フリューゲル音楽教室
トップページに戻る

講師紹介

管谷怜子(すがやりょうこ)のプロフィール











      

 福岡市出身。福岡音楽学院にて学ぶ。福岡女学院高校、桐朋学園大学ディプロマコースを経て、桐朋学園大学院大学首席修了。慶応義塾大学文学部(美学美術史学専攻)卒業。全日本学生音楽コンクール福岡大会第3位。ウィーン音楽コンクール特別賞。日本演奏連盟新人推薦演奏会にて黒岩英臣指揮のもと、ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」を九州交響楽団と共演。2007年福岡銀行本店ホールにてソロリサイタル開催。以後、ピアノソロを中心にピアノデュオ、室内楽、弦楽器や管楽器、声楽の伴奏などで活動している。
 現在、福岡市の「日時計の丘」ホールにおいては、音楽と朗読、朗誦、映画とのコラボレーションという新たな試みにも挑戦している。
 2000年より現在も世界的ピアニストである野島稔氏のもとで研鑽を積む。これまでにピアノを、小島ひろ子、白川奈緒子、末永博子、安井耕一、田部京子各氏に師事。室内楽を岩崎淑、岩崎洸、藤原浜雄、飯沼信義、新実徳英各氏に師事。カロローザ会員。
 2009、2010年の九州・山口ジュニアピアノコンクール審査員、ドリカム・ピアノコンクール審査員をつとめる。
 最近の演奏会では2011年にラズモフスキー四重奏団と共演、2012年4月には東京オペラシティ小ホールにて、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番を演奏し好評を得る。2012年7月からは、「日時計の丘ホール」にてJ.S.バッハ鍵盤楽器作品の全曲連続演奏会シリーズを始動し、「無音から薄霧のように浮かび上がる繊細なクレシェンドは奇跡的な響きであった」(毎日新聞)との評価を得ている。
 現在はフリューゲル音楽教室にて後進の指導に当たっている。九州大学芸術工学部非常勤講師。