Mata Hari




(「マタ・ハリ」)

彼女は踊る、侯爵のため、王のため、そして兵士のためにも
その秘密は青い靄の如きその瞳の奥に隠し
パリ中すべてが彼女の足元にひれ伏す
彼女は美しい、信じられないほどに美しかった
誰もそんな事はできない(パリ中の誰も)
彼女に抵抗するなんてことは(きっとそう)

おおマタ・ハリ
人生を楽しむがいい
一瞬たりとも逃すことなく
おおマタ・ハリ
美しさや愛情なんてものは
ほんの短い幸福でしかないんだから

その頃ヨーロッパは大戦の真っ只中 マタ・ハリにはそんな事わからなかった
(だって戦争は悲しみと痛みをもたらすだけ)
彼女はそんな事は気にもしなかった
誰がドイツ人で、誰がフランス語を話してるかなんて
(彼女が気に掛けたのはただその心情だけ)

恋人に従った彼女
だがそれだけで女スパイと呼ばれた
そして法廷に立たされる(誰も弁護してくれない)
涙を流しながら(きっとそう)


おおマタ・ハリ 
その名は「暁の瞳」
そう彼女自身が名づけた
おおマタ・ハリ 
なんと似つかわしいその名
彼女自身そう確信してた

そしてある10月の寒い日
おしまいのときがやって来た
(もう彼女は泣かなかった)
彼女はその両手に薔薇の花を抱えていたという
そして彼女は美しかった
(朝日の降り注ぐ中で)
撃たれて倒れ落ちるときに
その顔には微笑が浮かんでいた
だが彼女が罪を犯したのかどうか(ただ恋をしただけ)
誰にも本当のことはわからない(きっとそう)

*repeat




シングル「Der Dudelmoser」のB面です。

哀しいですね。

DKの伝記モノで、女性は少ないのではないでしょうか。
時代に翻弄された美しい女。
簡潔にわかりやすく作られてる歌詞ですね。

ちょとマイニュンガー博士の女性観が見え隠れしてますが。

伝説の女スパイなんで、処刑の時には毛皮のコートの下は全裸だった、とか、その他諸々、
とんでもない風説もあるようです。
私のイメージとしては叶のおねえさまなんかの感じ。