アルバイトと履歴書

アルバイトと履歴書研究

メニュー| 自分のアピールポイント | 履歴者や職務経歴書 | 採用基準 |

自分のアピールポイント

自分のアピールポイント

アルバイト探しの時に気になるのは自分のアピールポイントですけど、資格に関してもないよりはあったほうがいいですが、資格がなくてもそれほど気にすることはありません。

当然のことながら、資格があるに越したことはありません。ただ、弁護士や公認会計士、税理士や医師などを別にすれば、資格が絶対的な効力を持っているわけじゃありません。資格さえあれ就職やアルバイト探しは100%希望が叶うというわけではありませんからね。

資格には国家資格から一企業が認めるものまでいろいろありますけど。

資格のメリットは当然ありますけど、それは入社するときだけということも多いようです。入社したあとはあくまで実力勝負であるということになりますね。

新卒入社に比べてアルバイト探しではマッチングの比重が高まるでしょう。就職しようとしている企業が求めているものを自分が持っているかどうか、ですよね。

採用する側の企業としては、採用基準をきっちり決めているわけです。あんな能力、こんなスキル、という具合に。それに当てはまらない場合は何でカバーできるかも採用基準として練られているのでしょう。

職務経歴書といわれても、「?」となってしまいます。これはしっかり自己分析をしていないからです。職務経歴書に必要な自己分析はもちろん職務に関するものですね。これまでやってきた仕事だとかそこで身につけたスキル、資格や実績など、自分がアピールできるポイントをすべて棚卸してみる必要があります。そうすれば履歴書も職務経歴書も書きやすいでしょう。

たしかにメリットがあるにはあるわけですが、それは、MBAが優遇されるのはあくまで新聞などの求人広告に書いてあるのは、せいぜい募集したい人間の年齢、職種、それに大まかな年収ぐらいのものですからもっと企業のことを知り、その時点できちんと戦略を練ることで他の方との差が出てきます。

企業のほうはというと履歴書や職務経歴書を見てあなたの情報を分析するわけですね。おそらく審査基準ができているでしょうからそれにあわせてチェックしていくのでしょう。企業によって履歴書や職務経歴書の何を重視するかは違ってくるのでしょうけどね。

企業が重視するであろうポイントを履歴書や職務経歴書がクリアしていれば書類選考は通ります。アルバイト探しとなると履歴書や職務経歴書というものが非常に大きなウェイトをしめます。アルバイト探し活動では書類選考が最大の難関でしょうが逆の見方をすれば、書類選考を突破することでアルバイト探し活動はまずまず成功したといえることでしょう。

これからはアルバイト探しに関する知識は重要になってくるでしょう。

就職やアルバイト探しをする場合は志望動機がはっきり固まっていないと、就職・アルバイト探し活動のすべての段階で自分の言動に信念がこもらないことになります。基礎が軟弱であるということですね。これでは就職・アルバイト探し活動のすべての段階で成功の可能性を減じてしまうことになります。まずは自己分析をしっかりやって、それから起業や仕事に関する情報を集めることが必要でしょう。そこから確固たる志望動機は出来上がってきます。

[PR]クレジットカード 年会費無料クレジットカード 比較