アルバイトと履歴書

アルバイトと履歴書研究

メニュー| 自分のアピールポイント | 履歴者や職務経歴書 | 採用基準 |

履歴者や職務経歴書

履歴者や職務経歴書

就職やアルバイト探しの活動はちょっと前よりはやりやすくなっているようです。景気が上向いてきたお陰でしょうか。就職・アルバイト探しに資格必須というわけでもありませんので安心です。

資格はもちろんあるに越したことはないと思いますが、言うまでもなく弁護士や公認会計士のような職業においては有資格者でなければ仕事はできません。勘違いして欲しくないのが資格があれば仕事に就ける、もしくは仕事がうまくいくということではないということです。

まあ仕事に使える資格といっても色々ありすぎて迷ってしまうのですけど。

資格のメリットは当然ありますけど、それは入社するときだけということも多いようです。入社したあとはあくまで実力勝負であるということになりますね。

新卒入社に比べてアルバイト探しではマッチングの比重が高まるでしょう。就職しようとしている企業が求めているものを自分が持っているかどうか、ですよね。

求人をしている企業は、あなたの職歴や実績からスキルや能力を評価していきます。そしてその企業の求める採用基準を満たしているかどうかを分析するわけです。

履歴書や職務経歴書を提出して書類審査をしてもらっている時というよりも、むしろ、応募を検討している段階で、企業側が何を求めているのか、どんな人材を採しているのかということをきちんと理解できるかどうかがその後のアルバイト探し活動の大きなキーになります。勝負は、履歴書を書き始める前についていることも多いのでここはかならずチェックしましょう。

募集要項の内容なんて千差万別といったところでしょうか。こまかくいろいろ指定する会社もあれば、年齢と給料と休日くらいしか書いていない会社もあります。だからこそ独自の情報収集が必要になってくるんですね。ただ、ここでダメそうな会社は外しておきたいです。

あなたは企業の情報を集めますね。企業もあなたの情報が欲しいわけですが、それはまず手始めに履歴書や職務経歴書ということになります。書類審査というわけですが履歴書は職務経歴書であなたの情報を分析して採用候補に入れるかどうかを決めます。

企業は履歴者や職務経歴書を見つつ書類選考するわけですが、この書類選考が最大の難関かもしれません。だって、この段階でいっぱい落とすでしょうから。アルバイト探し活動では履歴書や職務経歴書は大事になってきますね。志望動機もしっかり練られたものでなくてはなりませんね。

では就職・アルバイト探し活動について総括しておきましょう。

就職やアルバイト探しに必要なのはまずは情報収集ですね。最初に自分に関する情報をいろいろ整理してみる。それから就職したい業界や業種、職種、そして企業について情報収集してみる。その過程で次第にどんな会社どんな職場に就職・アルバイト探しすればいいか、イメージが出来上がってくるのだと思います。それが成功する就職・アルバイト探し活動の第一歩かと思われます。

[PR]クレジットカード 年会費無料簡単 ダイエット