Billy the Kid



(『ビリー・ザ・キッド』)


ビリー ビリー ビリー ビリー ビリー・ザ・キッド
たった21歳
ビリー ビリー ビリー ビリー ビリー・ザ・キッド
暴力に満ちた生涯
ビリー ビリー ビリー ビリー ビリー・ザ・キッド
早撃ちの名を手に入れただけ
ビリー ビリー ビリー ビリー ビリー・ザ・キッド
ほんの若造のうちに死んじまった

〈セリフ〉
これはビリー・ザ・キッドの物語

ビリーはみなしご
母は10歳の時死んだ
父親なんて全く知らない
会ったこともない

ビリーは子供の頃から望んでた
男であることの証を示したいと
だが荒くれた西部では
殺し屋になるしかなかった

*repeat

ビリーは復讐者
ひとり仲間の仇をうった
無数の人間を撃ち殺した
だが奴を裁ける者は誰もいない

ビリーはばくち打ち
たびたびその命までも賭ける
まだほんの若者なのに
その心はすでに岩のように頑強だった

*repeat

〈セリフ〉
そしてまもなく郡のすべての保安官が
ビリー・ザ・キッドを追跡するようになった
保安官たちは彼を追った まるで犬のように

ビリーはファイター
だがパット・ギャレットもかなりのもの
奴が最初に手を出せば
ビリーにはもう逃げ場はない

*repeat

ビリー ビリー ビリー ビリー ビリー・ザ・キッド
おまえはすべて間違ってたんだ
ビリー ビリー ビリー ビリー ビリー・ザ・キッド
何がおまえをそこまでさせたんだ
ビリー ビリー ビリー ビリー ビリー・ザ・キッド
ビリー 拳銃使い
ビリー ビリー ビリー ビリー ビリー・ザ・キッド
女と権力と 金のために死んだ

*repeat

ビリー・ザ・キッド!


(原詩・Bernd Meinunger



一度聴くと耳から離れない「びりびりびりびりびりざきっ」
脳内でリピートリピート。
でもやっぱり、ちょっと哀しい結末。

どうしてCDに収録されていないんでしょうか。名曲だと思うのに。

パット・ギャレットというのは、ビリーを射殺した保安官ですね。