録は25名ですが、本番は出場できないメンバーもいて、25名までいないと思います。しかし、今年はフルート2、クラ3と念願の木管の充実(1本ずつでも充実というところがうちの団らしい)が図られ、去年よりもいい演奏ができそうです。

課題曲は犬任后7觜汁把召丙遒蠅覆里如去年の「ブライアンさん」より苦労せずに済んでます。ただし、バランス的には取りずらいところがありますね。  逆に、うちみたいな小編成の方が仕上げやすいと、勝手に考えています。

他の課題曲はというと、「シャンソン」はダブルリードがないなら、表現が難しいですよね。キイを握るバスーンがないなら無理ですもん。(曲は嫌いじゃないけど。)

「コミカル★」は結構難しい。やってもやってもコミカルにならない。(ましてや★なんてつかない。)出来ないことが「コミカル★」かも知れない。「星三つ〜。」なんてね。

「ネストリアン」はサックス吹きまくりで、「今さら世界史なんていいや〜。」、「ステンドグラスってどういう音で割れるのよ?」と難解な曲で、音出しさえせず。

一般は垢發任る。しかし、うちでは無理です。バストロが今年はいません。(最初のファンファーレの3番トロンボーンは、テナーサックスで代用です。)

というわけで、やっぱり犬任垢諭H省以上の団体がこれというのも当然でしょうね。(別に曲の特徴や団体の強み、指揮者の好みを出せるなら課題曲は何でもいいのでしょうけど。)

とりあえず、本番はいい演奏できるように頑張ります。小編成の利を生かした、ぜい肉のない演奏を目指します。自由曲もスウェアリンジェンですよ。S.B.Cもあきらめたか・・・。と言わず、演奏を聴いてください。小編成ならではの演奏をできればと考えています。

初出場の団体も加わるらしくて、多くの団体が出るのはいいことです。中学・高校より一般の部が盛り上がることが、地域音楽文化のバロメータと個人的に考えています。

img1.gif

 私服で出ました。

 

img2.gif

雨の中の楽器運びで、みんなくたばってます。

 

img3.gif

すいません、フラッシュが足りていません。

演奏メンバー+将来のメンバー1人。ほっとしたやら、くたびれたやら・・・。

 

そして吹奏楽祭

 

正月恒例の吹奏楽祭、雨の降る中アルカスで出場しました。

その日は仕事の人、資格試験が重なった人、おめでたで出れない人、インフルエンザでダウンした人などキャンセルが相次ぎ、出場を取りやめようかというほど演奏人員が減りました。

結局メンバーは10人!

雨で移動も大変! 暑くてムンムン。楽器もトラックを使うほどでないので、車にバラして濡れながら積んでバタバタでした。

しか〜し、演奏はこれ以上減るものはないと、怖いものなしの開き直った演奏でガンガン吹きまくって、会場から手拍子が巻き起こり、終わったら歓声が上がるなど、バカ受けのステージになりました。

懐かしい曲のメドレーで、ソロがたくさんあって親しみやすかったのがよかったのでしょうね。

少ないメンバーでどうなるかと思っていたのですが、何が幸いするかわからないですね。

次は夏のコンクールです。ぼちぼち練習を始めましょうか。また近況をアップします。(気長に待っていてください。)

演奏を聞いて興味を持ってくれた方は、いつでもメンバー募集してますので、連絡ください。

img4.gif

黒い服が決まってます。

この日は結構暑かったな〜。雨でびしょぬれ・・・。

まずはアンコンの結果から・・・

 

年明け初めての更新です。12月のアンサンブルコンテストは、もう少しで金賞、とてもおしい銀賞でした。

とても難しい曲に意欲的に取り組んだメンバーはお疲れ様でした。本当にコンテストで、いつも通りの演奏をするというのは難しいですね。

時期的にも年末で忙しい中、スケジュール調整と体調管理は大変でした。

(眠そうなソプラノ君の表情が、それを物語っています。)演奏前、すでに移動でくたびれているメンバー。

img2.gif

活動的には、今はコンクール終了後の充電がやっと終わったというところです。もう10月、アンサンブルを考えなくてはいけなくなりました。

今年はサックス4重奏を考えています。初めて脱、銀賞となるか。楽しみです。皆さん応援してください。

img1.gif

 

のコンクールは21人、フルートなし、ホルン1本、クラ2本という無謀な編成で出場しました。7月のコンクールは学生さんの前期試験などでなかなか厳しいですね。

結果は銅賞でしたが、仕方ないかというところですね。ほかのバンドの半分以下の人数ですから、敢闘賞といったところでしょうか。

今まではアンサンブルもコンクールも銀賞しかとったことなかったので、それ以外は初めてもらいました。でも、面白い演奏はできたかと思います。(12年前は松浦欣也にA付けてもらったのですけど・・・)

12月16日(日)諫早文化会館にて

12月16日(日)に行われる

長崎県アンサンブルコンテスト

「一般の部」に,出場するため

練習中です。

本番まであとわずかとなりました。

今年は管打8重奏という変わった編成です。

E♭CLやマレットパーカッションが入っているの がミソですね。

E♭CLとTUBAが一緒,SAXとEUPHが一緒というのはなかなかないですよ。

 本番は一般の部の2番目,14時16分,諫早文化会館です。皆さん見てくださいね。

 

 <本番直前>

8月5日(日)に行われる長崎県吹奏楽コンクール「一般の部」に,出場するため練習中です。

1週間を切っているのに笑顔のメンバー(本番は30人いません)。

あせっているのは指揮者だけかも・・・。

 本番は2時15分,長崎市公会堂です。皆さん見てくださいね。

<ザ・忘年会!!>

比嘉さんを囲んでやや緊張のメンバー

12月17日に行われるアンサンブルコンテストに向けてトロンボーンパートが,ローズブラス・クィンテットのトロンボーン奏者,比嘉さんからレッスンを受けました。

12月1日、この日大阪から佐世保入りの比嘉さんから,夕方6時から基礎練習を始めとしてアンサンブルの丁寧なレッスンを受けました。

まず,教則本を使った基礎練習のやり方を一通りやった後は,ハーモニーのチェックやアンサンブルの各パートを実際に吹いて「こういう風にやってみては」と,実演を交えたわかりやすいレッスンでした。

メンバーも音がカスカスになりながら(ちーん)懸命の演奏(?)で答え、充実のレッスンになりました。

 あと2週間を切ったアンサンブルに向けて,週2回のペースで懸命の練習中です。本番でレッスンの成果が出せるようにがんばっていきます。

 またレッスンの機会が出来ればいいですね。比嘉さん,レッスンありがとうございました。

<充実の中音域>

<パート練習>

<ピース!!>

うちは学生さんが多い明るいバンドです。吹奏楽のオリジナル中心に演奏しています。

メンバーはトロンボーン以外大募集中です。楽器持たない人は要相談,あきらめずに連絡してください。

次はアンサンブルの結果と実況,年明けは吹奏楽祭の実況をアップしたいと思います。

ひょっとしたら忘年会や新年会のアップが出来るかも・・・。