主催者ご挨拶

■鍵盤奏者HAYATO

ピアノ・キーボード演奏/作詞・作曲・編曲/企画・プロデュース等

・音楽事務所「ワンワン・ミュージック」代表

・元所属バンドにて、EMI Music Japanよりメジャーデビュー

・チャリティーイベント「燈燈無尽〜心と絆プロジェクト〜」代表

・NPO法人「緑の真珠 アスナロウの会」理事

・「宮城県気仙沼市&ホヤぼーや応援ソング♪」作詞・作曲・編曲

・「宮城県南三陸町&さんさん商店街応援ソング♪」作詞・作曲・編曲

・「埼玉県新座市&ゾウキリン応援ソング♪」作詞・作曲・編曲

・ボランティアグループ「スーパー・メロディーズ☆」代表

 

燈燈無尽〜心と絆プロジェクト〜の主催者の鍵盤奏者HAYATOと申します。

私は一人のミュージシャンとして「音楽を通した社会貢献」をテーマに活動しています。

子供の頃から様々な社会問題に関心を持ちつつ、10代から様々な音楽活動をしながら、機会のある時には福祉施設や幼稚園等でもボランティア演奏をしてきました。

 

そんな中で、大きな転機になったのは2011年3月11日に発生した「東日本大震災」です。

テレビから飛び込んでくる映像に目を疑いながら、何も出来ない自分の無力さを痛感していました。

自分には何が出来るのかを考えながらも、何も出来ずに2年近くが過ぎましたが、2013年2月に知人の紹介で初めて宮城県気仙沼市を訪問し、仮設住宅で演奏させて頂きました。

 

それから東北に20回以上、ボランティアで訪問させて頂きながら、様々な応援ソングなども作り、被災地に「音楽を届ける活動」をしてきました。2014年には、気仙沼市長や多くの皆様のご協力を得て、気仙沼市内の子供達約7000人に応援ソングのCDをプレゼントさせて頂きました。

 

出会ったボランティア仲間の温かさ、気仙沼市の皆さんの温かさに触れ、大きなことは出来ないけれど、今後も自分に出来ることをやっていきたいと思っています。

 

「燈燈無尽〜心と絆プロジェクト〜」の活動によって、沢山の仲間と出会い、更に大きな輪となって広げていき、一人でも多くの皆様が気軽にボランティアやチャリティーに興味を持って頂けたら嬉しいです。


 

<気仙沼市長・佐藤市議>

<宮城県副知事・NPOみらい東北理事長>

<なんでんかんでん川原社長>

<お笑い芸人 オジンオズボーンさん>

<マジシャン マギー審司さん>

<お笑い芸人 タブレット純さん>

<女優 音無美紀子さん・タレント 太川陽介さん・アナウンサー 原元美紀さんなど

<毎日新聞掲載記事>

<河北新報掲載記事>

<三陸新報掲載記事>

 

【燈燈無尽トップページ