Dschinghis Khan(ジンギスカン)激動の一年  1979年2月―1980年1月




1979年2月10日〜15日  ラルフ・ジーゲルは「グランプリ・ア・ラ・シャンソン」(ユーロビジョンソングコンテスト)の
                 ドイツ国内予選 の認可を得る為、同じ名の歌を歌うグループ・ジンギスカンを編成。

3月15日・16日        新しいグループでリハーサル

3月17日           ミュンヘンのRudi-Sedlmeyrホールでソングコンテストのドイツ国内予選。
                 厳しい競争であったにもかかわらず、ジンギスカンは一位を勝ち取る事ができ、
                 テルアビブ行きの切符を手にした。

3月20日            ZDF-Drehscheibeにテレビ出演。

3月22日           テレビ番組ZDF-Discoの録画。共演イルヤ・リヒター。放映は3月26日。

3月23日           イスラエルへの空の旅のための準備(ビザ、荷物のパッキングなど)。

3月25日           ミュンヘンからテルアビブへフライト。
                初日にはテルアビブ市長の歓迎レセプション。インタビュー。その他のレセプション。
                ジンギスカンは「和平の樹」を植えつけた。

3月26日〜30日      警察の保護の下、ソングコンテストの正式公演のリハーサル。気分は上々。
                関係する多くの歌手・ミュージシャンのあいだでは、密かに、ドイツの新グループが勝つのではないか
                 と予想されていた。

3月31日           大切な日が来た。全ヨーロッパの人が毎年テレビ放映で見る、
                「グランプリ・ア・ラ・シャンソン・ド・ユーロビジョン」で、ジンギスカンは4位を得た。
                盛大な催しは全世界に衛星中継された。
                4億人の人々が彼らをテレビ画面で見ることができた。

4月1日            ミュンヘンへ戻る

4月12日           番組Auf los geht’s losのリハーサル。4月24日に生放送の予定。

4月18日           オランダのテレビ番組Rock pleaseとTop Popに出演。

4月21日・22日       最初の「郵便の山」を、ジンギスカンが片付けた。エディナ、ヘンリエッテ、レスリー、ルイ、スティーブ
                 そしてヴォルフガングはまず4万枚のサインのお願いにこたえ始めた。

4月26日・27日       ギュータースローでサイン会

5月7日            空路ベルリンへ。夕方からリハーサルと、ZDF-Hitparadeへの出演。
                共演ディーター・トーマス・ヘック。

5月10日〜12日       空路ベルギー・ブリュッセルへ。ベルギーのテレビ番組Chanson a la carteに出演。

5月19日            空路ハンブルクへ。バルト海のほとりトラベミュンデでPrivatgara(リサイタル?)に出演。

5月21日           「金のヨーロッパ賞」授与式にゲストスターとして出演。

5月22日〜31日       ジンギスカンは新曲のリハーサルに突入。振付、録音、写真撮影の予定。

6月1日〜4日        ジンギスカン、イタリアへ旅する。ここでいろいろなテレビショーに出演。

6月11日           空路ベルリンへ。夕方からリハーサルと、ZDF-Hitparadeへの出演。
                共演ディーター・トーマス・ヘック。

6月12日            ドルトムントでテレビ番組Starparadeのリハーサル。放映は14日に生放送で。
                 楽曲「ジンギスカン」の大ヒットに続き、ここで新曲Moskauを紹介。

6月21日・22日       ミュンヘンオリンピアホールで、15000人のティーンズを集めたBRAVO-Discoに出演。

7月8日            空路ベルリンへ。ZDF-Hitparadリハーサル。放映は9日、生放送で。

7月10日           マインツでZDF-Drehscheibeにテレビ出演。

7月16日            初の「金のレコード賞」を受賞。
                 シングル「ジンギスカン」50万枚の売り上げにより、ミュンヘンにて授与される。

7月18日             レゲンスブルクのフィルマ・ケレで舞台に出演

8月6日             空路ベルリンへ。ZDF-Hitparad出演。

8月8日〜21日       待望の休暇がやっと来た!
                 ジンギスカンのメンバーは、2週間足らずの休養で思いがけない大ヒットの疲れを癒した。

8月23日          空路ベルリンへ。ベルリンの放送局のテレビ番組Disco,Disco,Discoに出演。
                共演トーマス・ゴットシャルク。

8月25日          空路ハンブルクへ。地方放送の番組Die aktuelle Schaubudeに出演。

8月27日          テレビ番組Hecks Schlagerladenに出演。

8月28日          テレビ番組Disco-Partyに出演。

9月1日           番組Auf los geh’t losにテレビ出演(Der Verraeter)。リハーサル。2日に生放送。

9月6日           テレビ番組Discoの録画。共演イルヤ・リヒター。ショーは17日に放送予定。

9月10日           空路ベルリンへ。ZDF-Hitparad出演。

9月12日〜14日      ブレーメンへ戻る。LPレコードのテレビコマーシャルのため。

9月23日           ベルリンのイベント「オリンピックを目指す若者の集い」に出演。

10月8日           空路ベルリンへ。
                夕方からリハーサルと、ZDF-Hitparadeへの出演。共演ディーター・トーマス・ヘック。

10月12日           ドルトムント・ヴェストファーレン・ホールで、金の獅子授与イベントのリハーサル。

10月13日          ドルトムント・ヴェストファーレン・ホールでイベント。
                 ジンギスカンはラジオ・ルクセンブルクより「金の獅子賞」を授与された。

10月12日          空路ブレーメンへ。マイク・レッケブーシュの演出によりテレビ番組Musikladenに出演。

10月25日〜11月3日     ジンギスカンは再び、空路でアテネを経てイスラエルへ。
                 そこで「今年度最も人気のある海外グループ」に選ばれ、79年度のイスラエルのオスカーと、
                 「イスラエル・エジプト和平のメダル」を授与された。
                 11月3日、ミュンヘン空港では、ブラスバンドと300人のファンや友人に出迎えられた。

11月10日           ドルトムント・ヴェストファーレン・ホールで「アリーナ・センセーション賞」授与式に出演。

11月13日           ZDF-Silvester-Discoの打ち合わせの為、イルヤ・リヒターとリハーサル。

11月14日           番組の録画。共演イルヤ・リヒター。放送は12月31日。

11月15日〜29日      ジンギスカンはリハーサルの為、再びスタジオへ。
                 ニューシングルHadschi Halef Omarの新しい振付を作り、衣装を試着し、
                 スタジオで録音をしなくては。

12月2日            番組UFO(西ドイツ放送)の為のテレビ・スペシャルの録画。80年1月中旬放送予定。

12月3日            LPレコードを25万枚売り上げた事により、協力した関係者すべて、作詞者、作曲者、
                 プロデューサーをあつめ、ミュンヘンのディスコClub Pineにて、
                  「金のレコード賞」の大パーティー。

12月10日〜16日       ZDF-SilvesterとZDF-Faschingspartyの録画。
                 このフェスティバルは80年2月17日に放送予定。
                 ジンギスカンは新しい曲Hadschi Halef Omarなどを披露。ザールブリューゲンでの撮影。

12月21日・22日       空路ハンブルクへ。
                 地方放送の番組、Norddeutschen Rundfunks(NDR)Die aktuelle Schaubudeの録画。

12月23日〜80年1月6日  ついに再び、わずかな休暇!

1月7日・8日         テレビ番組Pyramideの録画。

1月28日            Pyramideの放映。共演ディーター・トーマス・ヘック。


※基本的に人名、地名はカタカナ表記、番組名はアルファベット表記です。
※出典はこの本。



 DSCHINGHIS KHAN/P.Comelsen, P.Hartmann jr.