『(人生は素晴らしい)』


それぞれの杯がからになり
炎は燃え尽き熾火を残すだけとなった
ある者がたちあがった 経験豊かな者――ジプシーのエステバンだ

その髪は白い 彼は話しだした

俺だってかつてはスターになりたいと望んだ
だが今や地獄に片足をつっこんでいる
お前たちに言っておいてやるよ それが人生ってもんさ

人生はいいもの 人生はすばらしいものさ
上層へとのし上れたものだけにはね
うまくいかなかった? へえ、そりゃ災難だったな
人生ってのは誰にでも公平ってわけじゃない

(それが怖ろしいほどの真実ってものだよ 我が友よ!)

ゴソゴソと這い回ろうとジタバタ足掻こうと
そしてヘトヘトに疲れ果てようとも
綱を握ってるのは他人なんだよ
お前はそれにぶら下がってるだけ
お前はすべてを自分からあきらめるだろう
おごりからだけじゃなくね
そして向かい風のなかで思いっきりつばをはきかけたら
自分の顔に吹きかかるのさ


人生はいいもの 人生はひどいものでもある
何でもうまくいくやつはいないよ
人生はいいもの そして人生はクソったれ
だけど俺たちは皆生きていくしかない

人生はいいものさ みせてやるよ
人生はこんなに素敵ですばらしい
二人がお互いに愛し合っているのなら大丈夫
うまくいかなかった? へえ、そりゃ災難だったな
人生ってのは誰にでも公平ってわけじゃない
だが 誰が喜んでやってみたいことを手に入れたというんだ


人生はいいもの!

ここにいるお前たち お前たちはお互い愛し合っている
もう一度よく考えるがいい
お前たちがさしかかっている、この甘美な分かれ道は
悪魔からの告知なんだよ
トランプの手札はとっくの昔に配られている
あとは札をそろえて公開するだけだ
お前たちはこのゲームは成功すると思ってる
だがカードにはいかさまが仕掛けられてるのさ


人生はいいもの 人生はひどいものでもある
何でもうまくいくやつはいないよ
人生はいいもの そして人生はクソったれ
だけど俺たちは皆生きていくしかない

(そうさな、ちょうどそんなもんさ
人生なんてのは子供のシャツみたいなもの――寸足らずでクソ小汚い!)


人生はいいもの 人生はすばらしいもの
たいていは喜ばしいものさ
やってくるものは受け止めなきゃいけない
いいことが起これば そりゃ素敵なことさ
悪いことが起これば そりゃ嫌に違いない
だが、終わりがまた始まりになるというじゃないか


人生はすごいもの!

まあ、俺が言ったのはつまらんことさ
俺にだって若い頃はあった
お互いに愛し合う者たちが実際にははどういうものなのか忘れちまったよ
目が見えず耳も聞こえず頭も空っぽだからね

俺の祝福の言葉とともに、進んでいくがいい
お前たち自身の人生を生きるんだ
だが 決して戻ってきて文句を言うんじゃないぞ
忠告はしてやったんだからな

人生はいいもの 人生はすばらしいものさ
上層に上れたものだけにはね
人生はひどいもの 人生はカスみたい
もし下層にいるのなら


人生はいいものさ みせてやるよ
(人生はいいもの 人生はすばらしいもの)
人生はこんなに素敵ですばらしい
(たいていは喜ばしいものさ)
二人がお互いに愛し合っているのなら大丈夫
(やってくるものは受け止めなきゃいけない)

うまくいかなかった? へえ、そりゃ災難だったな
(いいことが起これば そりゃ素敵なことさ)
人生ってのは誰にでも公平ってわけじゃない
(悪いことが起これば そりゃ嫌に違いない)
だが 誰が喜んでやってみたいことを手に入れたというんだ
(だが、終わりがまた始まりになるというじゃないか)


人生はいいもの 人生はひどいものでもある
何でもうまくいくやつはいないよ
人生はいいもの そして人生はクソったれ
だけど俺たちは皆生きていくしかない

そう、人生はいいもの すばらしいものさ
すべてを持ってさえいれば

しかし そうだ、人生ってものは
人生はいかさまじゃないのか


いかさまだって?

確かにいかさまだよ

いかさま?

お前たちがそれさえ知らなければ

人生はすばらしい!

(原詩・Bernd Meinunger



緑文字:エステバン爺さん=Wolfgang
赤文字:Miguel und(aber?) Juanita Elena=Edina&Jette

歌詞少し変更(2007.2)