Mexico

「めざせメキシコ」

空に輝く真っ赤な太陽は
アステカの財宝のように危険にみちている
スペイン人侵略者の不穏な影は
休むことなく無駄な旅を繰り返した
シエラ・マドレの高みでは
くぐもった地響きが聞こえる
太古の昔、ここを住処に決めて以来、
昔の神々も沈黙を続けている

未知の国よ 値うものなき秘密をたたえる
誇り高き国よ 愛と血と涙で築かれた
幾千たびもの侵略を受け
終にはなお勝利をおさめた
歴史に残る悲運にみちたこの国
ここに来て暮さないか
ここに来るものはこの国の愛に包まれるのだから

*メキシコ メキシコ
マリアッチは昔の歌を奏で、テキーラは注がれる
だから悲しみなど続かない、人々は歌うのさ
**メキシコ メキシコ
そこは憧れの花が咲き乱れ
風さえもが自由の歌を口ずさむところ、メキシコ

夕方ともなれば
通りには貧富こもごもの人々が行きかう
街はシエスタから目覚め
祭りの陶酔は夜になってもまったく同じように続く
麗しの国よ 情熱と誠実さにあふれる
夢想があまりにも軽く燃えあがるといわれる国

*repeat
**repeat
*repeat

ビバ メキシコ メキシコ・・・
**repeat
メキシコ メキシコ
ビバ メキシコ ビバ!


(原詩・Bernd Meinunger





どうでもいいですが、この曲のレコードジャケットの写真、ルイの口髭がチャーリー浜みたいだ。
筆ペンで描いたのか?


スペイン語だらけです。
Conquistadoren・コンキスタドーレ(16世紀のスペイン人侵略者たち)
Sierra Madre・シエラ・マドレ(地名)
Mariachi・マリアッチ(旅回りの街頭音楽団)
Avenidasアベニーダス(道・通り)
Siesta・シエスタ(お昼寝タイム)
Fiesta・フィエスタ(お祭り)

テキーラもかな。
やはりお酒は欠かせません。


ジンギスカン最後のシングル。
陽気で楽しい曲ですが、どこか淋しさを感じずにはいられません。

ワールドカップに向けての曲だったそうですね。