「酔いどれ水兵」

酔っ払い水夫をどうすりゃいいんだ?(×3)
こんな朝っぱらから
酔っ払い水夫をどうすりゃいいんだ?(×3)
こんな朝っぱらから

素面になるまでロングボートに乗せとけよ(×3)
こんな朝っぱらから
素面になるまでロングボートに乗せとけよ(×3)
こんな朝っぱらから

やったぞこれで出航だ(×3)
こんな朝っぱらから
やったぞこれで出航だ(×3)
こんな朝っぱらから

酔っ払い水夫をどうすりゃいいんだ?(×3)
こんな朝っぱらから
船底に入れて水でも飲ませとけ(×3)
こんな朝っぱらから

酔っ払い水夫をどうすりゃいいんだ?(×3)
こんな朝っぱらから
水漏れしてる船底から水を掻い出させろ(×3)
こんな朝っぱらから

やったぞこれで出航だ(×3)
こんな朝っぱらから
やったぞこれで出航だ(×3)
こんな朝っぱらから

酔っ払い水夫をどうすりゃいいんだ?(×3)
こんな朝っぱらから
腹でも剃ってやれよ 錆びついたカミソリで(×3)
こんな朝っぱらから

やったぞこれで出航だ(×3)
こんな朝っぱらから
やったぞこれで出航だ(×3)
こんな朝っぱらから

酔っ払い水夫をどうすりゃいいんだ?(×3)
こんな朝っぱらから
栓を抜いて水をぶっかけてやれ(×3)
こんな朝っぱらから

やったぞこれで出航だ(×3)
こんな朝っぱらから
やったぞこれで出航だ(×3)
こんな朝っぱらから

(Sea Shanty)



偶然にも12インチ版を入手しました。



ローレライ衣装で酔いどれているご一行。
裏面もなかなかいいんですよ。

これは(というかMichaelもですが)、昔からある曲。Michaelはアメリカですがこちらは
アイルランドなどで、船乗りたちが古くから歌い継いでいる労働歌なのだそうです。

まあ、荷揚げを終えて一安心、バーで一杯、どころか何本もやっちゃって、
ぐでんぐでんの水夫を、なんとか船に載せて出航!
という意味も、勿論あるのでしょうが。

本当は、歌詞に特に意味などないのではないかな。

敢えて言えば、なにかおまじない、呪術的なモノを含む歌詞。
勢いで歌う、雰囲気の歌でしょう。

うまく歌ってますよねー。
やっぱり歌うまいよねDK。

「腹でも剃ってやれよ」
…ギャランドゥ??