Good bye, Hawaii

『グッバイ・ハワイ』

最後の船員をベッドからつれて来い
ああ、もっとぐずぐずしていたいだろうけど
さあ最後にお別れのキスをしてやってくれ
もう、すぐに船の帆を張りにいかなくちゃならないんだ

船長に言ってちょうだい、あんたはひどいやつだって
みんなもっとハワイにいたいのよ
あの人がのぞむのなら、ここに残らせてやって
ここハワイの女の子はこんなに可愛いのよ
アロアロア――バイバイ
アロアロア――バイバイ バイバイバイ

さあいくぞ
グッバイ・ハワイ、ああ、おやすみ
錨をあげろ、故郷へ還る旅
グッバイ・ハワイ、フラでおやすみ
準備ができた グッバイ・ハワイ

こいつらをマストにしばりつけろ
誰も船からのがれられないようにだ
娘っ子は絶対甲板にのせるんじゃない
決して縄をほどくんじゃないぞ

またすぐにこの楽園に戻ってきてね
今はほんの少し涙をながすけど
海原と風の、航海の間も、私たちを思い出してね
私たちはあなたたちがいなくて淋しくてたまらないということを
アロアロア――バイバイ
アロアロア――バイバイ バイバイバイ

さあいくぞ
グッバイ・ハワイ、ああ、おやすみ
錨をあげろ、故郷へ還る旅
グッバイ・ハワイ、フラでおやすみ
準備ができた グッバイ・ハワイ

(原詩・
Bernd Meinunger



最初の船長のパートはヴォルフガング、ハワイ娘はヘンリエッテでしょう。船員の言い分は出てこない。
「アロアロア――バイバイ」が「ルイ――ヘンリエッテ」なので、船員=ルイなのか?そうなのか??

「ぐっばいハヴァイ」のすぐ後の歌詞、Oh, lullabyとあったのでそれで訳したのですが、
歌を聴くとどうもHula lullabyみたいです。
「ああ、おやすみ」じゃなくて「フラでおやすみ」かな。

で、歌詞の後半では「こいつら」「私たち」「あなたたち」と複数になってるので、
船員とロコ娘のカップルは1組ではないらしい。まあ、何人も船員が減ってしまっては船長も困るわね。
「グッバイ」「バイバイ」っていうくらいだから、この船はイギリス船かアメリカ船だわね。
で、「マストに帆を張る」という歌詞が出て来るってことは、帆船でハワイまで航海してるわけね。
そんな時代に、「また戻ってきてね」っていっても、果たして何年かかるか。
ってか、長い航海の途中でクラバウターマンが出てきて船が沈んじゃうかもしれないし
(あ、イギリス船にクラバウは出ないか)。多分、これが永の別れとなっちゃうんでしょうね。
悲しいですね。