China boy

『チャイナ・ボーイ』

チャイナ・ボーイ
チャイナ・ボーイ

彼がまだ小さい頃
奴らが村を略奪し、彼を連れ去ったのさ
そしていつの間にか時は過ぎ、
彼はジンギスカンとともに旅をするようになった
微笑みながら相手になっていても
彼の考えていることはさっぱりわからない
尋ねればこう答えるだけ:ご主人様の命じるままに!


チャイナ・ボーイ チャイナ・ボーイ
まるで喜劇のようさ
俺たちゃそこまでおちぶれていないぜ
(せいぜい気をつけることだな、Oh)

チャイナ・ボーイ チャイナ・ボーイ
月夜の晩ばかりじゃないぜ
せいぜい気をつけることだな
チャイナ・ボーイ!

彼は聞くだけで何も喋らない
ただその顔に書いてある:自分で考えな!
そしてあるときいなくなった
お宝をごっそり持ってね
行方はようとして知れない
そのときわかった 彼は知っていたのさ
だれかが望むことと、他人が考えていることは違う
それはお前たちのご主人様が命じることとも違うということをね

*repeat

チャイナ・ボーイ チャイナ・ボーイ
まるで喜劇のようさ
俺たちゃそこまでおちぶれていないぜ
(せいぜい気をつけることだな、犬野郎め)

チャイナ・ボーイ チャイナ・ボーイ
月夜の晩ばかりじゃないぜ
せいぜい気をつけることだな
チャイナ・ボーイ!


(原詩・Werner Sueler



日本版「サムライ」のB面に入っています。
CDでは…日本版「ジンギスカン」、「ノンストップ」、ドイツ版では「The Jubilee Album」などに収録。

ここではジンギスカン、大変悪者です。村を襲って略奪し、子供を連れ去って一味にしちゃってます。
ってか、よく考えますと、ジンギスカンというのは征服、略奪を繰り返して世界の半分まで領土を広げたのですから、
こういう裏話はいーっぱいあるに違いない。

で、連れ去られた子供も負けてません。従順な振りをして機会を伺い、金銀財宝をごっそり持ち逃げとは!
凄いぜ中国少年。
ピストレーロにもこのしたたかさを見習ってもらいたいものです。いやホント。