Himalaja



「前人未到の地ヒマラヤ」



ベースキャンプ、午前四時
吐く息は冷たく凍りつく
ヒマラヤ――太陽が昇る
二人の男が登っていこうとしている
未だ誰も踏み入った事のない場所――頂上はもうすぐだ


ヒマラヤは古くからの夢
その高みにあるのは完全なる自由
ヒマラヤは荒々しい陶酔
嵐と暗闇との戦い
ヒマラヤは孤独で淋しい地
そこは未だ誰も到達したことのない聖地
ヒマラヤ 恐怖に打ち勝った者
それだけが天の国に近づく

登頂を志す者――
その憧れ、そこまで苦しい思いをすることに
一体どんな価値があるのだろう?
強風に逆らって高みへと登り続ける
目も眩む雪の照り返しにめしいるかと思えば
唐突に天候は激変し
次には嵐に襲われる

*repeat

ヒマラヤは古くからの夢
その高みにあるのは完全なる自由
ある者は諦め
ある者は引き返した
そう、山はいつでも冷徹で負けることを知らない

*repeat

ヒマラヤ―ヒマラヤ―ヒマラヤ

(原詩・
Bernd Meinunger





爽やかなヒマラヤ衣装。
このデニム風の他に、全員がパステル調のもありますね。
この曲、ヒットしなかった…んでしょうね。きっと。
この後、次のシングル「Mexico」までかなりのタイムログがあるのですが、
その間メンバーはそれぞれ、どう過ごしていたんでしょう。
このあたりでWolfgangとJetteの間に決定的な亀裂が??(憶測です)