History


 2001年夏:数年ぶりに帰国。久しぶりの銀座。四丁目の交差点にほど近い山野楽器のギター売り場の奥に誇らしげに鎮座するGUYATONE のスティールギター(六本弦)を見つける。昔使っていたタイプとまったく同じ。足が動かなくなってしまう。機内持ち込みで台湾に持ち帰る。重かった。弾いてみると、低音に伸びが無いところまでまったく同じだった。



 2002年夏:台湾有数のギターアンサンブル Dragon Gate Guitar Ensembleのコンサートに行く。楽屋を訪ねて、コンサートマスターの莊維仁にハワイアンバンド活動の応援を依頼し、快諾を得る。








 Dragon Gate Guitar Ensemble
MRT淡水駅前広場にて


 


2002年秋
:台湾日本人会の歳末イベントに向けて毎週金曜日に合同練習。Dragon Gate Guitar Ensembleのメンバーは聴きなれないスティールギターが楽譜どおりに弾かれないことに戸惑った。貴重な時間を割いていただき、感謝・・・感謝・・・。


 2002年冬:台湾日本人会文化部会主催「ふれあいふぇすてぃばる」に、Ricky miya & Dragon Gate として出演。前々年まで歌謡曲で出演していた秘蔵っ子 Michelle Tsai (蔡宜蓁)も参加して、オリジナル曲「淡水サンセット」、「その名はフォルモサ」などを歌う。総勢八名。2003年にも同じメンバーで出演を重ねる。

 


レパートリーは映画音楽(アナスタシア、いるかに乗った少年、ロミオとジュリエットなど)とハワイアンのスタンダードナンバー(珊瑚礁の彼方、タブー、南国の夜など)





 2004年夏:莊維仁、曾富源、Ricky Miya の三名で Palm Hawaiians を結成。


 2004年12月12日:「ふれあいふぇすてぃばる」に Palm Hawaiians として初めて出演。出演者:Side Guitar:莊維仁、Steel Guitar:曾富源、Steel Guitar,Ukulele & Vocal:Ricky Miya
曲目:
Na Lei O Hawaii (バンドのテーマ)、南国の夜、珊瑚礁の彼方、黒い瞳、倖せはここに




 005年夏:探していた練習会場が、台北市中正区の区民活動センターに決定する。中正区民である友人蒲武雄(交流協会台北事務所OB)夫妻と中正区幸市里・林禎吉里長の協力の賜物。それ以来、ハワイアン教室とバンド練習は、この区民活動センターになる。


 2005年12月11日:「ふれあいふぇすてぃばる」に出演。メンバーは五名。出演者:Side Guitar:莊維仁、Steel Guitar:曾富源、Vocal & Percussion:蒲武雄、Vocal:Helen Cheng、Steel Guitar & Ukulele:Ricky Miya.
曲目:Na Lei O Hawaii(テーマ)、ハワイの結婚の歌、南国の夜、別れの朝、想い出はいつまでも、Aloha Oe 



 2005年12月24日:台北市中正区幸市里の里民クリスマスパーティーに出演。日頃、練習会場を借りているので、感謝の気持ちを込めて演奏する。ラストナンバーのJingle Bells では、場内の観衆が肩を組んで踊り続けて予定時間をオーバーするほどで、大いに盛り上がる。まさに日台の友好はここに花開く感あり。ハワイアンの普及にも手ごたえを感じた一日であった
曲目:Na Lei O Hawaii、想い出はいつまでも、南国の夜、別れの朝、アロハ・オエ、旅姿三人男、ジングル・ベル



 2006年夏:練習生も増えて、暑さにもめげずにさらに進化を続ける Palm Hawaiians であった。



 2006年10月6日:台北市中正区幸市里の中秋節里民懇親パーティー(於:中正区海山公園)に出演。演奏時間は30分。バンドのテーマ曲Na Lei O Hawaii を含めて八曲を演奏する。聴衆は、これまで聴いたことのない音楽という人が多く、ハワイアンの心地よさを堪能したのではないか。会場は樹木の多い公園の常設舞台で、中秋の月が木の葉の向こうに輝いていた。

 今回の出演者:Side Guitar莊維仁、Percussion侯素智Kids HosokiVocal蒲武雄Helen Cheng、Steel Guitar & Ukulele:Ricky Miya.
 曲目:Na Lei O Hawaii、I'll Remember You夏の日の想い出Aloha Kuu IpoGood-bye Honolulu、 月の夜は、倖せはここにAloha Oe.  




 2006年11月4日、5日まつりイン台湾主催:まつりイン台湾実行委員会。後援:台湾交通部光局、台湾観光協会、日僑工商会、台湾日本人会、交流協会、日本観光協会他)が11月4日、5日に国父紀念館前中山公園広場にて開催される。初日はStreet performance会場 で1ステージ(20分)、二日目はStreet PerformanceとCenter Stage の二会場でそれぞれ1ステージ(各20分)の出演をする。前日まで降り続いた雨も上がり、絶好の野外ステージびよりとなる。日本人と台湾人の友情と文化交流の象徴的な存在としての出演。メンバーは台湾人が5名、日本人が3名だったが、その中にはどう見ても国籍不明者としか思えないプレイヤーが数名いたようだった? 

 今回の出演者:Side Guitar:施幸發、Percussion:侯素智Kids Hosoki、Vocal:蒲武雄Helen Cheng、Steel Guitar:曾富源、Ukulele & Hula dance:Judy Kei、Steel Guitar & Ukulele:Ricky Miya. 
 曲目:Na Lei O HawaiiBeyond The Reef I'll Remember You夏の日の想い出AnastasiaAloha Kuu Ipo月の夜は倖せはここにTabooJungle Drums Boy On A Dolphin. 


 2006年12月3日ふれあいふぇすてぃばるに出演。スティールギターはアンプを使用しないと音が出ない楽器である。サイドギターとして使っているクラシックギターもピックアップからミキサーに音を送り出している。ウクレレやパーカッション、ボーカルはマイクを使ってミキサーに音を送っている。このように電気を使う私たちのバンド演奏では、ミキサーの力量が成否の鍵を握っている。今回のミキサーの技術、音楽に対する熱意を心から感謝した一日であった。温かい拍手を送ってくださった観客、司会のクッキー上田さんをはじめとするスタッフの皆さんにも感謝したい。「Me Ke aloha. Mahalo!」

 出演者:Side Gitar:施幸發、莊維仁、 Percussion:侯素智、 Recorder & Percussion:Kids Hosoki、Vocal & Percussion:蒲武雄、Helen Cheng、 Steel Guitar:曾富源、Ukulele & Hula dance:Judy Kei、Steel Guitar & Ukulele:Ricky Miya. 以上九名。
 曲目:Na Lei O Hawaii (バンドのテーマ)、月の夜はTaboo倖せはここにAloha Kuu IpoJungle Drums.                                                                                                                                     


2007年6月30日社区園遊会(台北市政府社会局主催・台北市中正区幸市里共催、会場:忠孝公園)に出演。このイベントは、日頃から家庭内暴力とセクシャルハラスメントの撲滅に取り組んでいる台北市社会局のキャンペーンのためのイベントで、今回が八回目を数えるらしい。我々はプログラム最後の演目(5PMから)だった。当日は本格的な夏の到来を思わせる暑さで、練習場所の区民活動センターから会場まで運搬する楽器類の重さが身にしみた。舞台上のセッティングを終えるまでがたいへんで、汗だくの演奏となった。六月に作ったばかりの The Formosa In My Heart を初めて披露した。

 出演者: Guitar:
施幸發、莊維仁、 Vocal & Ukulele : Helen Cheng、 Vocal & Percussion : Kids Hosoki、Steel Guitar & Ukulele : Ricky Miya

 曲目: Na Lei O Hawaii(バンドのテーマ)、Sophisticated Hula倖せはここにOne Rainy Night In TokyoThe Formosa In My Heart(オリジナル曲)



2007年12月2日ふれあいふぇすてぃばる(日本人会文化部会主催)に今回で六回目の出演。当初5名出演する予定だったが、直前に参加希望者が増えて8名になった。 メンバーの都合で前日のリハーサルと当日朝のリハーサルのメンバーが異なるなどの困難もあったが、無事に終えることが出来た。会場に集まる多くの年配の人たちから、「60年代の映画音楽を聴いて懐かしさを覚えた」という感想をいただいた。「ハワイアン・スタイルでポピュラーをやるのも新鮮」という感想もあった。直前に参加を決めたパーカッションの侯素智は今回で四度目の共演になるが、さすがにカリブの国々でプロとして演奏活動をしていたプレイヤーである。彼女が加わるだけで一味違う演奏になる。いつの日か思う存分セッションしたいものである。いつものことだが協力いただいたスタッフの皆さんに感謝感激。また、歌や演奏を楽しんでくださった皆さんにも心から感謝したい。

出演者: Guitar:
施幸發、莊維仁  Vocal & Ukulele:Helen Cheng  Vocal & Percussion:Kids Hosoki  Percussion:李姐  Bass:Yoshi Hosokawa  Percussion:侯素智  Steel Guitar & Ukulele:Ricky Miya.

曲目: Na Lei O Hawaii   夏の日の想い出   One Rainy Night In Tokyo  The Formosa In My Heart   Les Parapluies de Cherbourg(シェルブールの雨傘 )   La Chanson D' Orphee(黒いオルフェ)   La Playa(夜霧のしのび逢い)    


2007年12月22日 台北市中正區幸市里里民クリスマス・イベント(主催:中正區幸市里、会場:忠孝公園特設ステージ)に出演。天気予報では降雨率50%だったが、垂れ込めた雲から雨が降ることもなく、気温は22度前後で、穏やかな冬至の夕べだった。我々のパフォーマンスは前半と後半に分かれており、前半と後半の間に主催者である林里長の挨拶、子供たちの花火点火などがあった。ステージの照明が無いために楽譜やスティールギターのフレットが見えない、歌詞が見えないなどのハプニングもあったが、無事に終えることができた。

出演者: Guitar:
莊維仁 Vocal & Ukulele:Helen Cheng  Percussion:侯素智、Kids Hosoki  Bass:Yoshi Hosokawa  Steel Guitar & Ukulele:Ricky Miya

曲目:Na lei O Hawaii  Les Parapluies De Cherbourg(シェルブールの雨傘) La Chanson D'Olphee(黒いオルフェ)  La Playa(夜霧のしのび逢い)  Dark Eyes Medley(黒い瞳~モスコーの夜は更けて)  Beyond The Reef(珊瑚礁の彼方)  グッバイ・ホノルル  夏の日の想い出
Silent Night,Holy Night  Jingle Bells           


2008年春 CD制作に専念するため、約三年間借りていた台北市中正区の区民活動センターの練習会場を返却する。新たな練習会場はMy Workshop になる。



2008年3月 CD 我が心の台湾 麗しの島よ THE FORMOSA IN MY HEART が完成する。 

2008年5月 CD HAWAIIAN GUITAR MAGIC GLORIOUS SCREEN MUGIC が完成する。



2008年6月8日(端午節) 台北市中正区里民イベントの出演要請があったが、CD制作関連の仕事などでスケジュールの調整がつかず、応えられなかった。(幸市里の皆さん、林里長、ほんとうに申し訳ありませんでした。)


2008年7月11日 東京からウクレレ・プレイヤー 高橋重人氏が来る。夜9時過ぎに中山北路のホテルにて対面。時間は遅かったがドラゴン・ゲイト・ギター・アンサンブルの練習場に駆けつけた。莊維仁を初めとするメンバーの大歓迎を受けて、高橋重人氏が Hilo March などをウクレレ演奏する。ドラゴン・ゲイトも演奏のお返しを・・・。練習場は記念すべき日台文化交流の場となる。
 練習場から
Swing台北市光復南路417巷6号 Tel. 8789-0320)に舞台を移して、高橋氏がウクレレ演奏を披露した。店内は手拍子やフラダンス?を踊る人たちで熱気に包まれた。Swingは本来ジャズの店である。ジャンルが違うにもかかわらず機会をくださったジャズ・ピアニストでオーナーの桑原伸樹氏に心より感謝したい。



2008年10月31日 CD HAWAIIAN GUITAR MAGIC ROMANTIC SCREEN MUSIC が完成する。


2008年12月14日 第20回ふれあいふぇすてぃばる 20回目を迎えた日本人会文化部会主催のイベントに参加した。今回は以前私が指導したことのある日本人学校の軽音楽部やアミ族の民俗芸能などの出演もあり、楽しいひと時であった。私たちは直前に主催者側から10分の出演時間を守って欲しいと言われて、演目をどうするか前夜まで迷った。東京からウクレレ・プレイヤー高橋重人さんがこのイベントのために前々日に自費で来台したことで、初めて本格的なウクレレが加わり、ハワイアンバンドとしてのサウンドを会場の皆さんに楽しんでいただく機会であったからである。それと同時に、私たちには常に「日台文化交流の活動」というコンセプトがある。七つの音楽グループの中で最短出演時間の10分とは・・・。
 高橋重人さんのウクレレ・ソロはバッキー白片の時代のソロ(私が常日頃弾いているスタイル)とはまったく異なるもので、私には弾けない奏法である。ぜひこの機会に会場の皆さんに一曲でも多く聴いてもらいたいと思ったが、かなわなかった。ウクレレ・ソロはHilo March 一曲しかできなかった。
 彼は最近のウクレレ・プレイヤーには珍しく歌も歌えるプレイヤーである。私は彼のために Beyond The Reef (珊瑚礁の彼方)の日本語の歌詞を書いた。彼は二週間前からこの歌詞で練習を重ねてきたので、この曲を省くわけにはいかない。
 Kids Hosokiが歌うオリジナル・ソング Formosa In My Heart(我が心のフォルモサ) を省くこともできない。そんなわけで、昔のバンドの時代から弾いていたバンドのテーマ Na Lei O Hawaii (島の唄)、準備していたラテンの名曲 Taboo(タブー) を省いた。タブーはフラメンコ・ギターの名手 莊維仁のギター・ソロの部分もあったが時間の関係でどうにもならなかった。彼は午前の新竹のレッスンを終えてから駆けつけてくれて、出番が終わると次のレッスンのために南投へ向かった。いつものことだが彼の協力には頭が下がる思いだった。また、いつも裏方に徹して支えてくれる台湾ギター学会理事でドラゴン・ゲイト・ギター・アンサンブルのギタリスト施幸發の協力にも感謝したい。
 プログラムの前半だったせいも手伝って、会場の皆さんは静かに聴いてくれた。ありがとう、皆さん!
 演奏を盛り上げてくれた司会のクッキーさん、森さん、スタッフの皆さんに感謝したい。謝謝大家!

出演者:Guitar :莊維仁  Guitar :施幸發 Percussion & Vocal :Kids Hosoki   Ukulele& Vocal :高橋 重人  Steel Guitar :Ricky Miya

演目 : Formosa In My Heart  Hilo March  Beyond The Reef  Jungle Drums



2009年8月30日 約半年の時間をかけて制作していたCD、HAWAIIAN GUITAR MAGIC 第三集 ENCHANTED SCREEN MUSICが完成する。これを機に昨年中に制作していた第一集、第二集のリミックスをして、新たにジャケットのデザインを一新し、HAWAIIAN GUITAR MAGIC VOL..1、 VOL..2、VOL..3とした。
 バンド活動を封印して制作に励んだVOL..3は時間をかけて、映画音楽の宝庫イタリア映画のテーマを9曲入れたが、ディレクターとしても演奏者としても満足できる完成度に仕上がったと思っている。




2009年12月6日 第21回ふれあいふぇすてぃばる 毎年恒例の日本人会文化部会主催のイベントに今年も参加した。今回で八回目の出演となる。省みればバンド活動以前、今は歌手になった秘蔵っ子Michelle と初めてこの舞台に立ったのは1999年12月の第11回イベントだった。あれから十年の時が過ぎたが、ステージに立つ感動は今も変わらない。 
 前日まで天気が悪かったが、当日は台湾らしい穏やかで暖かい日になった。アロハシャツが似合う天気だ。
 メンバーは昨年の五人プラス、この春に入門した日本人学校出身の南柚香の六人である。
 南柚香はこのステージがデビューとなる。独特のハスキー・ヴォイスで名曲 Casa Bianca (作詞:Ricky Miya)をしっとりと歌った。練習のときよりも出来がよかったように思った。
 私たちの持ち時間は昨年と同じ10分ということで、今年も選曲に頭を悩ませることになったが、東京から参加してくれた高橋重人さんに予定していた歌をやめてもらうことで了解していただいて、さらに磨きのかかったウクレレソロ Hilo March 一曲と他の曲のコード弾きに専念してもらった。世界で活躍するプレイヤーに忙しい時間を割いて来ていただいて、一曲だけのステージになってしまい、ほんとうに申し訳なかった。この次にはゲストとして別枠でウクレレ・ソロを会場の皆さんに聴かせてあげたいと思った。台湾ではめったに無いチャンスなのだから。彼の演奏はほんとうに素晴らしい。彼の演奏を聴くと、私が伴奏楽器と思いこんでいるウクレレがソロ楽器に生まれ変わっていたことにいつも気づかされる。
 あとでビデオを撮影した仲間によると、私の真面目?でのんびりしたトークを入れた結果、20分になったそうである。そんなことならトークをやめて、もう一曲ぐらい演奏すればよかった。反省!
 会場の雰囲気はとてもよかった。あとで、演奏曲が少なすぎる、あと少なくとも三曲はやってもらいたいと数人に文句を言われたが、割り当て時間が少ないから仕方がないと説明するしかなかった。しかし、「まだやっているよ。いい加減でやめて欲しいね!」と会場のあちこちで言われるよりははるかに幸せなことである。
 
 司会のクッキー上田さん、森敦子さん、スタッフの皆さん、会場に来てくださった皆さん、後援会の皆さん、メンバーのみんな!ありがとうございました。

 出演者 Guitar :莊維仁  Guitar :施幸發  Percussion & Vocal :Kids Hosoki   Ukulele :高橋 重人  Steel Guitar :Ricky Miya  Uulele & Vocal : 南 柚香
 曲目 Na Lei O Hawaii  北上夜曲  Hilo March  Casa Bianca


 2010年7月31日 フォルモサ・シニア会
 フォルモサ・シニア会の懇談会は毎月一回のペースで開催されているが、今回は長老・阿尾博政さんの誕生会を兼ねて行われた。
 我らPALM HAWAIIANSの三人は阿尾さんの誕生日を祝うべく、会場の国王大飯店のレストランに12時に集合してリハーサル。12時半の会員の皆さんの食事の時間に歌と演奏を披露した。
 まずは、Kids Hosokiが二曲歌う。
 南川 馨は、名前を換えて初めてのパフォーマンスであったが、持ち歌の四曲を堂々と?、恥じらいながら?歌った。
 主賓の阿尾さんを初め、会員の皆さんには楽しいひと時だったと思う。
 会員の皆さん、温かい拍手、有難うございました。とても励みになりました。

 出演者 Vocal & Percussion:Kids Hosoki   Vocal:Kaori Minamikawa  Ukulele:Ricky Miya 

 曲目 北上夜曲  Formosa In My Heart  Monologue  Ballade On The Beach  Casa Bianca  あて先の無い手紙 



 2010年8月20日  南川 馨の誕生記念パーティー
 我らがPALM HAWAIIANSのホープ、南川 馨の18歳の誕生日を記念してパーティー並びにミニ・コンサートが開催された。日頃お世話になっている人達に、彼女の成長ぶりを披露すると同時に舞台度胸を付けるという目的でもあった。
 パフォーマンスの終了時に、この日のために制作したメモリアルCDがご参加の皆さんにプレゼントされた。(詳細はCDのページをご参照ください。)
 パーティーのために料理、ドリンクを準備して下さった皆さん、有難うございました。
 南川 馨は、この日の感激と皆さんのご好意を胸に秘めて、今後も精進する覚悟を新たにしました。

 出演者 Vocal:Kaori Minamikawa  Electric Guitar & Ukulele:Ricky Miya
 曲目 Monologue   Ballade On The Beach   Casa Bianca   あて先の無い手紙   夏の日の想い出




 2010年9月29日  台北市士林區長青大學カラオケ班発表会
 長青大学で60歳以上の学生たちに英語とカラオケ指導をしているAngela Wang老師に招かれて出かけた。席に着くとまもなく台湾在住のミュージシャン、Matt Nicodemus が大きなアコースティック・ギターを背負って現れた。ネット上では連絡を取り合っているが、久しぶりの再会である。
 学生たちの歌はアメリカのポピュラー・ソング、日本演歌、台湾演歌、国語歌謡曲などさまざまである。英語の発音には感心させられた。Angela老師の教え方がよいのだろうか。
 Rickyはウクレレの弾き語りで大橋節夫の名曲倖せはここにFormosa In My Heart を歌った。
 バンドのメンバーそれぞれが各自の仕事で忙しくなっているのでそれを尊重し、こちらのスケジュールや都合を押し付けることなく、これからは今回のように一人または二人で演奏活動をしていくことが増えるだろう。そのテストケースとして今回は非常によかった。
 Matt は自作自演で This Is Our World を歌った。タレント性溢れる人である。




 2010年10月23日 フォルモサ・シニア会
 前々日に幹事・加川さんから、7月の例会で誕生会をやった阿尾さんからパフォーマンスの依頼があったという電話があった。
 当日の朝9時に南川 馨が工作室に来て、和製ハワイアンの名曲、夏の日の想い出(作詞作曲:鈴木道明)の練習をした。練習の傍ら、アレンジとスチールギターのミックスを終えてCDにしたのは出発の5分前である。
 12時から会場の国王大飯店で設営とリハーサル。12時半から歌と演奏に入る。
 今回、シニア会の出席者は27名で、シニア会発足以来の人数であったが、大勢の人達の前で歌と演奏が出来たことは意義深いものであった。

 出演者 Vocal:Kaori Minamikawa   Vocal:Kids Hosoki   Ukulele:Ricky Miya
 曲 目  北上夜曲  Formosa In My Heart  Monologue  Ballade On The Beach   あて先の無い手紙   夏の日の想い出  Casa Bianca



 2010年11月4日 LIVE in TAIPEI ARTIST VILLAGE
 台北国際芸術村で村落餐庁(Village Cafe)を営むEvaさんと企画したライブ。多くの後援者やウクレレ教室の学生たち、常連の方々の前で、八時半から九時が第一部、九時半から十時が第二部と、二回に分けて歌と演奏を披露した。出演者はわずか二名であるが、事前にスタジオでウクレレやスティールギターの演奏を多重録音したCDを再生することで演奏を補った。
 台北駅に程近い官庁街の一角にひっそりと建つ台北国際芸術村はまさに都会のオアシスである。大人の雰囲気が漂うこの場所でパフォーマンスが出来たことは、我々にとって夢のような出来事であった。場所を提供してくれたオーナーのEvaとJason、それに機材を運んだMario、ミキサー役Kappa、その他の皆さん、有難うございました。

 出演者 Vocal:
Kaori Minamikawa   Ukulele & Steel Guitar:Ricky Miya
 
 曲 目 1.Na Lei O Hawaii  2.Beyond The Reef  3.Boy On A Dolphin  4.On A Tropic Night  5.Hawaiian Paradise  6.Taboo  7.La Playa  8.Anastasia  9.Blue Hawaii  10.Monologue(Original)  11.Casa Bianca  12.Ballade On The Beach(Original)  13.A Lettar Withought Address(Original)  14.Natsunohino Omoide  15.Formosa In My Heart(Original)  16.Aloha Oe
  




 2010年12月5日 第22回ふれあいふぇすてぃばる今年も12月の第一日曜日に開催された。今回のPALM HAWAIIANSはいつも出演するギタリストの二人が花博のパフォーマンスと重なったので出演不可能となり、二人とギター・トリオを組む高荔龍に参加してもらうことになった。また、今回初めてアコースティック・ベースで友人Jimmyが参加。東京から世界で活躍するウクレレ奏者・高橋重人も前日に松山空港に降り立ち、ハワイアン・バンドとして理想のメンバー構成となった。
曲目は一週間前まで決められなかったが、南川馨が歌うオリジナル・ソング2曲とハワイアンの名曲Hawaiian Paradise にした。観客が静かに聴いてくれたので、よかったのかな?
いつか、このメンバーでライブをやりたいと思っている。協力してくださった皆さん、有難うございました。

出演者 Vocal & Ukulele:
Kaori Minamikawa   Guitar:Li-lon Gao  Acoustic Bass:Jimmy Wu   Ukulele:Shigeto Takahashi    Hawaiian Steel Guitar:Ricky Miya

曲 目  1.Na Lei O Hawaii   2.Monologue(Original)  3.A Letter Withought Address(Original)  4.Hawaiian Paradise





2011年12月4日 第23回ふれあいふぇすてぃばる
 例年のように、前日の午後3時に会場のSOGOに始めて全メンバーが集まって練習をした。
 今回のふぇすてぃばるは台湾日本人会創立50周年ということなのか、プログラムが進むにつれて出演者も出し物も何となくレベルが高いように感じた。
 私たちのバンドはヴォーカリストが他のスケジュールと重なったために出演できなかったので、スティールギターのソロで四曲を演奏した。
 初出演のウクレレ担当の王珮軒は教室で一年間レッスンを続けてきて、このステージに間に合った私の秘蔵っ子である。彼女にとっては二度目の舞台となったが、よく出来たと思う。
 10年続けてきて、やっと自分の理想とするサウンドになりつつあるのを感じた日であった。
 ご協力くださった皆さん、有難うございました。
 
 私のハワイアンバンド活動も今年で50年。来るべき2012年は新たな出発の年になります。 
 これからもご声援ください。

出演者 Guitar:高荔龍 Guitar:施幸發 Ukulele:王珮軒  Bass:Jimmy Wu Steel Guitar:Ricky Miya 

曲目
 1.Beyond The Reef  2.Taboo  3.Hawaiian Paradise  4.Sunflower





Top page


Copyright(C) 2006 Ricky Miya & Palm Hawaiians. All rights reserved.