(『無事でいてね ミゲール』)


大切な日の前夜である今
彼を愛している、それなのに何も言えなかった
彼が死んでしまって 二度と傍にいられなくなるんじゃないかと
心が張り裂けそうになる不安も

彼はぐっすり眠っている そのかたわらに横たわり
だんだん消えていく夜明けの星を見上げていた
もうすぐ朝 だけど彼を起こさないように
ただそっと優しくその顔にくちづけた

無事でいてね ミゲール
わたしにはあなたしかいないの
もうすぐ朝が来ると
あなたはわたしをおいて出て行く

無事でいてね ミゲール
もしあなたを失ったら
もうわたしには何も残らない
このわたしの人生
あなたと過ごすからこそ すばらしいものになるのよ

愛しい人を脅かす危険を感じ取って
無言のまま朝焼けを待った
彼が目覚めたら 陽気に振舞おう
だって彼には泣き顔を見せられないもの

無事でいてね ミゲール
わたしにはあなたしかいないの
もうすぐ朝が来ると
あなたはわたしをおいて出て行く

無事でいてね ミゲール
もしあなたを失ったら
もう 太陽でさえも二度とわたしを温めてはくれない
わたしの心は凍え死んでしまうわ
もうわたしには何も残らない
このわたしの人生
あなたと過ごすからこそ すばらしいものになるのよ

無事でいてね ミゲール
わたしにはあなたしかいないの
お願い きっと 必ず帰ってきてね
もしあなたがいなくなったら
わたしの中の愛情も息絶えてしまうから

わたしには もう 何も残らない
このわたしの人生
あなたと過ごすからこそ すばらしいものになるの

(原詩・
Bernd Meinunger