Rom

「栄光のローマ」

ローマ
平和と暴力のはざまに
未来と過去とのはざまに
何千年もの昔からある
ローマ
ティヴェレ川のほとりの偉大なる都
生命の喜びが溢れ
その石のすべてが歴史を物語るところ

追放され 王座を追われ
雌オオカミに育てられた
ロムルスとレムス、二人の兄弟が
7つの丘の上に都を築いた
ローマ ローマ
ロムルスは弟を殴り殺した
ローマ ローマ
石と血からできた都

ローマ
何度も侵略され滅亡した
ローマ
ハンニバルは市中に入れなかった
ローマ
皇帝、法王、剣闘士
それこそがローマ

ローマ
荒々しい戦車競走
ローマ
ネロが炎上させた
ローマに争いが絶えることはない

ローマ
カエサルは死なざるを得なかった
ローマ
廃墟と瓦礫のなか
だがなおそこにある 永遠のローマ

ローマ
今もかつてと変わらず誇り高い
おまえが泣くときには天も雨を降らせる
笑えばそのときには歌声が鳴り響く

ローマ
今や映画の舞台となり
そのセルロイドでできた夢は
おまえの魂を映す鏡となる ローマ

ローマ
未来と過去とのはざまに
ローマ
その石のすべてが歴史を物語るところ
ローマ
来訪者は永久に留まりたがる
そこがローマ

ローマ ローマ ローマ ローマ 
なんと麗しい都
ローマ ローマ ローマ ローマ 
なんと麗しい都
ローマ ローマ ローマ ローマ 
Lalalalalalala
ローマ ローマ ローマ ローマ 
なんと麗しい都

ローマ
通りに愛が溢れるところ
ローマ
物乞い、香具師、司祭がいるところ
ローマ
一度見た者は二度と忘れられない
永遠のローマ ローマ ローマ

(原詩・
Bernd Meinunger



ドイツではシングル化されてます。
英語版もあります。
12インチも出てます。
念願の12インチが手に入ったので画像追加(06.11.30)。





左からドイツ語版、英語版、12インチ(英語版)。
さて、間違い探しです。どこが違うでしょう??

いや、せっかく3枚も買ったのでUPしてみたかっただけなのよ。すみません。

これも代表作ですから、大概のCDに収録されてます。

ファンファーレのような荘厳な前奏を聴くたびに、「これ、『大奥』のテーマにいいよな」と思います。
「サムライ」よりも和風です。
ミとシが抜けた和風の旋法で作ってある…のじゃないかな。
あと、連想するのは「蝶々夫人」のエンディング。あれも和風ファンファーレという趣です。

ライブパフォーマンスの、間奏の時にする小芝居と言おうかパントマイムと言おうか、アレが結構好きです。
娼婦エディナに客レスリィ氏が金を払う時の目の泳がせ方が秀逸。